ふうかのボードゲーム日記

今年もやります『ぶうねん会』→【告知】ぶうねん会再び!
今年のエッセン日記まとめリンクです→ SPIEL 2017 エッセン日記まとめ

2

・コロリンナイト
 Rumpel-Ritter(HABA:2004)


コロリンナイト

勇気ある騎士となって王様からメダルをもらうんだ!
という子供用ゲームw

ゲームは簡単。
ダイスを振る。
出た目の分、騎士を塔の中に送り込む。
これを続けていって、ダイスで扉の目が出たら、
運命の板をぬきます。
すると、一斉に塔の中から騎士が出てきて、
運が悪い騎士から、庭の落とし穴に落ちます。
これ、ゲームから除外(笑

ちなみに「自由宣言」があって、塔の中に誰もいないなぁ〜と思ったら
宣言できるのです。
もし、本当に誰もいなかったら、捕虜になった自分の騎士が戻ってきます。

繰り返していって、ダイスで出た目の数、騎士を投入できない人が出たら終了。
はたして金貨は何個あつめた!?

3

・イヌイット(イグルー・ポップ)
 Iglu Pop(Zoch:2003)


イヌイット

イグルーの中身は何個か当てるゲーム。
スタートと同時に、しゃかしゃか音を出して
中に入っているコマの数を予想。

「8個だ!」

と思ったら、8を示すカードの上におきます。
その時に、自分のチップを必ずおきます。
当たるとカードをもらえます。
これを繰り返していって、カードが場に9枚出なくなったら終了。
なぜか最後にトド吉がすごいのを見せてくれました。

大人がしゃかしゃか必死にやっている姿は
なかなか見れませんよ?
しかも音を判断しようとして、目が真剣状態ですからww
たったこれだけなのに、遊んでる間は楽しくて仕方がありませんでした。


4

・カタンカードゲーム
 Die siedler von Catan das Kartenspiele(Kosmos:1997)


カタンカードゲーム

2人用のカタンです。
システムは通常のカタンと同じ。
カードだけに引き運が重要。

カタンをプレイした人なら、簡単に説明できると思います。
各プレートにはダイスの目と個数が明記してあるので
やっぱり引き運だなぁ・・・
通常、道を作りその上下に物資カード。
もちろん村もできるけど、物資がないと出来ない。

物資は産出されても別カードはないので、
プレイ用のカードを回して表示させるようになってます。

これ、おもしろいです。
カタンが好きなら手軽でいいかも。
もちろん、私がダントツで勝ちました(爆

3

・バケツくずし2
 Alles im Eimer(kosmos:2006)


バケツくずし2

バケツくずし(Kosmos:2002)のリメイク。
牛さんの絵がリアルなのに可愛らしくなってます(ぇ

これは・・・相手のバケツが吹き飛ぶまでカードを出し続けるゲーム(違
いや、逆に自分のバケツが崩されてもつらい。
ということで、トド吉とプレイ。

最初は引きがよかったのか、自分の重要な色とトド吉への攻撃可能カードが
どんどん集まってくるw

ところが終盤になって、バケツの数がさみしくなってきた頃、
今度は自分のバケツを守りたいのにカードがない!!

ぎゃふん

結局、バケツ数個差で負けました。
う〜ん。カード運なかったなぁ・・・

4

・ヘリホッパー
 Heli Hopper(Drei Magier:2007)


ヘリホッパー

双六です。
ただし、ダイスを振るんじゃなく

ヘリを飛ばして進むすごろく。

このヘリが曲者で、飛ばないんですよ。
いや、もう何回も練習したんですよ。
練習は上手くいくんですよ。
なのに・・・なのに・・・・

ぎゃぁ

というマスに着地したり、盤外に出ちゃったり。
進まない・・・

でも途中からはコツを得たので
一気にトド吉を引き離してゴール!

いや〜必死になりますよ、これ(笑
こういうのは子供の方が上手なのかなぁ?

3

・ヨーロッパツアー
 Europa Reise(Ravensburger:2007)


ヨーロッパツアー

ヨーロッパの都市を回るゲーム。
エクスペディションとは違うゲームです。
まず移動するには、車・飛行機・船・電車があります。
もちろん、電車しか通れない道もあるし、飛行機じゃなきゃ行けない都市もあります。
でも移動チップはランダム。
必要なのは「念」。

車が欲しい!車〜!

と念じれば、きっと手に入るはず(笑
行き先は常に6枚オープンになっているカードと
最初に配られた手札のカード。
ヨーロッパを回りながら、6色のカードを集めなければいけないので
割と必死(笑
注目すべきはカード。
その都市の説明が詳しく書かれています。

が!

ドイツ語なので、日本語訳が必須です(爆
いや、読める人はいいけど、私は英語すら無理www

船はくさりです。お風呂の栓についているようなあれ。
あれで島をよけながら届く範囲なら移動可能。
飛行機なんて、棒ですよ、棒。
でもねぇ・・・ぎりぎり届かない時ってあるんですよ。

なるべく相手に有利なように考えなきゃいけないし。
のんびり観光とはいかないようです。

3

・くまさん力持ち
 Baren Stark(Goldsieber:2002)


くまさん力持ち

子供用のゲームです。
くまさんはおばかさんなので、いっぱいはちみちを持ちたいらしいです(笑
花畑の周りをぐるぐる歩いて集めます。

まず、くまさんに使うトレイは2種類あります。
丸いのと四角。
とりあえず最初は四角でプレイ。

ダイスを振る。
出た色のコマをくまさんの上にのせる。
数字ダイスの出た目分、花畑プレートを歩かせる。
最初はいいんですよ。
荷物も少ないし、3歩だろうが。

後半になってくると、つらい(笑

揺れてる!揺れてる!

などと大騒ぎw
落とした人はお花畑プレートを持つんですが、
結局侍が2枚所持したので、終了。

そして、プレートを丸い方にして2回戦。
結局、侍がまたしても自爆。
彼は人に意地悪をするため、わざとずらしてのせるんですが
結局、誰も崩さず自分に戻ってきて倒すという展開。
ぷくくくw

このページのトップヘ