・ウィリー
 Willi(Hans im Gluck:1999)


ウィリー
ちょっと変わったトリックテイクゲームです。
かゆかゆさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

各自手札を9枚持ち、スタートプレイヤーがが出したカードの色または数字をフォローしていく、基本的にはいたって普通のトリックテイク。
トリックを取れるのは、1ゲームにつき1人2セットまでという縛りを除けば。
そして、自分がカードを出す時に「ウィリー!!」と宣言すれば、後手番の人がどんなカードを出そうが、トリックを取れるという変なところを除けばw
この宣言は先着1人だけ。
トリックを取った人は、手札に同じ色のカードがあれば交換することが出来ます。
カードの強さは小さい数字ほど強いので、どうしてもウィリー!!以外で取ろうと思えば低い数字に。
でも手札に大きい数字があれば交換して大きい数字にできるという。

全員が2トリックずつ取ったら得点計算。
取ったカードの数字を足して、1番大きい人は「3」、2番目に大きい人は「1」、最も数字が小さい人は「2」の得点カードがもらえます。
3番目だと何ももらえず、2番目だと4番目より少ない得点。
この3番目は0点というのに、今回うまくはまったというか・・・とにかくトリックを取っても得点に結びつかないという、ある意味苦行になりました。
本来は8ラウンドやるんですが、今回は4ラウンドで。

「最初はこれ」
「ウィリーはしない。じゃこれで」
「これを出してウィリーします!!!」
「えー・・・じゃこの小さい数字をプレゼントだ」

こんな調子で進んでいきます。
各自2トリックしか取れないし、数字の合計を競うので、どうしても大きい数字を残したい。
でもトリックを取るのは小さい数字の人で、そうは上手くいかないから面白い。
そして、取ったトリックの1を手札に残しておいた8と交換。
自分がリードする時はやはり狙います。2回しか取れないしね。
しかも小さい数字を手札に戻せるのでまた狙えるw
ここまではかなり調子がいい。
けれど、その調子がいいというのは何か違っていたようで、4ラウンドやって、常に3位を取り続けたという・・・・w
合計してみると、なんと私だけ0点という快挙。
勝ったのはかゆかゆさんでした。

がんばっても報われないというか、報われなさすぎw
問答無用で取っていく「ウィリー!!」宣言とか、いろいろと変な感じのゲームだったけれど、これはこれで面白いと思いました。
でも8ラウンドは長いかなw