・ごきぶりポーカー
 Kaker Laken Poker(Drei Magier:2004)


ゴキブリポーカー
ここまで、近寄ってきたら悲鳴をあげられる虫ばっかりのゲームってあるんだ・・・
最初に思ったこと。

ごきぶりっていうから、絵柄が全部ごきぶりかと思いきや、
かえる、蜘蛛、はえ、コウモリ、ねずみ、サソリ、カメムシ・・・

・・・カメムシ? サソリ?

まぁ、要は嫌われ者ばっかりの絵柄ってこと。
嘘をつくか、本当のことか、わからないようにポーカーフェイス。
何も考えずにこやかに、

「はい、これコウモリ」

と渡せばいいのです。
それで相手が「そっか、コウモリか」と納得すればよし。
万が一ばれたら

「これは違う!」

と、表に返して出した人の前に並べられる。

「本当でしたー!」だったら、めくった人が引き取る。
「やっぱり嘘だろ!」だったら、出した人が引き取る。

引き取りすぎて、同じ虫が4枚になったら負け。

ばれてはいけない。
ばれないように、それはもうにこやかに、

「はい、カメムシ」

と渡すゲーム。
最後はカードがある程度ばれてるから
なかなか嘘が通りにくいのでご用心。
疑心暗鬼に追い込むか、追い込まれるか。
相手に嘘をついてると思わせれば勝ったも同然w


SPONSORED LINK