ふうかのボードゲーム日記

3

新年おめでとうございます。
今年もブログを更新していきますので、よろしくお願いします。
ということで、今年の干支は「丑」。
新春最初のゲームはトド吉と2人でこのゲームを。

・牧場の春
 Zoff in Buffalo(F.X.Schmid:1998)


牧場の春


牧場に自分の牛を置いていくゲームです。
牛の配置はカードアクションで。
各自自分の牛を置きたい牧場のカードを選び、何匹配置するか同じくカードで決めます。
2ヶ所決めたらカードをクローズで出します。
一斉にカードをオープンにして、牧場の数字が小さい順に処理していきます。
完全なバッティングゲーム。
牛の置き方には決まりがあります。
すでに牧場に牛がいた場合、一番多い数の牛を置いている人から優先順位で置いていきます。
まだいない牛同士がバッティングした場合、カードの数字が大きい方が優先です。
数も同じなら、カードに書かれているアルファベットの小さい順で置いていきます。
ただし、すでに配置されている牛と同数になるようには置けません。
置いたことで同数になる場合もおけません。
牧場の牛が規定数になると、一番多い人からボーナスとして牛を配置できます。

2人でプレイしたので1人2色。
ところが、私が2色を同じだと考えやすくて、なかなか大変でした。
2色持っていても、数えるときは1色ずつ。う〜ん。
バッティングしそうなら、あえてぶつけて先に牛を置いてしまうのも手です(笑
牧場の広さで、1位より3位の方がボーナスが大きかったりします。
あえてそれを狙おうとすると、なぜか牧場が満員にならなくて悶々としたりします。
シンプルですが、かなり盛り上がりました。
やはり、バッティングゲームは楽しいですねw
    このエントリーをはてなブックマークに追加

5

今日は侍を呼び最後のゲーム会となりました。
年末年始に侍の顔を見るのは、もはや恒例行事です。
これから、紅白を見ながらそばを食べつつ雑談をして解散の予定です。
プレイしたゲーム。

・カヴァム
・ウィンドリバー
・7つの紋章
・激辛料理コンテスト
・ランバージャック
・リバーフィーバー
・クイーンズブレイド ザ・コロシアム

今年はボードゲームを始めて2年目でした。
驚くほど所有しているゲームの数が増えたのと、昨年とかわらず多くのゲームをプレイすることが出来ました。
そして、このブログを見ていただいてる方が増えました。
また来年もよろしくお願いします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・シカゴエクスプレス
 Chicago Express(Queen Games:2007)


シカゴエクスプレス

鉄道をテーマにしたゲームです。
線路は引きますが、各会社の株券が勝負の分かれ目です。
今月の頒布会から早速トド吉と2人プレイ。

ボードを見ると線路の終点はシカゴです。
ゲームに出てくる会社は5社で、うち1社はどこか1社がシカゴに到着すると出てきます。
ただしこのゲーム、線路を引く勝負ではなく、いかに利益の多い線路を引き、その利益で稼げるかというゲーム。
最初の会社にPRRやB&Oがいて、なんだか懐かしく感じました(笑

手番で選べるアクションは3つ。
株を競りにかけるか、線路を引くか、線路を引いた街に家を建てるかです。
メーターボードにメーターがあり、2つのアクションメーターが赤い部分になると、配当がでます。
なので、ゲーム中の配当は常に規定のアクション数の後に発生します。
プレイヤーはまず株券を購入し、できるだけその会社に利益があるように線路を引いていきます。
線路を引くと同時に、街を通過して家を建てると価値があがります。
配当は売れている株券の枚数で割合が違います。
同じ株券を持っている人が多くなれば多くなるほど、配当が少なくなっていきます。
出来れば、他の人が持っていない株券を持ちたいけれど、同時に会社の利益も上げていかなければなりません。
線路を引いて家を建て配当を多くしようと思っていても、他のプレイヤーが株券の競りをはじめた時に手持ち金がなければ阻止しようもありません。
株券線路を引くために使う列車コマは、会社によって数が違います。
なので、1つだけの利益を追求すると、シカゴにたどり着けずに終わります。
又、株券の発行枚数も違います。
今回は2人プレイだったので、出来るだけ過半数を取りにいきましたが、
序盤でNYCの株券をトド吉が独り占めしてたので離されてしまい、結局追いつけずに終わりました。
線路をどんどん延ばせば収入も上がりおいしいのですが、そうなると株券に殺到されるので分配が少なくなり、なんともいえない展開になります。
ゲームの終了が意外とあっけなくて、何度も「30だったらここからだよ!」と叫びました(笑
がっつりとした鉄道ゲームではなくて、自分が投資した会社を成長させる過程で鉄道を使っている感じです。
私はなんとなく不完全燃焼という感じが残ってしまったので、評価が分かれるのもわかる気がしました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・スペースアラート
 Space Alert(Czech Games Edition:2008)


スペースアラート
昨年は「ギャラクシートラッカー」を発表したチェコゲームズの新作。
今回も宇宙船です(笑
ただし、今回はプレイヤーの協力型ゲームになっています。
おのさん宅で、おのさん・康さん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲームは付属のCDを聞きながらのプレイになります。
きちんと指令書があるので、順序よくプレイしていきます。
宇宙船に迫る危機を回避するため、プレイヤー全員がその役目を果たす。
そういうゲームです。

こういうゲームは理解するのに時間がかかるため、とりあえず康艦長のもと、全員協力でテストプレイ。
CDを聞いてくれているのはおのさん。
いかにも!という音声なので聞きにくいし、英語が出来ないとまず無理です(笑
私は何をしたらいいのかわからず、勝手に動きを作っていく。
他の3人は会話も賑やかに効率よく作っていく。
そしてテスト飛行開始!
スペースアラート宇宙には危険がいっぱいです(笑
見たこともない隕石やらが向かってきます。
ここからは全員がセットしたカードをオープンにしながら、決められた時間内に交渉してカードを交換したりします。
敵の速度は速くなったりするので、油断しているとあっという間に宇宙船が沈みます。
交渉やカード並べの時間など、すべてCDで指示してくるので、CDが何を言ってるのかわからない私は、ひたすらおのさん頼り(苦笑
(日本語版が限定数発売になったので、現在は音声も日本語版で楽しめます)


「隕石がきた!」

「誰かA行って!」

「Bで誰か補充しないと打てない!」

「ひたすら発射ボタン押してて!」

「誰かこっち来て!」


とにかくあわただしく進んでいくんですが、段々と楽しくなってきます。
2回テスト飛行して失敗するも、慣れてきたところで最終飛行で中級くらいに挑戦。
2回の練習でコツを得たので、おのさんはエイリアンを倒すため移動。
反対側に出てきている敵は康さんにお任せ。
私はトド吉と発射と補充を合わせて、各自役割分担が出来上がる。
もうだめか!?と思ったときに、偶然トド吉と私の組み合わせがよく敵を撃破。
トド吉はミサイルを発射するも、その時にはもう敵がいなかった(笑
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・マチュピチュの王子
 Die prinzen von Machu Picchu(PD-Verlag:2008)


マチュピチュの王子

インカを繁栄させるゲームです。
条件があって、それをクリアできないとスペインに侵略されるという。
シャツ型のコマが気になっていたのをおのさん宅でプレイできることになりました。
おのさん・康さん・トド吉・私の4人でプレイ。

ボードがかなり大きいです。
うちのテーブルだとボード広げたらそれでいっぱいになるほど。
箱も大きいですが、厚さは薄いです(笑
このゲームの金銭的な金額はすべてとうもろしです。食料は大切ですからねw

マチュピチュの王子ゲームは大きなボードに細かく書かれているアクションを選択し、実行していくだけです。
まず、各エリアに自分のコマを配置します。
私は序盤でこれを怠り、ひたすら動き回り材料を集めていたので、中盤で布と壷が異様に多いけれど、必要なアクション(神官カードなど)を取れない状況に。
市場で多めに持っている物は売ってしまえるけれど、あまり売ってしまっても動きがとれなります。
又、他の人が売ってくれないと価格も高騰しているので、本当に欲しい物に手が出せない状況に(笑
トド吉が神官タイルを取り出し、私はといえば手元に持っているカードに神官がプラス点と書いてあったので、慌てて追いかける状態に。
この神官タイルを持って貢物すれば伝令が走り、とうもろこしやカードが貰えます。
他に何もすることがなければ、素直に月チップを取って撤退するのも手です。
とうもろこしがもらえる他に、物資がもらえます。
ただし、これが3つ取られると1日が終わります。

全員がひたすら点数をとりにいったので、なかなか1日が終わらない状況に。
早く1日が終わってしまえば、貢物が間に合わなくてスペインに占領されてしまうので、できることはやらなければならない。
中盤以降、ずっと体力を温存してきたおのさんが、一気に巫女タイルを取りにいく。
上手に捧げれば伝令がひたすら走り、おのさんとトド吉の伝令だけがやたらと走り回る状況に(笑
私は山になった布と壷が安くて売りにも出せず、とりあえず神官カードを狙いに行くも時すでに遅し。
ものすごい重そうなゲームを想像していたんですが、シンプルであっさり風のゲームです。
ただし、ちゃんと効果的な手順を発見しないと、脱落してしまう可能性も(笑
無駄にコマを置くのも手だなぁと思いました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・パワーボート
 Power Boats(Cwali:2008)


パワーボート


Cwaliの今年の新作です。このメーカーの特徴はヘックスタイルでしょうか。
私とは割と相性が悪かったりします。
それでも買ってプレイするんですが(苦笑

プレイヤー全員が一列になってスタートに並びます。
レースは1から3までのブイを通って、最終的にゴールを目指します。
ボートが進むのはダイス。しかも3面ダイス?三角なんです。
「こういうのギャロップロイヤルで見た!」と言ったら、「あれは4面でしょ?」といわれました。
スタート時は持っているダイスは1個です。
次の手番でダイスを1個増やすことも減らすことも出来ます。
船は60°まで動かせるので、それをちゃんとやらないと想像していない方向へ行って、岩場に激突してしまいます。

レースは3回。2回目になると得点が倍になり、3回目になると3倍です。
なので、逆転のチャンスが出来るのです。
第1レースは、もたもたしてるうちに周回遅れぐらいの差をつけられビリw
第2レースでは、トド吉が派手に乗り上げリタイヤしたので、のんびり2位。
第3レースは堂々たる1位でゴールするも、侍との点差があって総合2位で終わりました。
今までのCwaliのゲームから考えると、これは盛り上がれるゲームです。
ただ、あまりに単純なので、戦略とか考える人には不向き。
ノリと勢いで楽しんだ者勝ちです。
珍しくCwaliを楽しめました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ