・カミサド
 Kamisado(Burley Games:2008)


カミサド

色が派手な2人用。
Geekの写真を見て買おうと思っていたゲームです。
バネストで販売がはじまったので、即購入。

ボードには色と色に対する漢字が描かれています。
2人専用で、相手の陣地に駒をすすめることが出来たら勝利です。
とにかく派手です(笑
目がちかちかするぐらい色がきついです。
カミサドしかもコマが大きい(笑
通常のポーンと比べると一目瞭然。
一度相手側にすすんで勝つと、そのコマには城の屋根みたいなリングがつきます。
その名も「相撲リング」。
なぜ相撲なのかよくわかりませんが、プレイ中リングをつけているコマを動かす時は「どすこーい」と言いながら動かしてました(笑

ルールはいたってシンプルで、相手が動かしたコマが止まったマスに描かれている色のコマを今度は自分が動かします。
そして、自分が動かしたコマが止まった場所に描かれている色を相手が動かします。
運がないアブストラクトゲームでした。
こういうのは苦手なんですが、とりあえずプレイ。
最初は調子よくコマを動かしていくんですが、あっという間にどれを動かしてもトド吉が勝つ状況に。
ポジットもそうだったんですが、中盤までは調子よくいくのに、後半になるといつの間にか負けてる状況w
考えなきゃいけない状況で考えないからなんですが、苦手なので(苦笑
3回プレイするも、トド吉が勝ちっぱなしでどんどんリングが追加されていったところでゲーム終了。
リングをつけたコマは動ける歩数に制限が出るんですが、それでも負けました(笑
現在はひと回り小さくなった「カミサド」が流通しています。