・それってアリ!?
 It Happens..(Queen Games:2011)


それってアリ!?
アリクイとなって、蟻塚からいろんなものを掘り起こして得点にするダイスゲームです。
COQさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

蟻塚のボードは12枚。ボードというより大きなカードという感じ。
1ラウンド3枚づつ使用して、4ラウンドでゲームが終わります。
12枚はそれぞれもらえる得点やお宝が違います。
手番が来たらダイスを1個振り、3枚のうちどこかのボードにダイスを配置します。
配置するときにいくつかルールがあって、自分のダイスはそれぞれのボードに1列しか置けなかったり、常に左寄せで配置していったり。
これによってもらえるお宝がわかるんですが、わからないのはそれぞれのボードの得点。
配置したダイスの数字が一番大きい人が女王アリの得点タイルを、二番目の人は将軍の得点タイルを獲得できます。
その他に虫タイルがあり、これを使うことでダイスの振りなおしやパスができます。
最後に獲得したお宝についての得点や女王アリの得点タイルなどを足して、一番得点の高かった人が勝者になります。
手軽なダイスゲームかと思ったら、予想より悩みどころがありました。

まずは出てきたボードを眺める。
手番順もかなり重要で、自分の手番がきたときに必ず置きたかった場所が空いてるとは限らないのです。
まぁ、欲しいものはみんな同じなので仕方ないけどw
しかも自分が欲しくないのに、左寄りで置かなきゃいけないのがどうにも。
そんな時は虫を使って「パス」。
他の人の出方を見るのも大切なのです。
必ずしも先手番が有利かといえばそうでもなくて、2番目の列はダイスが2個置けるようになっていたりとか、悩ましさが倍増。
とはいえダイス目次第なので、ダイスを振る手に力が入ります。
今回は、トド吉が見事なダイス運を披露。

「5!6!あーもう4でもいいから!」

でも出る目は1や2w
最後には「1以外なら何でもいい!」になり、それでも2とか。
侍はお宝重視でどんどん集めていく。
私は3枚のボードすべてを狙っても無理な気がしたので、ピンポイントで良さそうな(がんばれそうな)ボードでがんばる。
お宝をかなり集めていた侍の勝利。
私とCOQさんが同点の2位となり、女王アリのタイルを多く持っているほうが勝者ということで私が2位に。
COQさんの「2位じゃダメなんですか?」で大爆笑w

ダイスを振るのに念をこめるのはダイスゲームならではで楽しめるし、配置するときにどこへ置くかが悩ましいし、それでいてプレイ感は重くないので、なかなか面白いゲームでした。

SPONSORED LINK