ふうかのボードゲーム日記

3

・スチールドライバー
 Steel Driver(Treefrog:2008)


スチール・ドライバー

ワレス三部作最後の1つをようやくプレイすることになりました。
合宿にて、トド吉・哲・侍・私の4人でプレイ。

株を買い線路を引き、お金を稼いでいくゲームです。
ゲームはシンプルで、各会社の株を順番に競り、手持ちのキューブで支払いをする。
そのキューブ(値段)がそのまま会社の線路を引く材料となるので
値付けの時点で自分がどのぐらいの線路を引くかを考えつつ根付けしないと、何も出来ずに会社の株だけ競り落として終わる危険性あり(笑
毎回違う会社の株を買える可能性があるので、得点を取りやすい線路の引き方をすると、どうしても高騰しやすい。
でもそこまで難しく考えなくても楽しめるゲームでした。

最初のラウンドで、なぜか全員普段の自分の色の会社を取りにいってしまう(笑
スタート位置はマークで決められている中、黒い会社のみが西側で他はすべて東側スタートという混雑ぶりに。
しかも黄色と青が近い位置でのスタートになってしまい、青が先行き不安な状況に。
次のラウンドからが本番。
私は誰も欲しがらない会社を安く競り落とし線路をあまりのばさず、次のラウンドへの軍資金としてキューブを残す。
誰が社長になるか競りになるまでわからないので、お互いにどのルートをどう通すかというやり取りが多かったです。
青も何とか下に抜けることが出来、ここで浮上してきた問題が赤が爆走していること。
赤い会社は常に高値で侍が所持していたので、何とか邪魔しようとするもすでに抜けた後だったためとめられず。
最後のラウンドでは、出来るだけ赤い会社より前に来るように全員が調整。
先にキューブをとってしまおう作戦に。
私は3社の社長だったので、赤い会社を包囲し、先に主要な色のキューブを取ってしまう。
それでものびていた分のキューブで大量の金額が赤い会社に流れ、侍の堂々たる勝利に。

思っていたより軽めのゲームでした。
いやがらせをすれば自分にも影響があるとはいえ、線路の引き方と競り落とし次第で展開が変わるので、悶々とするゲームです。

4

・ポイズン
 Poison(Playroom/Amigo:2005)


ポイズン

重めのゲームの後は軽めのカードゲームで。
合宿で4人プレイ。プレイしたのはAmigo版の方です。

カードを1枚ずつ出して行き、数字に注意しつつカードを取らないようにする手軽なゲームです。
でも同じ色だけを上手くとることが出来て最多になれば、とっても安心。
ただし、毒にはご用心。
ケチャップは一定の数に達した時取れるカードがそのまま得点でしたが
このポイズンは取ったカードがそのままマイナス。
出来るだけ取らないようにしつつ、毒を仕込んでいきます。

序盤に侍が無傷で通過したことにより、次のラウンドから標的に(笑
少しずつ数字を増やしつつ、毒を仕込み、侍の番では全部の色が13という素晴らしい連携プレイに。
そこで侍が方向転換し、赤だけ自分が取る作戦に移行することに。
哲が終始毒を仕込み続けたおかげで、私も毒をもらうことになりましたがw
しかも、自分で毒を仕込んでおいて、誰もバーストせずに自分のところに返って来ることが多くてどうにもならず。

結局、序盤で無傷だった侍が逃げ切り勝利。
毒を仕込み続けた哲と私が仲良くビリ(笑
今回の合宿では軽めのゲームも多めに持っていったので、重いゲームの中休みにはぴったりでした。

4

・ブリキ工の小径(ティナーズトレイル)
 Tinners' Trail(Treefrog:2008)


ブリキ工の小径

侍からプレイしたいとのリクエストで合宿に持参。
この日、後にスチールドライバーをプレイしたので、ようやくワレスのエッセン限定ゲームを全クリアできました。
トド吉・侍・哲・私の4人でプレイ。

プレイヤーが変わるとプレイ内容も変わるもので、今回は哲が面白い土地取り作戦を実行していました。
確かに土地がなくなったら、採掘が出来なくなります。
これによって、全員が土地に殺到。
未開の土地でもあっという間に売れる状況に。
私はとりあえず土地を2つ確保。ここで高騰している物資を売って得点を稼ぐ作戦に。
最初のラウンドでそこそこ得点を買っておかないと、後からでは遅いというのを前回知ったので、一応初プレイの侍と哲にも助言はしました。
哲は採掘をほぼしないで、次のラウンドも土地取りに。
そのおかげ(?)で未所有の土地が2ラウンド目にはなくなるという展開に(笑
私ももう1つ何とか土地を得ることが出来ました。
問題は水。
周辺土地を見渡しても、どこも水が多めだったので、汽車を使い水を除去。
後からトド吉がお礼に、とトンネルを掘ってくれました(笑

3ラウンド目で、しっかり計画していたにも関わらず、自分の採掘所コマが邪魔をしてくれて、物資が1個残ってしまう展開に。
角度によってはまったく見えなくなるんですね・・・
そして、隣りの土地でも同じことをやってしまう。
バイトで6金を稼ぎ採掘する予定が、「もしかして、そっちも水2個以上あったりする?」と聞いてみたら、反対側の哲から「もう1個あるよ」という発言が。
バイト必要なかったんです。さっさとパスをすればよかった・・・
それでも出来る限り物資を売りさばき、何とか得点を買うことに成功。

最終4ラウンド目で、まさかの物資下落。
しかも両方とも最低値まで落ち込むという展開に(笑
最後なので掘れるだけ堀り、売ったお金で得点を買い終了。
ダントツでトップになりましたが・・・
3ラウンド目のミスがなければ、あと10点は取れていたのに・・・と自分に悔しさが残りました。



image967

・ブリキ工の小径(ティナーズトレイル)
 Tinners' Trail(Treefrog:2008)


ブリキ工の小径


今年のエッセンで1500部限定で販売されたワレス三部作の1つ。
同じ三部作だと「洪水の後で(アフター・ザ・フラッド)」を先日プレイしました。
残るは「スチールドライバー」だけど、この日は時間の関係でプレイすることが出来ませんでした。次回こそは!w
おのさん宅で、おのさん・康さん・トド吉・私の4人でプレイ。

舞台はイギリスです。
プレイヤーはブリキと銅を採掘して売り、勝利点を買っていくゲームです。
勝利点はラウンド毎にコストが違ってきます。
ゲームは4ラウンド。1ラウンドは10日間です。
まず最初は自分の採掘所建設から。初期配置ですでにブリキ・銅・水が置いてある地域とまったく未開の土地があります。
初期で配置されているものはゲームのはじめにダイスを振って数が決まります。
これと同時にブリキと銅の相場もダイスで決まります(こちらは毎ラウンドダイスで決定)。
採掘所は競りで決まります。
採掘所が出来たら今度は採掘です。
アクションを選ぶ際、常に10日間のうち一番日数の消費が少ない人から選べます。
船やポンプ、人員など種類によってかかる日数が違います。
これを上手く利用すれば、1人だけアクションが多めに出来る環境が生まれます。
ブリキ・銅・水一度採掘すると必ず水が出てきます。なので、採掘は出来るだけ一気にやってしまいたい。
水が出ている場合、水1個につき1金多くコストがかかります。
水がまったくない状態でコストがかからないことになっています。
最初から水が出ている場合や途中で水が出てきた場合は、ポンプや船、鉄道を使うことによって水を排除できます。
また、トンネルを掘ると水がなくなり更に物資が出てきますが、隣り近所の土地でも同じ現象になるので、出来れば同じプレイヤーが連続した土地を持っていたいところです。
ただ、掘ってしまえば物資は出てこないので、同時にいくつか採掘所を持っていないと、また一から採掘所を建てていると追いつきません。
基本的な流れはこれだけで、いかにブリキと銅を安く掘って高く売るかが重要です。

第1ラウンドで、大量の採掘をした康さんとトド吉が並んで40金だし勝利点を購入。
私とおのさんは採掘が上手くいかず、それぞれ15金・20金しか使えませんでした。
勝利点は同じ40金でもラウンドで与えられる点数が違います。
1ラウンド目は多めに、2ラウンド目で同じ価値に、3ラウンド目以降は減っていきます。
これがかなり重要でした。
2ラウンド目ではおのさんだけが勝利点を購入するも、新規採掘所が水しか出ないという事態になるおのさん。
今日のダイス運はかなりいいらしいです(笑
ここでしゃがんだトド吉と康さんの一騎打ちか?と思われるも、ポンプを使い水が吐き出し何とか高値で売りぬこうとする私と、効率よくトンネルを使うおのさん。
ボード上がどんどん賑やかになっていくのも見ていて面白いです。
今回、ブリキと銅の価格変動がかなり激しく、あっという間にブリキの暴落がはじまる。
採掘してしまったものは、ラウンドの最後に強制売りが発生するので、このタイミングを見ないと儲けが少ないけれど、待っていては勝利点の価値が下がっていくので何ともいえない。
結局、2ラウンド目にしゃがんでいたトド吉が最後の採掘・売却で更に勝利点を足し堂々たる勝利。2位に20点差はお見事でした。
プレイ時間が1時間でこの濃厚さは、さすがワレスと言いたいです。
でも私はアフター・ザ・フラッドの方がすきです(笑
これでスチールドライバーが余計に楽しみになりました。

3

・サイズミック道路舗装会社
 Seismic(Atlas Games:2006)


サイズミック道路舗装会社

道路を繋げていっても地震で崩壊するゲーム。
合宿でようやくプレイすることになるも、当日侍が遅刻した為3人でプレイ。

手番ではタイルを選んで配置していくだけ。
ただし、道路は全箇所繋がってないとNGなのです。
タイルを置いた時に、誰もその道路に所有権のコマを置いてなかったら、自分のコマを置くことができるのです。
ものすごいシンプルなんですが、タイルを補充する時に地震タイルが出てきます。
これは中心の都市から一番多くタイルが繋がっている方向で決まります。
震度によってタイルが取られます。
震度3ぐらいなら3枚除去ですむんですが、6になると6枚除去されます。
せっかく作った道路が崩壊するのです。
地震はランダムで出てくるので、いつ出てくるのかわからないのと
ゲーム開始時に指定のタイルと地震タイルの中からランダムで6枚抜いているので
本当に地震があるのかすらわからない状態になります(笑

3人プレイということで、三者三様であちこちに道路を繋げて行きます。
ところが全く地震が出てこない。

「もしかして、地震タイルが除去されたんじゃ?」

全員が勝手に想像して、どんどん道路作りに没頭。
トド吉が上手に繋げていけば、哲は交差点待ちの状態があちこちに。
私はいきなり交差点ニ連続とかであまり得点には繋がらない状態。
どんどん長く道を繋げていくトド吉に、ゲーム終盤になって悲劇が。
いきなりの地震到来。長くタイルを繋げていたので、トド吉方面の道路が崩壊。
この後、さらに地震が到来。
またしてもトド吉の道路が崩壊する展開に(笑
トド吉は崩壊した道路を何とか元に戻していくも順調に道路をのばした哲にはかなわず、哲の勝利でゲーム終了。
ものすごく軽いゲームだけど、タイルのつなげ方では地震を回避できたりするので悩みどころがありました。

5

恒例1泊2日の合宿に参加してきました。
朝早くから夜遅く、がっつりとゲームをプレイしてきました。
プレイしたゲームは以下の通り。

・サイズミック道路舗装会社(インスト)
・ティナーズトレイル(インスト手伝い)
・ポイズン
・金庫破り(インスト)
・スチールドライバー
・モニュメント
・千一夜のキャラバン
・ジャンク(インスト)
・ハリウッドキャスティング(インスト)
・ヨーヨー(インスト)
・Gmbh & Co.KG(インスト)
・パレード
・ケチャップ(インスト)
・ラサント(インスト)
・黄金島
・ジェム・ディーラー
・アッコン
・脱獄囚(インスト)
・フェニキュア
・シチリアノス

総勢20ゲーム。
重いのから軽いものまで色々とプレイしてきました。
またぼちぼち書いていきます。

3

・盗まれたロンドン
 Tatort Themse(Pegasus Spiele:2008)


盗まれたロンドン

クニーツィア先生の昨年の新作は、ペガサスから缶入りで登場。
手軽なカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーマはまったく関係ないのは相変わらずで、手がかりとなるカードを取っていくゲームです。
手がかりカードを取るには、目撃者カードが必要です。
手がかりは色別になっていて、清算が発生した時に一番大きな数字(合計値)を持っていた人に事件カード(ボーナス得点)が与えられます。
目撃者カードは同じ柄を2枚使うことによって、場に並んでいる手がかりカードをゲームから除外できるのです。
除外することによって、他の人が自分より得点が下だった場合に、清算を早く発生させて、1人でボーナスをもらうという手もあります。

しかもこのゲーム、1色だけは最後まで清算されないのです。
自分が早々にカードを取っていても清算が発生されないと0点です。
特に最前列に並んでいる場合は要注意です。

2人でプレイしましたが、がちんこで点の取り合いになり
お互いに目撃者カードをためこんでは手がかりを取る展開に。
取ろうと思っていた矢先、トド吉にカードを飛ばされなくなく事件カードを渡すはめになったりと、2人でも楽しめました。
清算が発生した色については、持っていれば得点にはなるので、負けても点差を開かないように集めたいところです。

でもやっぱり、テーマは関係なかったです(笑


・洋々雑記:盗まれたロンドン

このページのトップヘ