・ターギ
 Targi(Kosmos:2012)


ターギ
昨年(2012年)の年間エキスパートゲーム大賞にノミネートしていた、コスモスの2人用。
サハラ砂漠の民トゥアレグ族をテーマに、カードを集めて勝利点を獲得していくゲームです。
トド吉とプレイ。

場は外枠になるカードが1から順に並べられています。
角になる4カ所は襲撃されることが決定しています。
外枠の中には、最初にセットした商品カードと部族カード。
ルールはいたってシンプルで、この商品を集めて部族カードを手に入れ、勝利点を獲得していきます。

スタートプレイヤーは毎ラウンド交代制。
まずは自分が持つコマを外周に1個ずつ置きあいます。
外周カードはゲーム終了までかわることはないけれど、魅力的な効果が並んでいます。
外周にコマを置く時は、既に片方の人が置いた場所と向かい合わせになる場所、そして盗賊コマがいる場所には置けないので、3個目は必然的に置く場所が決まってくるという。
どうしてもそのアクションがやりたいなら、早く置けっていう話ですw
お互い交互にコマを3個置いたら、自分のコマの交点にマーカーを置きます。
コマ3個とマーカー2個の5種類アクションが出来ることになります。
アクションを実行するのも交互に1個ずつ。
処理する時の順番が大切で、商品を手に入れておいて部族カードを手に入れたり、商品を先に手に入れたことで両替出来るお金が増えたり。
これを繰り返していって、どちらかの部族カードが12枚になるか、盗賊コマが最後の16に到着したらゲーム終了。

私は以前おのさんと遊んだことがあったので、部族カードを出来るだけ同じカード4枚で揃える方向で。
中盤から見学していたトド吉は、とりあえず私と違う部族カードを集める方向でゲームが進みます。
ゲーム中の会話といったら
「あー・・そこ選ぶよね」
「置かれちゃったかー」
「選べる場所がないじゃないかー」
その程度w
選ぶアクションの一手がかなり重要で、1つ無駄にするだけで遅れをとってしまうゲーム展開。
それでも、部族カードは同じ部族4枚セットを3つ作りたかったので、場に出てくるまで我慢。
欲しい部族カードがかぶっていたら、お得だったのが外周14。
まだ出てきていない山札の一番上をめくり、コストを払えば手に入れることができるし、最悪手札にすることができる。
結果的に、これのおかげで手に入れられたのがテントのカード。
途中トド吉が「カードの入れ替えができる」という効果を手に入れたものの、使い道に困っていたのでアドバイスしたりw
ゲームは真剣だけど、アドバイスし合えるっていい環境です。
たとえ自分に不利だとしてもw

盗賊コマが12をすぎた頃、ゲーム終了が見えてきて、お互いに最後の得点に向けてどうするか悩む。
でも待ってたかいがあって、欲しかった部族カードを無事に取得。
これで私のカードが12枚になり終了の方向へ。
そして最終の得点計算。
以前遊んだ時はカードを12枚揃えて終了フラグたてたのに負けたので、結果が出るまでどきどきw
結果、同点判定で私の勝ちでした。
以前遊んだ時も僅差だったから、そんなに差が出ないゲームなのかも?
途中の盗賊襲撃が地味に痛いとうかw
プレイ時間はインスト込み50分程度でしたが、そんなに長く感じないほど集中してました。
トド吉はかなり気に入った様子です。
コスモスの2人用はどれもよく出来ていて繰り返しプレイしたくなるけど(たまに例外あり)、これも面白かったです。

10月に発売された日本語版では「タルギ」という名称になりました。
The Board Game Laboratoryで和訳ルールが公開されているので、気になる方はぜひ。


SPONSORED LINK