・ヴォルテージ
 Voltage(Mattel:2006)


ヴォルテージ
お互いに出したカードの数字で勝敗を決めていく、プレイ時間15分以内で終わる手軽なカードゲームです。
トド吉とプレイ。

まずテーマが電流ということで、ボードもカードも雰囲気が良いです。
中央に置く小さいボードは得点表示用とカード出し場のターミナルになっていて、ここにカードを配置していくことで、ライバルと電流を取り合う感じです。
ゲームで使うカードは、数字カードの他に特殊カードとして、バイパスカードやヒューズカードなど。
しかもカードの裏面も2種類あり、通常のものと変圧カードになっています。
各色に分かれた電流は、ちゃんと+と−があり、+表示なら数字の大きい方、−表示なら数字の小さい方に電流がいき1ポイント。
その+と−をかえられるのが、変圧カードになります。
ルールはいたってシンプル。
手番がきたら、カードを1枚出して1枚引く・カードを2枚出す・カードを2枚補充するのどれか1つを実行。
手札上限は6枚で、手番の終わりには必ず偶数枚になるようにしなければいけません。
そんなに難しくなさそうだったので、早速プレイ開始。

最初に持っている手札が4枚なので、とりあえず6枚まで増やしてみることに。
それというのも、山札の一番上が変圧カードだったから。
自分が持っているカードでは、−だと絶対に負けてしまうので変圧。
バイパスカードでトド吉のカードを自分側に持ってきて、かわりにトド吉には0にしかならないバイパスカードをプレゼントw
さらにもう1枚は数字カードを出して一気に5枚までいき勝利。
まずは1ポイント獲得でマーカーを電球方面に1つ進める。
4回勝てば電球が点灯してゲームの勝者になれるのです。
が、なかなか上手くカードがまわってこず、何となくばらばらの色で数字カードを出してかわす。
3枚目を出すタイミングが難しくて、1枚出して1枚引くだと相手が2枚出してくれば決着してしまうし、かといって2枚出してしまうと一気に4枚までいき、やっぱり餌になってしまうわけで。
とはいえターミナルは4色あるので、ばらしつつ様子窺い。
そんな中、私が3ポイント獲得でリーチ。
トド吉も負けていられないとカードを出してきて、お互いが相手に早く出せよという空気を出しつつ。
おとなしく待っていたら、トド吉が私が狙っていた色と違う色にカードを出し始めたので、1枚除去しつつ自分は1枚足して出方を見る。
ちょっとだけブラフw
そして、視界から消えていたであろう赤い数字カードを2枚出して勝利。
見事、私の電球が点灯しました。

派手さはないものの、そこまで難しく考えることもなく遊べて、ちょっとした時間で遊ぶにはいいかも。
簡単な足し算が出来る子供なら遊べるし。
これで物足りなければ、2人用ならロストシティやローゼンケーニッヒがあるので。
テーマに沿ったイラストになっているし、見た目も良く好印象でした。