・ジャイプル
 Jaipur(GameWorks:2009)


ジャイプル
特徴あるイラストのパッケージをエッセンで見かけて気になっていたゲーム。
HJで販売開始になったので、早速入手してトド吉とプレイ。

ゲームはいたってシンプルで、手札を売却して得点を獲得したり、市場から物を手に入れて手札を増やしたりして、最終的な得点で勝敗を競うゲームです。
手番になったら、物を手に入れるか売却するかの二択。
物を手に入れるのは、共通の市場から1枚購入するか、自分の手札と市場の物を複数交換するかです。
売却する場合は1枚から。3枚以上のまとめ売りなら物のチップ以外にまとめ売りのチップがもらえます。
ただし、金や銀などの宝石類は2枚からしか売れません。
チップは上から高得点になっていて、後になればなるほど獲得できる得点が低くなります。
まとめ売りチップはランダムなので、もらってみてのお楽しみ。

他にラクダがあります。
ラクダを多く集めた人は、ラクダチップがもらえ5点獲得。
ただし、市場から手に入れる場合は、並んでいるラクダをすべて引き取らなければいけないので、その分物が補充されることを考えると、相手に有利になってしまうので考えどころでもあります。

ゲームは相手の集めているものを見ながら黙々とカードを集めては売っての繰り返しでシンプル。
なぜかこのシンプルさが良くて、何度もプレイしてしまいました。
優秀の証を2枚先に集めた方が勝者になるので、最低でも2回プレイするんですが
終わってからもまたカードをシャッフルしてと、何度も遊びました。
ただ・・・シンプルすぎるのか、遊びすぎてさすがに若干飽きてきましたが(苦笑
ルールも多くないしプレイ時間も短い。
でもなぜか地味に面白いのです。