ふうかのボードゲーム日記

3

・ロイヤルターフ
  Royal Turf(alea:2001)


ロイヤルターフ


競馬ゲーム。有名なゲームなので名前だけは知っていた。
4人でプレイ。
最初に言われたのが「このゲームは、はじめての人は勝てないです」。
まぁ、他の人はかなりやってるみたいだから、そりゃそうだろうけど。
そう思ったけれど、まさかここまで!?という展開だとは思わず・・・

第1レース。
それぞれ、どの馬を勝たせたいか賭ける。
このレース3着まではお金が入るけど、ビリだとお金をとられる。
それぞれの馬の性能が書かれてるけど、いまいちピントこない。
何となくで賭けるも、なんと第1レースは1円ももらえなかった。
私だけ0円スタート。

第2レース。
今度は他の人が賭けてる馬に便乗してみる。
だいぶわかってきたのと、良さそうな馬は邪魔されやすい。
けれど、1レース目で0円だったのが痛すぎる。

運命の最終レース。
どの馬も同じような早さで進んでいくも、ここまでトップの侍と哲が賭けている馬を脱落させたいところ。
私が賭けている馬はまっしぐらに進んでいく。
ここで侍が「たとえ2倍の報酬でも提督は勝てないんですね」と言う。
そうなんだよ。さすがに1レース目の0円が響いていて、たとえ1着とって2倍報酬でもみんなに追いつくので精一杯。
これ以上、他の人に離されたくないので必死。
ところが哲は、私の馬ばかり狙ってくる。
一番最初に私の馬を1歩で止められてたり。
結局、あと一歩のところでゴールできないどころか、ビリはまぬがれたけど0円配当。

ん〜・・・

なんていうか、ビリを完全にマークして叩いて勝たなきゃいけないゲームなの?
2倍の得点が入っても勝てない私より、侍とか他の人が賭けてる馬を止めるんじゃないのかなぁ?
そんなに私にお金が入るのが嫌だったのか?
やっぱり、ビリをひたすら叩くスタイルは私には合わない。
展開で仕方ないゲームだってあるけど、今回のこのゲームでは、私しか賭けてない馬が1位でも他に影響ないんだけどね。
あぁ、さらに点差を広げて勝ちたかったからか(苦笑
なんていうか、後味悪い。
ついでに言えば、初プレイで勝てないと決定してるゲームもどうかと・・・
さすがに最初にそういわれると、ルール確認のような感じで終わっちゃうから。
私の中では、色々と残念なゲームになってしまった。
もっとこう・・・「走れ〜!」みたいな展開があるのかな?と思っていた分
落胆が激しいのかも。
う〜ん・・・
あぁ・・あれだ。
本当の競馬もこんなものだから、それをリアルに再現してるだけか。
それなら仕方ない。

3

・アイスフロー
 ICE FLOW(Rudorum:2008)


アイスフロー


白熊が待つ危険な海峡を渡っていくゲーム。
渡るのは流れる氷河の上(笑
4人でプレイ。

氷タイルがよく出来ていて、ちゃんと割れてます。
もちろんきれいな面もありますが、割れている方はロープがなければ渡れません。
しかも氷タイルの上に白熊がいると、餌でつるしかないんです。
しかも白熊は決めた方向へ一直線。
例えれば、三国志大戦の呂布みたいです。

初期配置の時に、何も考えずに手前側に氷を配置したので、前半は混戦模様。
しかも熊がいて進めないと居座られると、永遠にキャンプから出れないです。
持っている食料を使って、泳ぐしかなくなるわけで。
何とか団子状態で中央付近にたどり着いても、今度は乗れる氷がなくなります。
食料はロープで魚釣りが出来るけれど、ロープがないと何も出来ない状態に。
上流から氷タイルがきても、割れてるとロープ必須。
こんな状態で、とにかく中盤までが長く感じます。
後半は全員が一斉にゴールを目指すので、我先という感じで逆につまります(笑

そんな中、トド吉が1人をゴールのキャンプに到着させる。
こうなってくると全員競争。
何とかして他の人を足止めしつつ、落ちている物資を先に拾いながらひたすら走る。
黙々とプレイしていても、ただ時間が長く感じるだけなので
「くらえ!白熊!」と盛り上がりながらプレイするのをおすすめします。
氷は流されるので、気をつけないと手元に人コマが戻ってくる状況に。
まるでナイアガラのようでした。
実際は落ちるまで氷の上にはいませんでしたが(笑

4

・ブラフ
 Bluff(Ravensburger:1993)1993年ドイツ年間ゲーム大賞


ブラフ


ダイスをいっぱい振って、嘘とはったりで勝ち続けるゲーム。
実は有名なのに未プレイだった。
早速4人でプレイ。
インストされている時、ダイスの確率を説明されるも聞き入れず(笑
確率だけじゃ語れないのがダイスの目だし。

プレイしてみると、ものすごく簡単なゲームだった。
全員でダイスを振ってカップで隠すだけ。
あとは、前の人は「5が5個!」と宣言したのを嘘か本当か見破るだけ。
とりあえずダイスを振ってみると、ダイス5個中2が4個。
これはいけるだろ!と思い、2を6個!と宣言して振りなおす。
カップの中には2のダイスが1個。
なにこれ。

その後も順当に勝ち進み、哲と一騎打ち。
トド吉と侍は早々に敗退。
負けるわけにはいかない!
お互いの持っているダイスはかなり減ってきていたけど、
振るたびに、割と★が出てくれたおかげで、余裕が出てくる。
最後は哲が「ブラフって言わないわけにはいかないでしょ」とブラフ宣言するも
見事にはずして勝利。

ものすごく手軽だし、ひたすらダイスを振るだけなので、ちょっとした時間でもプレイできていい。
ほぼ運しかないようなゲームだけど、一応ブラフを見破れるかも重要だし。
もう少し箱が小さければ、尚良し。

3

・アルケミスト
 Alchemist(Amigo:2007)


アルケミスト


鍋に材料を入れて、あやしい薬を作るゲーム。
ただし、自分の担当する材料を場から減らした人の勝利という、何とも勝ち筋が見えないゲーム。
4人でプレイ。

盤には鍋が10個描かれています。
各鍋の材料を早い者勝ちで決めて、さらにその薬を作った時にもらえる得点チップを配置。
1〜10まであるので、やっぱり早い者勝ち。
組み合わせは人それぞれ。すでに材料が決まった鍋のレシピを真似することで、得点が得られたりもします。
作った薬の鍋に合わせて、もらえる材料が決まっています。
ゲームは簡単で、場にすでに出来ているレシピを真似するか、それとも自分で新しい調合を考えるか、なんですが
最終的な得点に結びつかせるには、どうやったら自分の材料をみんなに使ってもらえて、且つ減らしてもらえるのかが重要なのかもしれない。

私は9点の鍋に材料を5個も使って、高得点を真似されないようにするも
結果的には効果なし。
自分で作ったレシピは自分でコピーできないので、自分の色を2個使って作ってみるも
そもそも自分の担当している色を間違えていたという・・・
最初にクローズで色タイルをもらった時、絵柄を確認せず「オレンジ」と勝手に勘違い。
ゲームが終わった時に自分の担当していた色をオープンにしてみたら、哲がオレンジ。
じゃ、私は!?と良く見たら、黄色でした_| ̄|○
色と一緒に絵柄も描いてあるので、絵柄で確認すればよかった。
ともあれ、人のレシピをコピーしつつ、材料を動かしていく。
最後にある程度材料を持っていないと得点がもらえない。

結果的に、オレンジが場から一番少ない形に。
そりゃそうだ・・・2人がオレンジだと思っていたんだから。
ただ、どうやれば勝てるのか良くわからないです。
ゲームは単純でさくさくプレイできるので、何度でもプレイしたくなる魅惑のゲーム。
材料が少ないレシピが効果的なのはよくわかりました(笑

3

・カルカソンヌ メイフラワー
 Carcassonne - Mayflower(Hans im Gluck:2008)


カルカソンヌメイフラワー


カルカソンヌの新しいバージョン。
拡張ではなく、これ単独でのプレイです。
こちらも木曜の会に参加した時、プレイさせていただきました。
4人でプレイ。

ゲームの進行は通常のカルカソンヌと同じです。
違うところは、スタートがタイルではなく島。
北アメリカ大陸の東岸になっていて、そこから西へ向けて大陸が広がっていきます。
タイルをめくり配置して、自分のコマを置くかどうかは同じ。
問題は探検家コマ。
スタートタイルである東海岸から、得点計算が発生するたびに進んできます。
これがなかなか曲者で、囲んで9点の教会が囲まれないうちに探検家に通過されます。


通過されてしまうと、置いてある自分のコマがなかったものに。
なので、単独で点数を稼ぎにいっても、あっという間につぶされる可能性が強いです。
逆に言えば、得点計算が発生しなければ進んでこないので、ある程度は大丈夫かな?という見通してコマを置く形に。
そうはいってもタイル運。他の人があっという間に城を作ったり、道を完成させたりすれば、当然探検家は進んできます。

草原には動物の絵が描かれていて、この動物の数に比例して得点も高くなるので
最終的に逆転の可能性がかなり強いです。
しかも草原に置かれたコマは探検家が通過しても除去されないw
最近、カルカソンヌをプレイすることがなかったので、だいぶ勘が鈍かったです。
2人でプレイするよりシビアなカルカソンヌを久しぶりに味わったというか(笑

通常のカルカソンヌといえばそれまでですが、
どちらをプレイする?と聞かれたら、こっちを選ぶと思います。

3

・乗り間違い
 Auf falscher Fahrte(Berliner Spielkarten:2001)


乗り間違い


場を予想しながら、乗り間違えずにトリックを取るか、それとも取らないか。
木曜の会でプレイさせていただく。

最近カードゲームをプレイすることが多くなってきたけれど、
まだまだ切り札とかトリックとかマストフォローがピンときません。
でもまぁ、言葉を知らなくてゲームはプレイできるので、いいかなぁと思ってます。
ゲームはシンプルで、トリックを取るだけ。
ただし、トリックには取っていい場合と取らないようにする場合があります。
それを決めるのは、プレイヤーが最初に手札から1枚仕込んだカード。
ゲーム開始時に1枚ずつ出して、クローズでシャッフルして保管。
3ラウンド目からラウンドごとに1枚ずつめくられてきます。
全員が出したカードの数字が。決められた数以上か以下かで、トリックを取るか取らないか決まります。
自分は大きな数字を仕込んでも、他の人が必ずしも大きい数字とは限らないので
そのあたりが面白いところ。

最初、勘がつかめなくて0のカードを仕込んだけれど
よく手札を見たら切り札の大きい数字が残ってしまっている。
5ラウンド目が終わった時点で、トリックを取っらないようにすることになっても
時すでに遅し。
すでに乗り間違ってしまいました(笑
上位の人から点数をもらえるので、最終的には得点の高い人が勝利です。
どこでトリックを取りにいくか、カードを上手く使って取らないようにするか、結構迷います。
取らずにいて、トリックを多く取った人が勝利することになると、
それから集めても追いつかない場合もあったり。
あまりにも面白かったので、早速売っているところを探して購入。

先日、シヴさんとトド吉にもプレイしてもらいました。
ジョーカーを使うルールでプレイしましたが、みんな気に入ったようです。
プレイ人数が4人までと少な目ですが、ちょっとした時間でもプレイできる面白カードゲームです。

このページのトップヘ