・レッド・ホット・シリィ・ペッパーズ
 Red Hot Silly Peppers(Rather Dashing Games:2011)


レッド・ホット・シリィ・ペッパーズ
サルサスピナーで決められた辛さのサルサボウルを作って、得点を獲得していくカードゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

ゲーム開始時にサルサスピナーという名のルーレットを回して、作るサルサボウルの辛さを決めます。
示された数字±5の範囲内になるように、手札のカードを使ってサルサボウルを作ります。
手番がきたら、まず山札からカードを1枚補充して手札を5枚に。
そして、サルサスピナーの数値になるようにカードが出せれば作ります。
アクションカードも混ざっているので、アクションカードを使うのも可。
ただし、サルサボウルも作れず、アクションカードも持っていない状況で何もできない場合は、カードを1枚捨てて手番終了。
サルサボウルが作れたら、自分の前にカードを出します。
作れるのは最低2枚から。
作ったサルサボウルに対して、他のプレイヤーが挑戦することができます。
作られたカード枚数より1枚多く出せて±5以内の数値なら挑戦成功。
もちろん、さらに1枚多く出せて作れる人がいれば、そっちが挑戦の成功者となります。
最終的に挑戦の成功者は、場に出されているカードをすべて受け取ります。
手番の人の手札が5枚で他の人が4枚なので、最初から4枚で作れたら誰も挑戦できないわけですがw
挑戦したことで手札が減ってしまったら、即座に4枚まで補充できます。
これを繰り返していって、山札から最後のカードが引かれたら、最後に1回だけサルサボウルを作ってゲーム終了。
獲得した(サルサボウルを作った)カードが得点になります。

サルサスピナーが回転するのが、誰かがサルサボウルを作ったらかアクションカードで回さないと数値がかわりません。
高い数値のほうが楽かと思ったらそうでもなく。
低い数字なら、マイナスになるフルーツなどを使って調整がきくので楽だということに気付く。
なので、サルサスピナーが100を示していると・・・

「あ、無理。カード捨てて手番終了」
「いやいや。こっちも無理。アクションカード使ってカード交換する」
「えー・・・無理だよ」

思わぬ連鎖反応w
こういう時は、アクションカードの「サルサスピン」の登場が待たれます。
「サルサ交換」のアクションカードが人気で、指定した相手の手札を見た上で、好きな1枚と自分の1枚を交換できるので、無理だと思ってたサルサボウルが作れたり。
私には一度もまわってきませんでしたが・・・w
他の人が楽しそう(?)にカード交換してるのを見ていました。

ルール読んだ時はどうなんだろう?と思ったけれど、実際プレイしてみるといい感じ。
悩んでも考えても仕方ないので、どんどんサルサを作っていくので勢い大切。
想像以上に盛り上がりました。
勝ったのは、最初の手番で高い数値のサルサボウルを作った私。
取ったカード枚数勝負なので、出来れば枚数を使ってサルサボウルを作りたいところ。