・ゲットビット!
 Get Bit!(Robot Martini:2007)


ゲットビット
迫り来るサメから逃げていくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

ルールはいたってシンプルで、全員が同じ構成で持っている手札からカードを1枚選んで出し、一斉にオープン。
数字が他のプレイヤーとかぶったら動けず、残った人の中で数字の小さい人から最前列へ移動していきます。
そして、最後尾にいるロボットがサメに食べられちゃうのです。
四肢がはずれるように出来ているロボットなので、手や足を1本ずつサメに食べられていき、四肢がなくなってしまったロボットから脱落。
最後に2体のロボットが残ったら即ゲーム終了で、2体のうち後ろにいたロボットは強制的に食べられて終わります。
「ロボットは海に入ったら錆びるだろ!」
「高性能だから大丈夫なんだよ」
自分のロボットを並べたらゲームスタート。

とりあえず、ちらちら見るも適当に選んでカードを出す。
並び替えてみると、バッティングは避けたけど自分の数字が一番小さかった時の悲劇w
何枚かカードが出てくると、すでに出してるカードは出てこないので、どのあたりの数字を出していくか悩む。
とはいえ、こういうゲームは勢いとスピードが大切。
いたるさんと侍のロボットの四肢が食べられていくのを笑ってみてたら、サメは私のところにもやってきたw
そんな中、無傷なトド吉。
でもサメに襲われたり残りの手札が1枚になると、使ったカードをすべて回収できるので有利に。
そして、カードに選択肢がなくなってきたトド吉もついにサメの餌食に・・・w
そして、四肢がすべてなくなり早々に脱落していく私を筆頭に、いたるさんも脱落w
そして残ったトド吉と侍の2人で、後ろにいた侍はサメの餌食になりゲーム終了。
トド吉の勝利となりました。

バッティングゲームは多いけれど、こんなにも面白さを出してるのは、やはり付属しているロボットかと。
稼動部の多いロボットがついてるだけで、楽しさ倍増ですw

ゲーム開始前から、ロボットを使ってきゃっきゃっと遊んでた大人たちですが、
ゲーム終了後もやっぱり遊び始める。
大丈夫かー?ふみつけ!
意外にちゃんと立ってられるので、これだけで遊んでられる不思議。

SPONSORED LINK