・ニトロダイス
 Nitro Dice(Minion Games:2011)


ニトロダイス
手札のカードで進んでいくレースゲームです。
PHYさん・トド吉・COQさん・侍・私の5人でプレイ。

今回は全員が初プレイだったので、おすすめの2周まわるコースで。
コースはカードで作れるようになっていて、カスタマイズも可能らしい。
各自ダイスを持って振るんですが、それは単純にスタート位置を決めるだけ。
その後はスピード表示のために使われる、ダイスを振らないいたって普通のレースゲームです。
レースはスピードを決めるところからはじまり、移動が終わったら自分が持っている手札とコースのカードを交換して、先頭を走っているプレイヤーの妨害をしたり。
そしてカード補充といういたってシンプル。
けれど、2周が果てしなく長いレースとなりました。
自分の手元にはダメージカウンターとレースに使うカードを持ちスタート。
まずはスピード調整。
1上下するにはコストがかからないんですが、2以上の時は手札を捨てなければならないのです。
しかもコースには色がついていて、エリアに入る時にコストとして同じカードを支払わなければいけないという。
意外と手札を消費するんですが、それをラウンドの終わりに補充できるので安心。
と思ったら、手札を補充できる枚数も順位に関係していて、ずっとビリを走っていた私は余るほどのカードをもらい、手札上限をこえるので捨てたり妨害に使ったりしてましたが、先頭を走る人はカードが足りなくて苦労し、悲鳴をあげてましたw
2周目に入ったところで、COQさんと侍がピットイン。
ダメージを受けすぎてスピードも出なければ手札も少ないのでピットイン大切。
でもピットから出る時に、すでに侍が事故を起こしていたような・・・w
それを横目にPHYさん・私・トド吉の3人が2周目へ。
私とPHYさんが先頭を走り、色々考えた結果、一気にニトロで走りきってしまえばゴールできるはず!と準備していたら、その後ろからトド吉がニトロで突っ走ってきて、PHYさんと私をどかして走り去る。
そのままぶっちぎりでゴールへ向かうのを止められるはずもなく。
ここで先頭を走るとカードが足りないというのを経験。
しかも障害を避けられずたまっていくダメージ。
確かにきついw
レースは、そのままトド吉がゴールで終了。

もっと出オチのようなゲームかと思ったら、意外や意外で普通のレースゲームでした。
ただ、プレイ時間が長く1時間半近くに。なかなか重量級のゲームでした。
というより、1回でおなかいっぱい感がw
人数を減らせば早く終わるだろうけど、そうなるとレースゲームだけに楽しみも半減しそう。

The Board Game Laboratoryで和訳が公開されているので、気になった方は覗いてみるといいかも。

・ゲームストアバネスト:ニトロダイス