・オクトパス・ガーデン
 Octopus' Garden(Valley Games:2011)


オクトパス・ガーデン
海底に見立てた自分のボード上に美しい庭をつくるゲームです。
COQさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

プレイヤーはそれぞれ自分のボード上に海の生物や海草などを配置して、より得点の高い(きれいな)庭をつくっていきます。
名前が「オクトパス」だけど、たこは出てきません。
そのかわり、ヒトデが真珠貝を食い荒らします。
ルールはいたってシンプルで、手番がきたら中央に置かれた市場で配置したいなぁと思うタイルを購入、そして配置。
配置が終わったら、ヒトデを移動させて、最後に収入です。
購入代金は真珠で支払いをします。
最初の初期配置でボードに真珠が配置されているので、ヒトデに食べられなければ最低収入は確保できています。
ただし、購入する時は縦もしくは横1列すべてを購入しなければならないので、真珠を持ってないとそもそも買えません。
海草は5枚つなげることが出来れば、タツノオトシゴがやってきて+5点。
イソギンチャクを3枚つなげることが出来れば、クマノミがやってきます(+5点)。
真珠貝を食べてしまうヒトデも、なぜか5点。見た目はきれいだからかも?

ゲームスタートして、購入のたびに悲鳴をあげるCOQさん。
なんと海の生物が苦手なんだとか。かなりリアルに描かれてるから・・・w
タイルを購入するたびに「うわぁ」とか悲鳴が聞こえるんですが、見てるほうが楽しくて仕方ないです。
海草などは安いので買いやすいけれど、高い得点を狙うと購入金額も高くなりがち。
−2点のゴミも縦横1列なので購入することになるし、ヒトデは移動するしで、なかなか思うようにつくれません。
収入を増やすために、序盤は真珠貝の売れ行きがよく、なかなか私までまわってこない。
仕方なく、誰も取らない宝物を真珠をためて購入。あと海草。
見た目として、タツノオトシゴが欲しかったんですw
プレイを進めていくと、そのうちヒトデが真珠貝を食べてしまい、空きマスが出来てきている人が。
ヒトデをサンゴでブロックしてしまうと、その先にいってくれないとか、実際プレイしてみると悩める配置ゲームでした。
勝ったのはトド吉。

とても手軽で見た目がきれいなのは好印象。
買いたいけど買えないもどかしさもあるし、普通に楽しめました。

SPONSORED LINK