・ジュラシック
 Jurassik(Ilopeli:2011)


ジュラシック
遺跡から恐竜の骨を発掘するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

発掘の場となる遺跡は、6×8に並べられたカード。
恐竜の骨だけではなく、アクションカードも一緒に並んでいます。
手番がきたら、ここから1枚採掘するだけ。
アクションカードなら、その指示に従います。
恐竜の骨は4枚に分かれていて、自分の手元で4枚揃えば「生きている恐竜」として確保できます。
最終的に発掘した恐竜の枚数で点数が計算されるので、4枚揃えば揃うほど得点が高いです。

まずはスタート位置から発掘開始。
カードを取る時は、空きスペースに少なくとも1辺隣接している場所から取ります。
角隣接はとれません。
2人プレイということもあって、お互い違う色のカードを集めていきます。
でもトド吉のカードの取り方が上手いのか、なぜかアクションカードしか選べない状況に追いやられる私。
これではダメだと思い、アクションカードを取って即実行。
「他プレイヤーからカードを盗む」
まだ化石の状態なら奪うことができるのです。生き返ってしまったら取れないけど。
これで1枚獲得!と喜んだけれど、最後にはこのカードを捨てることになろうとは・・・
そんなことお構いなしに、トド吉はがしがしカードを取っていきます。
負けてなるものかと取っていくんですが、自分が欲しいカードに辿り着かない。
先の先を考えておかないと、あっという間に誘導されてしまうことに気付くも、時すでに遅し。
トド吉はどんどん恐竜を生き返らせて喜んでいます。
ジュラシック
何とか追いつこうとするも、一歩遅れた状態のまま。
最後に邪魔してやろうと思ったら「手札から1枚破棄する」で、最初にトド吉から奪い取ったカードを捨てることに。
結局、そのままトド吉の勝利で終了。

2人だとアクションカードのありがたさがほとんどないので、純粋に恐竜を集めたほうが早いというか物足りないというか。
テーマはいいのでちょっと残念。
でも5歳以上15分という手軽さなので、こんな感じなのかな?とも。
ちょっとした時間にも遊べるし、3人以上のほうが面白いかな?と思ったので、違う人数でも遊んでみたいと思っています。