ふうかのボードゲーム日記

3

・マチュピチュの王子
 Die prinzen von Machu Picchu(PD-Verlag:2008)


マチュピチュの王子

インカを繁栄させるゲームです。
条件があって、それをクリアできないとスペインに侵略されるという。
シャツ型のコマが気になっていたのをおのさん宅でプレイできることになりました。
おのさん・康さん・トド吉・私の4人でプレイ。

ボードがかなり大きいです。
うちのテーブルだとボード広げたらそれでいっぱいになるほど。
箱も大きいですが、厚さは薄いです(笑
このゲームの金銭的な金額はすべてとうもろしです。食料は大切ですからねw

マチュピチュの王子ゲームは大きなボードに細かく書かれているアクションを選択し、実行していくだけです。
まず、各エリアに自分のコマを配置します。
私は序盤でこれを怠り、ひたすら動き回り材料を集めていたので、中盤で布と壷が異様に多いけれど、必要なアクション(神官カードなど)を取れない状況に。
市場で多めに持っている物は売ってしまえるけれど、あまり売ってしまっても動きがとれなります。
又、他の人が売ってくれないと価格も高騰しているので、本当に欲しい物に手が出せない状況に(笑
トド吉が神官タイルを取り出し、私はといえば手元に持っているカードに神官がプラス点と書いてあったので、慌てて追いかける状態に。
この神官タイルを持って貢物すれば伝令が走り、とうもろこしやカードが貰えます。
他に何もすることがなければ、素直に月チップを取って撤退するのも手です。
とうもろこしがもらえる他に、物資がもらえます。
ただし、これが3つ取られると1日が終わります。

全員がひたすら点数をとりにいったので、なかなか1日が終わらない状況に。
早く1日が終わってしまえば、貢物が間に合わなくてスペインに占領されてしまうので、できることはやらなければならない。
中盤以降、ずっと体力を温存してきたおのさんが、一気に巫女タイルを取りにいく。
上手に捧げれば伝令がひたすら走り、おのさんとトド吉の伝令だけがやたらと走り回る状況に(笑
私は山になった布と壷が安くて売りにも出せず、とりあえず神官カードを狙いに行くも時すでに遅し。
ものすごい重そうなゲームを想像していたんですが、シンプルであっさり風のゲームです。
ただし、ちゃんと効果的な手順を発見しないと、脱落してしまう可能性も(笑
無駄にコマを置くのも手だなぁと思いました。

3

・パワーボート
 Power Boats(Cwali:2008)


パワーボート


Cwaliの今年の新作です。このメーカーの特徴はヘックスタイルでしょうか。
私とは割と相性が悪かったりします。
それでも買ってプレイするんですが(苦笑

プレイヤー全員が一列になってスタートに並びます。
レースは1から3までのブイを通って、最終的にゴールを目指します。
ボートが進むのはダイス。しかも3面ダイス?三角なんです。
「こういうのギャロップロイヤルで見た!」と言ったら、「あれは4面でしょ?」といわれました。
スタート時は持っているダイスは1個です。
次の手番でダイスを1個増やすことも減らすことも出来ます。
船は60°まで動かせるので、それをちゃんとやらないと想像していない方向へ行って、岩場に激突してしまいます。

レースは3回。2回目になると得点が倍になり、3回目になると3倍です。
なので、逆転のチャンスが出来るのです。
第1レースは、もたもたしてるうちに周回遅れぐらいの差をつけられビリw
第2レースでは、トド吉が派手に乗り上げリタイヤしたので、のんびり2位。
第3レースは堂々たる1位でゴールするも、侍との点差があって総合2位で終わりました。
今までのCwaliのゲームから考えると、これは盛り上がれるゲームです。
ただ、あまりに単純なので、戦略とか考える人には不向き。
ノリと勢いで楽しんだ者勝ちです。
珍しくCwaliを楽しめました。

3

・ネフェルティティ
 Nefertiti(Matagot:2008)


ネフェルティティ


独特の雰囲気があるボードやカード。
ずっと気になっていたんですが、3人〜のゲームはどうしても稼働率が低く・・・
自宅ゲーム会でようやくプレイとなりました。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

ひたすら市場で宝飾品を買いあさっていき、高得点を目指すゲームです。
ただし、お金が厳しいです。
ゲーム開始時に開かれている市場は3ヶ所。各自手番ではコマを置いていきます。
このコマを置くときに、どこへ置くかが重要です。
マスに書いてある数字分、代金を支払わなければならないからです。
市場には閉鎖条件があり、条件を満たすと即座に閉鎖され処理を行います。
ネフェルティティ一番高額な入札をした人は、一番上のマーカーがのっているカードを1枚購入するか、下の段2枚を購入するか選べます。
このマーカーは、特殊カード(色々な職業)と交換することができるし、使わずに持っていれば最終得点計算の時に3ポイント分のポイントになります。
宝飾品は同じ物を持っている人数によって、ポイントが変わります。
もちろん、独り占めすれば1人だけ点数を得ることが出来ますが、たいてい邪魔されます(笑
1番目の人が処理を終えたら、2番目に高額で入札していた人の処理になります。
この時、宝飾品を買うか市場にあるお金を半分もらって(端数切り上げ)帰るが出来ます。
お金が本当に苦しくなって、1番目の人が高額入札していたら、お金をもらうのも有効な手段だと思います。
実際、1人がお金を握ると他の人にお金がいきわたらなくなります。
市場が閉鎖されると、今まで閉鎖されていた市場が開きます。
最後の終了カードが出てきたら、手番をやってゲーム終了。
ゲームはシンプルですが、かなり悩ましいです。
特にマーカーと交換できる職業が強力です。
侍が1人だけ先に宝飾品を得点にかえてましたが、最後までかなり影響がありました。
他の人が宝飾品を持っていない段階で、高値の宝飾品をポイントにかえられると入ってくる点数が違います。
私は先着順でかいそびれたので、盗賊をとりました。
閉鎖した市場からマーカーがのったまま売れ残った宝飾品を盗めました。
どのタイミングで特殊カードを取りに行くかも重要です。
結局最後まで侍の独走を止めることは出来ず、珍しく侍の勝利(笑
インストにかけた時間とプレイした時間が、そんなに変わらないというさっくりゲームです。
ボードやカードに雰囲気が出ていて、かなり気に入りましたw

3

・お花畑
 Bloom(QWG:2008)


お花畑


きれいなお花畑を作り、花束にして売って稼ぐゲームです。
イラストがきれいなのが印象的。女性向け?
でもゲームは割とシビアでした。
自宅ゲーム会で3人プレイ。

各自自分の色の花を決めて、同じ形のお花畑タイルを持ちスタート。
置き方は空中庭園方式です。
重ねた時に下敷きになった花の分だけ、花チップをもらいます。
この花チップを集めて花束にして売りに出すわけです。
ただし、持てる上限が決まっているので、時には強制的に売らなければならない場合も。
全員同じ形とはいえ、どの程度でつぶして、どの程度自分を広げるかが重要です。
自分の花畑の数が10になった時に、花畑を守ってくれるペットが置けます。
次に15になった時、噴水を置けるようになります。
噴水は最終的な得点計算の時に、噴水が置いてある敷地内の芝生タイル1個につき0.5の得点がもらえるのです。
ただし、常に15を意識しなければ、15を切ったら撤去です。
花束は1色売りをするなら、他のプレイヤーの色も欲しいところです。
金額が違いますw

そうやって稼いでいき、最後に再び収入があります。
プレイヤーの中で一番大きなお花畑を作った人(全部辺で接していること)に、大花束の分収入が入ります。
大花束というのは全色セットの花束。
今回は3人プレイだったので3金です。5人だと5金です。
それに新鮮ボーナスも入ります。花は鮮度が命。
ゲームの終了フラグは、誰かが最後のお花畑タイルを使ったら、そこから1周して終了。
意外とあっさり終わります。
空中庭園の広げ方にカルカソンヌの草原得点計算を足して2で割ったような感じです。(微妙なニュアンス)
お花畑タイルの置き方が決まっている以上、考えても仕方ないような気もします。
とにかく絵がきれいで手軽なので、経験の少ない女性向けという感じです。
でも噴水やペットの得点計算が、同じようなゲームをプレイしていないと分かり難いかも知れません。

3

・ゴーストストーリー
 Ghost Stories(REPOS:2008)


ゴーストストーリー

最近話題の協力型悪霊退治ゲーム。
こういうのは電源有りゲームの専門分野かな?と思っていたけど
実際にダイスを振ったり、会話したりしてプレイしているのが楽しいと思えるようにw
おのさん宅で4人プレイ。

初期でプレイヤーカラーを選ぶけれど、それぞれ特殊能力が違います。
私はいつも黄色なので何も考えずに黄色を選んだら、かなり特殊能力が強い。
一番ぱっとしない赤色は康さんが担当することに(笑

ゴーストストーリー手番では必ず悪霊カードをめくります。
カードはランダムなので、何が出てくるかはわかりません。
ただし、ボスだけは最後の10枚くらいのところにいます(うろ覚え)。
出た悪霊の色に合わせて、対応する場所に置きます。
ただし、自分が受け持てるのは3匹の悪霊のみ。
3枚ともカードが置かれていて置けない状態だと、カードを引かずに気が減ります。
この気がなくなると、ゲームから脱落(死亡)なので要注意。

悪霊にも種類があって、村へ向かって侵攻していく種類の悪霊がいます。
これが速い!
3歩目には村が汚染されます。
次の自分の手番で1歩前進するので、それまでに何とかしたいところです。
村がやられても復活できる特殊タイルがあるんですが、そもそもその列に悪霊がいると、かなりつらいです。
敗北条件として、4つ目の村がやられたら即終了なので全員必死です。
余談ですが、ちゃんと頭に札が貼ってありました。
霊幻道士とかあのあたりの映画を思い出しました(笑
この悪霊が一番弱いタイプとはいえ、かなりつらいです。
ゲーム終了後、強いボスを見ましたが、どうやったら勝てるんだ!?というぐらい強いです。
9つの村にはそれぞれ特殊能力があります。
気を復活させてくれたり、必殺の金の仏像があったりします。
とにかく常に相談です。
康さんの赤は特殊能力でコマを動かせるので、トド吉のコマを一旦中央に戻してもらったり、私の黄色は悪霊の生命力(強さ)を1にしてくれるので、それを使ったりと忙しいです。
でも戦闘は結局ダイス判定なんですけどね。
ここで素晴らしいダイス運を見せた康さん。
逆の意味で素晴らしいダイス運を見せたおのさん(笑
何とかもうだめか?という度に、康隊長の指示であっちへ行ったりこっちへ行ったり。
さすがに気が1つになると困ります。
そういう時に復活の村がすでに悪霊にとりつかれていたりします。
協力型なのに、ゲームはものすごく濃いです。
のんびりしている暇がないからです。
最後の最後でトド吉がためこんでいたチップを使いボスを倒しましたが、かなりきつい設定になっています。

これで初級なんです。
このほかの条件を聞いてみたら、かなり厳しい。
本当にクリアできるのだろうかと思います。
なれたメンバーでならクリアできるのかも知れませんが、スペースアラートと同じで、同じメンバー(同じ熟練度のメンバー)で複数回プレイするのが望ましいのかも知れません。
苦しいけれど、クリアした時の達成感はすごいです(笑

4

・ボス キート
 Boss Kito(QWG:2008)


Boss Kito


プレイヤーは動物園にあるゴリラ島のゴリラです。
ボスにバナナをあげて恩恵もらうのが目的です(笑
ものすごい手軽なカードゲームです。
トド吉・侍と3人プレイ。

1ラウンドあたり4回のアクションを行います。アクションは、
・カードを出す
・カードを引く
・チップを置く
・チップを補充する
・手札を取り替える
このうちのどれか1つだけです。
これが意外と熱い。
貰える恩恵カードには数字が書いてあって、同じ数字のカードを持っている全プレイヤーの中で一番枚数を持っていた人が点数をもらえるのです。
なので、6を集めていたら6を持っているボスにバナナをあげたい。
でも取らせたくないほかのプレイヤーがそれを邪魔をする。
どっちでもいいや、と誰もバナナをあげてないボスをこっそり取りに行く、など
絵とは違って意外と心理戦でした。

とにかく1ラウンドに4手番しかないので、がんばっても4種類を1枚ずつしか出せない。
他の人とかぶってしまえば、バナナチップをのせたり、更にカードを上乗せしたりしなきゃいけないので、そう簡単に色々な種類は集められないのです。
途中で侍が

「あー!もうだめだ!」

と言いつつ、手札を全部交換するのに出してきたカードは、全部緑色でした(笑
侍が欲しいのは「6」や「8」のカードで、それは緑のボスではないので邪魔なだけ。
終わってみると、高い数字のカードをコンスタントに集めたトド吉の勝利。
「あー!もう!」の侍は、なんと9点(笑
カードの絵柄とモチーフは可愛いのに、かなり厳しいカードの取り合いになります。
短いプレイ時間でそこそこ悩めて、カードの絵柄(バナナビールとか)が可愛いので気に入りましたw

このページのトップヘ