・冒険者の宿繁盛記
 Four Taverns(Rather Dashing Games:2012)


冒険者の宿繁盛記
英雄や戦士を雇いクエストをクリアすることで名声点を獲得していくカードゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

場には3つのクエストが常時出ています。
クエストには、必要とする戦士の種類、獲得できるゴールド、獲得できる名声点、特別クエストが描かれています。
ちなみに、中央にはテキストが書いてあるんですが、それの訳はついてません。
ルールはいたってシンプルで、手番でやることも少ないのですぐにプレイ開始です。
手番がきたらまずカードを2枚手札に加えます。
そして、カードをプレイしていきます。
プレイするというのは、挑戦するクエストに対して手札からカードを出すことです。
英雄を出すには1枚1ゴールド、戦士とモンクは1枚2ゴールド。
クエストで指定されている数値になるように出せれば、クエストをクリアして報酬をもらえます。
この他にアクションカードがあり、同じクエストに出ている他のパーティを自分のパーティに合流させてしまったり、すでに出されているカードをコピーしたり、破棄したり。
中でも、指定した人の手札を見てからカード交換をするというのが強力でした。
欲しいカードを強制的にもらって、自分のいらないカードを押し付けるわけですから。
しかも枚数は好きなだけ。

「よし。このクエストに挑戦だ!」
「じゃ、その報酬を半分いただく」
「このパーティの戦士を自分のパーティにいただく」
「えぇー!?」

さくさくと進みます。
特に自分の宿屋と同じマークが入ったクエストは名声が倍なので、それを横取りするのに必死。
せっかくクリアできる手札が揃っていても、挑戦させるゴールドが足りないとか。
簡単にクリアできるクエストは名声が低いとか、吟味してる余裕はなく。
とにかくクリアできそうならする、できなくても手札上限があるので手付けしておくの繰り返し。
そんな中、最後に自分の宿屋マークが描かれたクエストをクリアしたトド吉が、名声20点をこえて勝利。
さくさくと遊べるので、想像していたより楽しく遊べました。
地味な気もするし、手札交換できるカードがかなり強すぎる点を除けば。

でも問題はそこではなく・・・
このゲーム、箱が割と大きめです。バトルラインと比べてもこんな感じ。
箱の大きさ比較
もっと驚いたのは箱を開けた時。
箱の中身
「これはひどい!」
「写真撮らなきゃ!」
と、ゲーム開始前から違う意味で盛り上がりました。
ちなみに、底にあるのは金貨なので、抜いてしまえば小袋におさまってしまったという。
ゴーストフォーセール以来の衝撃。
あっちより箱の厚みがある分、衝撃はこっちのほうが大きかったかも。
家庭環境に優しくない見本ですw