・ティタニア
 Titania(Hans im Gluck:2010)


ティタニア
ティタニアの国王に命じられた貴族たちが、塔を再建して新たな栄光を取り戻すというテーマのゲーム。
鬚さん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

ゲームは2つの時代に分かれていて、使う船の数が違います。
まずは最初の時代から。
基本は持っているカードに描かれている色の船を配置していき、貝殻やヒトデを集めていきます。
貝殻は塔を建設するのに必要で、ヒトデは得点に結びつきます。
全員で3色の船を使いつつ道をつくっていくので、なかなか思い通りにいきません。
スタート位置の周りには霧があり、開けてみないと何があるのかわかりませんが、その他はマスに描かれているので欲しい貝殻に向かってひたすら船を進めるだけです。
でも同じマスには2艘までしか入れないので、そこはルート開拓をしっかりしないときつい感じです。
最初はひたすら貝殻集め。
動かせる船はカードで決まるので、次の人の得になるから動かしたくない時はカードを補充します(笑
あと一歩のところで船が止まってしまい、次の人がおいしいというのもしばしば。
同じ方向に行く人とはちょっとだけ協力しないと、独自路線ではすぐつまります。
こういう時、意外と上手なのがトド吉と侍。
私はそれに便乗するだけw
便乗しつつ、こっそりとしっかりと貝殻をためこみます。
でもヒトデがためられなかった。というより、ヒトデをそんなに重要視してなかったのです。
でもそれは次の時代で後悔。

塔を建設する場所は決まっています。
ボードに建てられる塔の絵が描かれているのです。
もちろん、対応した色の貝殻が必要で、1階は1個、2階は2個とどんどん必要個数が増えていきます。
最大は4階までなので、3階まで建てておいて、他の人に4階部分をのせられることも。
クレーンが描かれているクレーンマスに入り建築するんですが、建築しなきゃいけないのです。

そして前半はおとなしく終わり、次の時代の準備をします。
そして、慣れてきたこともあり、船を上手く使って逃げていく次の時代スタート(笑
前の時代で建築の要領はわかっているので、とにかく目的までまっしぐら。
出来れば一度に塔をいくつも建てたいけれど、なかなか貝殻が集まらない。
そんな中トド吉が大量得点を獲得。
そんなトド吉を止めるためにも、ちょっとだけ協力体制でおいかけるも追いつかず。
トップのトド吉に10点差をつけられて2位でした。
悩んでるうちに船はどんどん使われていくし、考えるより動かしたほうがいいなぁと思います。
気づいたら「赤の船があと2個!」ということになって、建築クレーンにたどりつかない可能性も。

SPONSORED LINK