・トリックマイスター
 Stich-Meister(Amigo:2010)


トリックマイスター
プレイヤーでルールを決め、そのルールに従ってトリックを取り、得点を獲得していくカードゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

普通にトリックテイクだけなら持っている手札の数字である程度決まりますが、このゲームはそこにルールが足されて、時には高得点、時には悲鳴のプレイになってます。
ルールカードには、切り札に関するものと基本ルールに関するものと得点に関するものの3種類があります。
トリックカードとは別にそれぞれルールカードが3枚配られます。
その中から1枚をラウンドのはじめに裏向きで出します。
ディーラーが全員分集めてシャッフルし、表を向けます。
ルールカードはプレイ人数に関係なく4枚なので、今回のような3人プレイの場合は、ルールカードの山札から1枚足してシャッフルです。
誰も切り札のルールカードを出してなかったら、切り札はなしでプレイ。
このルールカードが結構強くて、自分の手札を見てルールを決めてもまったく有利にならないという(笑
しかもトリックを取らなかったから10点と、手札の数字が小さくても高得点を獲得できるチャンスが。
ルールが決まれば、あとは普通のトリックテイクでマストフォローです。

ルールが決まっているトリックテイクだと最近やった中では「ツォカート」が面白かったんですが、これも面白い。
他のプレイヤーが出したルールに出来るだけ従いたいけれど、手札がそれを許してくれない。
本来ならトリックをいっぱい取って喜ぶのに、取ったカードの種類によってはマイナス点だったり。
まぁでも、トリックを取っている間は割に静かで、ルールを決めるときは一番にぎやか。
歓喜の声はほとんどなく、悲鳴ばかりで(笑
取りたくないのに取らされる醍醐味というか、誰かが地雷のように踏んでると見ているほうは楽しくて仕方がないのです。
状況に応じて大きい数字と小さい数字を使い分けて、出来るだけ難を逃れた私の勝利。
3人でプレイして遜色なく楽しいのは重要だったりします。