・ボンベイ
 Bombay(Ystari:2009)


ボンベイ

象を使って物を運び、出きるだけ高く売りぬけて稼ぐゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

まず象。
ちゃんと荷台がついていて、2個までキューブをのせられるように出来ています。
これなら1人2個までというのが見てわかるので便利なのかも。
ゲームは交易所で品物を買って、それを必要としているところへ届けます。
相場は誰かが売ってしまえば変動するので、だれもが出来るだけ高く売りたい状況です。
どれが市場へ出ているかは、袋からランダムで出てくるので運です。
売りに出ている商品の数が少ないほど、コストがかかります。
これを繰り返していき、お金を一番獲得した人が勝者になります。

序盤から3アクションで進める範囲が決まってしまうので、全員で宮殿建設ラッシュに。
これに目をつけたトド吉が一足先に建てたので、いち早く稼げることに。
私も慌てて中央付近に宮殿を建てて利益を狙いました。
顧客トークンを獲得できるチャンスが少なかったので、宮殿と現金を稼ぐ方向に。
トド吉と侍は宮殿とトークンの取り合いをしていて、常にお互い近くにいたので
私1人が遠く離れた場所で地道に物を買っては売ってを繰り返しました。
3アクションしかないというのは結構悩ましいです。
誰もいないところで、とりあえず宮殿トークンを集めて、あとは現金勝負。
宮殿の力が思ったよりも強く、黙っていても通行税が入ってきます。
銀行から入ってくるので、多少の損は仕方ないと通ってしまうんです。
誰もが少しでも高く売りたいと思っているので、近くで象が待機している状態。
後半はもう安くても構わないので、どんどん売って自分で相場を上げていきました。
勝者はトド吉で、序盤の通行税収入が大きかったみたいです。
宮殿建設に乗り遅れた侍はダントツのビリに。
全員が平等に差がついたゲームでした。
あれもやりたい、これもやりたい、でも3アクションしかないので
あっという間にゲームが終わってしまう感じです。