・ヴェントゥーラ
 Ventura(Fantasy Flight Games:2011)


ヴェントゥーラ
自分の傭兵団で土地を征服して得点を獲得していくゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

ゲームの流れとしては、自分の軍隊を強化するところからはじまり、移動させて土地を征服したり、自分の雇っている兵のコストを払い、最後に他プレイヤーと戦闘というのを繰り返していきます。
勝利目標は30点。
スタートプレイヤーには1点ついてきます。
ただ、一番獲得点数の少ない人がスタートプレイヤーになるので、引き離されてしまうと1点では差が埋まりませんがw
各自持っているボードに軍隊をセットできるようになっています。
将軍がいれば、さらに傭兵を追加することができるんですが、コストがかかりすぎる将軍も。
収入は自分の領地からしか入ってこないし、土地タイルによって違うので、タイルの配置にも気をつけたいところ。
細かい要素はあるものの、流れを覚えてしまえばスムーズに進みます。
でも、直接殴り合いのゲームなので、殴られて憤慨する人はプレイしないほうが吉。

ゲームがはじまり、それぞれ将軍を雇って傭兵を配置して、タイルで土地を広げてと順調に。
ところが早々にトド吉と侍が隣接してしまい、「隣りだからとりあえず攻めこんでみよう」とトド吉が攻撃。
2人で戦争はじまったから、しばらくのんびり土地広げるかと思っていたら
あっという間に侍敗北。
しかも、ほぼ壊滅で本拠地しか残ってない展開に。
ある意味残酷な、本拠地だけ残して生かされるという侍。
「立て直せばいいよー」そんなことを言われつつw
ところが・・・
自分の本拠地で雇っていた将軍のコストが2金。
自分に入ってくる収入が2金。
相殺すると収入が0金。
この状態からまったく回復させることが出来ず、ゲーム終盤までほぼ2人プレイに。
無料でカードを取れても、配置するコストがないし、所持金がないので傭兵を買うことも出来ず。
なぜ将軍をリストラしなかったかは謎です。

その後のトド吉と私はまず地盤固め。
ある程度収入は欲しいし、自分にとって都合のいい土地には大軍隊で防御。
中央を残しにらみ合いの展開に。
ある程度広がり、もう中央へ行くしか点数が伸びないということで、中央の土地を征服。
お互いに1個ずつもつも、両方取らなきゃ点数が取れない。
ということで、待ってました!とばかりに攻め込んでくるトド吉。
来るのがわかっていたので、たいした戦力を置かないでいたので敗北。
しかし終了条件の30点には届かない。
トド吉が攻め込んできている間に、私は侍の本拠地を狙い進軍。
「もうゲーム終わるし、そろそろ滅んでおこうよw」
後ろ側に回るように進軍し、ここで侍王国消滅。
持っていた弓兵で先制攻撃をしかけてきたり、かなり奮闘していましたが、さすがにかなわず。
侍の本拠地は私の手によって落ちました。
そして最後はメインともいえる、私とトド吉の中央戦線。
これで勝ったほうがたぶん勝者。
お互いにそこそこ兵を持っていたので、あれもこれもでプレイ感は充実。
最後の最後でトド吉兵を倒し、中央を両方制した私が30点到達で終了。

最初からがんがん戦争すればあっという間に終わりそうだけど、ゲームに勝つためには点数を集めなければいけないわけで。
土地を広げて、タイルの効果で収入や防御力を増やすのも大切。
今回はカード運がよく、無料や安価でそこそこの将軍を手に入れられたのも勝因かと。
終了後、まったく何も出来ずに終わった侍が
「悔しいのでこのゲームを買ってリベンジ!」と騒いでいましたが、どうなったのかは知りませんw

SPONSORED LINK