明日からがメッセなので、今日は空き日。
ケルンへ行く予定にしていたけれど、モノレール・ケルンのニ択になる。
ここへ何ともだるだるだった私がお昼からケルンの第三の選択肢を作ってみる。
でかけるみんなを見送って、ショーコさんと井戸端会議(笑
ヨーロッパのどのあたりまでなら日帰りできるかなど。
こういう話は在住の人に聞くのが一番ですから。
そこで、鬚さんも宿待機組になってるという話を聞き、ケルンへみんなで行こうかという話になる。
4階へ上がってみると、確かにいた。
でも「今日は急速充電する」というので、私たちも充電日に決定。
適当に近くを散策してみることに。
宿外観とりあえず宿を出て、まずは黄色いおもちゃ屋へ。
品揃えが昨年よりいい。種類も増えている。
子供でにぎわう店内を見て、そのままアレセンターへ移動。
ここには昨年「ペンギンすべり」を買った本屋さんがあるので探す。
しかし、1年で本屋は化粧品店になっていた。残念。
その後、鬚さんがあっちへ行くというので、私たちは反対側へ散策することに。
トド吉が「あっちに川があったはずだ」というので、ひたすら歩いてみる。
散策同じような高さの建物が並んでいて、歩いていると日本とあまりかわらない。
ガラス張りの中を覗いたトド吉が「水たばこのやつだ」と言い出す。
ごめん・・・知らないw
ウィキベディアにのっている写真を見てみたら、まさにこれだった。
顔のある壁しばらく歩いていると、何となく視線を感じる。
ちらっと横を見ても家が並んでいるだけ。
よーくみたら、壁に顔があった。
あの窓から何かが顔を出してくれるんだろうか?とか、適当なことを言いながらしばし足を止めて見つめ合う(笑
この周りでは顔があったのはここだけ。
おしゃれなのかな?などと適当に流して、再び歩き始める。
すでに街路樹は紅葉していて、真っ赤な木や葉が落ちている木が多い。
中華料理店中華料理店を発見。
勇気がなかったので外観のみで(笑
この先は幹線道路があるだけで、トド吉が言っていた川がない。
しかも宿から離れた場所は、人通りも少なく、何となく心細くなってくる。
折り返して、今度は違う道で宿方面へ戻ることに。
散策日本だったら建売住宅か同じアパートが並んでいるのかという風景が続く。
ちょうどリフォームしている家があって、大きなトラックからオーブンの部品などがおろされていた。
外で大騒ぎしながら遊ぶ子供たち。
緑が多い場所なので、どこも庭が広い。

休憩再びアレセンターへ戻り、小腹が・・・というトド吉にパンを購入。
ここの店員さんはドイツ語のみ。単語で英語を少し話すぐらい。
そこで、たぶんきっと「ここで食べるか持ち帰るのか」と聞かれる。
トド吉と2人同時に同じジェスチャーで「持って帰る」と日本語で答えたら通じた。
お互いの言っていることが通じれば、言語は関係ないらしい(笑
食べ物は安い。このケーキ、これで1.25ユーロ。つまり200円しない。

お茶をしていたら、モノレール組が帰ってきた。
そこで購入してきたというゲームで遊ぶ。
羊のショーン:野菜サッカーおのさん・けがわさん・トド吉・私の4人で。
羊のショーンのパッケージを見て「うんこ!?」と連呼してたら、野菜サッカーでした(笑
ゲームをすすめていくうちに、いかに1番にプレイしないかの取り合いに(笑
早ければ高得点チップをとれるのでいいのですが、1番手は道をふさがれているので通り抜け出来ない。
常に最終手番を選択していた私が点数をいっぱいもらえてご満悦でした。
その後、おのさんとけがわさんがどうやったら通過できるか相談してました(笑
ヘックメックバーベキュー次にけがわさんがにこにこ顔で出してきた「ヘックメックジュニア」。
合言葉は「全部パン」。
通常のヘックメックよりダイス目の種類多く、バーストがない。といっても即手番終了はあったりする。
(実は種類が少ないらしい。パンとか種類が多かった印象)
着実にタイルを獲得していき、途中でけがわさんに奪われ、奪い返し
おのさんから奪おうとしたけがわさんが失敗して終了。
「盛り下がる終わり方しないでくださいよー」とおのさんに言われるけがわさん(笑
誰かがダイスを振る時に「2個ともパン」「いっそ全部パン」と呪いをかける。

そして1日目の夜が過ぎていきました。
まだ本番はじまってないのに、いくつかゲームを購入している組も。

SPONSORED LINK