・キング・オブ・トーキョー
 King of Tokyo(IELLO(HJ):2011)


キング・オブ・トーキョー
自分のキャラクターを使い、東京を制圧するダイスゲーム。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

箱に「リチャード・ガーフィールドの」と書かれていますが、そもそもギャザ知らない私には何のことやら。
ゲームはダイスの目で直接攻撃したり、カードを取得していくゲームでした。
トーキョーに入れば、みんなから一斉に攻撃されるので、どこまで耐えてポイントを獲得できるかとか。
他に特殊カードの効果を上手く使うとかあるんでしょうが、攻撃するのが当然のように出来ているシステムはいいかも。
攻撃するのは仕方ないみたいな感じなら、やられたほうもあきらめがつくというかw

まずはキャラクター決め。何も考えず見た目で選ぶw
そして、手番が来たら念をこめてダイスを振る!
ダイスの目に一喜一憂する!(違
序盤で、誰もトーキョーに入らないのを見て、早速入ってみる。
運がいいことに、誰の攻撃も命中しないので、ぬくぬくとトーキョーでポイントを稼ぐ。
ところが、撤退時期を見誤って、侍とトド吉の連続攻撃で死亡。

はやっw

私がここで脱落した後、侍とトド吉で一騎打ちに。
脱落してしまうと見てるだけなので、かなりさみしいです。
カードの効力を上手に使ったトド吉が勝者に。
自分のライフポイントは多めに残して、トーキョーを出ることを考えないと脱落が早かったです。
いや、もう少し大丈夫かな?と思っていたけれど、そこはダイス目。
いきなり攻撃が当たり出したので無念の脱落。
プレイ中は大盛り上がりなんですが、終わった後はそそくさと片付けるあたりが何とも・・・