ふうかのボードゲーム日記

ドイツ年間ゲーム大賞2018が決定しました!
http://fu-ka.livedoor.biz/archives/1852200.html

今月はなにかと忙しく、ようやく1回目の日曜ゲーム会。
メンバーはおなじみ、いたるさん・トド吉・私の3人で。
遊んだゲーム
遊んだのは5ゲーム。
連日の暑さでバテ気味だったからこそ、涼しい室内で遊ぶのは最高!
ということで、遊んだゲームの簡単な感想を書いていきます。

続きを読む

3

・センチュリー:イースタンワンダーズ
 Century: Eastern Wonders(Plan B Games:2018)


センチュリー:イースタンワンダーズ

船で島々を移動して取引所を開設しつつ、収穫や交易でスパイスを入手して、勝利点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

センチュリー:スパイスロード』に続く、シリーズ2作目。
今回はタイルを並べて、島々のタイルを並べて場をつくります。
各プレイヤーは自分用のボード、船、取引所コマを受け取ります。
スタートプレイヤーを決め、手番の逆順で最初のスパイスを取ります。
ゲームはラウンド制です。
手番がきたら、まず船を無料で1マス、2マス以上はコストを払って移動させることが出来ます。
次に3種類のアクション(市場・港・収穫)から1つを選び、実行します。
その後、保有するキューブの数をチェックしたら手番終了で、次のプレイヤーの手番になります。
これを繰り返し、誰かが4枚目の勝利点タイルを受け取ったら、そのラウンドを最後までやってゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

今日はゲムマの新作を遊びました。
その名もメンマさんと2人で遊ぶ、通称「メ会」(勝手に命名)です。
先月に引き続き、付き合っていただきました。
今回は、ゲムマ春・秋の新作の中から10ゲーム。
遊んだゲーム
まずは前半戦5ゲームの簡単な感想です。

続きを読む

3

・ザ・グレート・ハートランド・ハウリング・カンパニー
 The Great Heartland Hauling Co.(Dice Hate Me Games:2013)


ザ・グレート・ハートランド・ハウリング・カンパニー

トラックに荷物を載せて運び、お金を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ロケーションカードを並べ、その上に地産品の配送キューブを乗せて場をつくります。
各プレイヤーは自分の色を決め、最初の手札となる5枚のカードを受け取ります。
手番では、移動、荷物積み、燃料補給の3つを実行していきます。
移動は、お金か燃料を使って目的地へトラックを動かします。
トラックが止まった場所で、荷物を載せる・おろす場合には、同じ種類のカードを捨て札にします。
最後にカードを補充して手札を5枚にしたら、手番終了です。
これを繰り返し、誰かの所持金が$30以上になったら、他のプレイヤーが1回ずつ手番をやって終了。
もっとも多くのお金を持っている人が勝者になります。

続きを読む

3

・クニスター
 Knister(Nurnberger-Spielkarten:2017)


クニスター

シートに数字を書き込んでいき、各列で役をつくって得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のシートと筆記用具を受け取ります。
ゲームはいたって簡単で、ダイス2個の出目を合計してシートに記入していくだけ。
各列で役が出来るように記入していきます。
全員が記入したら、次の人がダイスを振って、同じことをやっていきます。
すべてのマスが埋まったらゲーム終了。
得点を計算し、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ファーミニ
 Farmini(LOKI:2018)


ファーミニ

カードを並べて農場をつくり、動物やトウモロコシを増やして得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、スタートとなる囲いカードを自分の前に置き、自分の農場にします。
カードには柵やトウモロコシ、水飲み場、動物が描かれています。
囲いカードを裏向きでよく混ぜて山にし、4枚をめくって並べます。
手番がきたら、表向きのカード4枚から1枚を選に、カード山から1枚めくって4枚にします。
その後、選んだカードを自分の農場に置いたら手番終了です。
補充の時に狼が出たら、一時ゲームを中断し、閉じた囲いにいない動物を箱に戻します。
柵カードはすでに配置してある柵カードに隣接、柵がつながるように配置。
動物カードなら、ストックから動物を取り、水飲み場に配置。
これを繰り返し、カード山がなくなり、選択出来るカードがなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ