・サンタ・ティメア号
Santa Timea(Argentum:2009)


サンタ・ティメア号
風力カードを出来るだけ取らないようにするカードゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

以前プレイした時は、いまいち面白さがわからなかったので再戦。
場には風力カードが3枚オープンにされています。
一番端から取り合いをしていくので、次のトリックではどのカードになるのかわかります。
プレイするトリックは12回。
この取り合う風力カードに描かれている数字が自分の船のダメージなので、出来るだけ取らないほうがいいのです。
もし取ってしまったら、同じ色の風力カードを数字順に1、2、3と集められれば、相殺でダメージは0になります。
出来るだけ取らない、取ってしまったら同じ色の他の数字も取る。
このダメージを元にして終了時に勝利点をもらうんですが、ダメージが大きい人から1、2と点数が増えるのでダメージは少なめに。
この勝利点が多い人が勝者になります。

このゲームの変わってるところは、カードを他の色(風向き)として使うことができるところ。
どっちの風向きに対していくつの数字として扱うのか、カードにちゃんと描かれています。
逆風になると数字は0扱い。東なのに手札から西のカードを出したら風力0。
写真の6Wのカードだと、場の風力カードが東だった場合は0。北や南だったら半分の3として使えます。
場に出ている風力カードと並べてみればわかりやすいです。
海賊カードがあるんですが、直前にプレイされたカードと同じ価値になります。
言葉で説明するといまいちですが、カードを見てプレイしてみると意外にもシンプル。
カードの絵はこってり気味なのにw

前回と違って今回は楽しいプレイとなりました。
どのカードをどこで使うのかの悩ましさはもちろんのこと、先手番でカードを取らないようにするのが難しい。
最後手番なら状況を見つつカードを出せるけれど。
しかも一度風力カードを取ってしまった人は、同じ風力カードの数字違いを欲しがるので、これを取らせないようにしつつ自分は取らないようにする悩ましさが楽しさを増やしている。
私は比較的ダメージが少なかったからいいけれど、侍とトド吉は毎回悲鳴を上げてカードを取っていく(笑
他の人のダメージを見ながら、自分もある程度はダメージを受けても大丈夫。
一番少ないダメージでいられれば勝利点は一番高くもらえるので、
「誰にもこの1は取らせない!」
と自分が引き取るのも有効。
そのとき聞こえる悲鳴が面白い(笑
常に低ダメージで勝利点を獲得していった私の勝利。
わかってくれば短時間で遊べるので、なかなかいい感じのゲームでした。