ふうかのボードゲーム日記

3

・ザーガランド
 Sagaland(Ravensburger:1981)1982年ドイツ年間ゲーム大賞


ザーガランド

ボードゲームに目覚めて、よく行くびっくかめらで発見。
日本語版だったので、早速購入。
簡単なゲーム。でもブラフ(笑

いっぱい生えている木には色々な物語の絵があるのです。
王様がこれじゃ!と言ったら(表示されたら)、それがどこにあるのか探し出し、王様にこっそり伝えるのです。
でもね、見てすぐ戻ると相手にばれるので
しっかり覚えておいて、道々色々な木を見て覚えておくと
相手にばれにくいし、次の物語はこれ!といわれた時に
早く王様に伝えることができる!

ちなみにダイスがぞろ目だと、城の入口までワープできます。
そこはもう気合で。

「ぞろ目こぉぉぉぃ!」

はい、やりました。
記憶力と嘘つき力が試されるゲーム(違

4

・ワードバスケット(蟇焚書店/メビウスゲームズ)

ワードバスケット

言葉をつなげるしりとりです。
最初はいいんです。普通だから。
でも、そのうち5文字以上とかあやしげなカードが出てくると

「ごきぶりこ」

とか怪しい言葉が頭の中をよぎるんです(笑
好きな漫画とかからキャラ名を出しても
誰もわかってくれなかったり・・・

やっぱり言葉を知ってる人が強いです、これ。
3人でプレイしましたが、最初はいいところまでいくんですけどねぇ。
難しいなぁ・・・日本語。


3

・三国志演義(エポック)

三国志演義

三国志で誰が好き?と聞かれたら、
間違いなく孔明と答えます。
銀英伝で誰が好き?と聞かれ、ロイエンタールと答えるのと同じ(違

とにかく説明されてもよくわからないけど、
領土を広げるということはわかった。
敵国とは戦争だから、強い武将をわが国へ!

ということで、登用。
フリーで選べるということで、ものすごい数ある武将コマをがさがさ。
これだ!

「孔明キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !」

愛ですよ、愛。
続いて、がさがさ・・・・

「張遼キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !

ひゃっひゃっひゃ。
このあたりで笑いが止まらない。
そして・・・

「ホウトウキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !」

もう最強。
ありえないこの引きの強さ。
逆にやる気をなくしてるトド吉。

結局最後までプレイはしませんでした。
時間もないので、さわりだけ。

ちなみに、ある程度行軍して、再雇用の時にひいたのは

張飛でした(照

そこで、トド吉は・・・_| ̄|○

また時間作ってプレイしたいです。

3

・ドラゴンクエストダンジョン(立体ジオラマ冒険ゲーム)
 Dragon Quest Dungeon(Enix:1990)


ドラゴンクエストダンジョン

ある意味、新鮮でした。
中央に仕切りがあり、相手のダンジョンが見えない。
私も相手に見られないようにダンジョンを作る。
宝箱もモンスターも配置しますよ〜。

そして、冒険スタート。
手に持ったシートに、

「前に2歩」

とか言いながら、コマを進めてもらいます。

相手に。相手の作ったダンジョンを。

そして、行き止まりとか、モンスターとかをシートに記入していき
天空の装備を見つけなきゃいけないのです。
なぜなら、ラスボスがいるのです。

もうね、見たいのに見れないダンジョンが目の前に・・・
ニンジンがとれそうでとれない馬な気分(違

4

・モノポリージャパン
 Monopoly Japan(ハズブロ)


モノポリージャパン

モノポリーの日本版です。
これを2人プレイしたんですがね・・・
何回やっても「梅田」と「銀座」を私が買うんですよ。
もう借金しても追いつかず、破産。
さすがに、3回目になるといやになってきたので

「もう梅田も銀座もいらないよ〜〜〜」

と泣き言を。
そこで2人なのでということで、最初に持つ金額を増額。
今度は梅田だろうが、銀座だろうが、どんと来いww

ひたすらぐるぐる回るわけですが
人の土地には入りたくないですな。
トド吉は鉄道が大好きなので、高値で売りつけたり(笑

最初の金額さえ気をつければ楽しいゲームですw

3

・モノポリーエクスプレス
 Monopoly express(Tomy Direct:)


モノポリーエクスプレス

モノポリーという名前は知っていた私に、某玩具売り場で処分品となっていたこれ。
ダイス振ればいいんだから、出来るはず!で即購入。

ルールは簡単。
ダイスを振る

同じ額面がでたら、それを確保する。
ちなみに500ならダイス2個で家立ちます。
ちゃんと牢獄の絵もあります。
3回出たらバースト(笑

そんなんでむきになってダイスを振るんですが
ついつい熱くなりすぎて、

家建てる→バースト

のコンボが出来上がる。
少しずつ稼いだ方が有利。
ちなみに鉄道・水道・電気もあります。

騒ぎたい時にはピッタリw
そして、ちゃんと収納できるので、持ち運びにも便利w

3

・モンスターメーカー(翔企画)

モンスターメーカー

記念すべき、私のボードゲームデビュー作。
ここからボードゲームにはまったのです。

「カードゲームやってみない?」

この一言ですよ。
そして、あっという間にトド吉に洗脳され、
今じゃトド吉よりドイツゲームには詳しくなってきた・・・

話がそれた。

有名な国産のカードゲーム。
モンスターメーカーは他にもファミコンとか色々あるので
知ってる人も多いはず!

ひたすら洞窟を進んでいくゲームです。
途中、モンスターが現れると、自分のカードを使って退治する。
そして、モンスターを出して相手を邪魔する。
宝なんかもとれたり。

ゲームはシンプルなんです。
だからこそ、導入にはいいと思います。はい。

このページのトップヘ