ふうかのボードゲーム日記

3

・クレージーレース
 Crazy Race(Ravensburger:2017)


クレージーレース

夜の動物園を舞台に、動物たちのレースで勝つのを目指すゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなカラフルなボードはレースのコースで、各マスの色はダイスと連動しています。
ドライバーはライオンで、ステージごとに動物を使ってレースカーを進めていきます。
ゲームは5ステージで、各ステージはいくつかのラウンドからなります。
ゲーム開始時のステージでは、カートを引くのは全員ロバ。
先頭のプレイヤーがスタートプレイヤーになり、手番を開始します。
手番では、どこまで進むか宣言し、進もうとするマスすべてに対応するダイスを振ります。
ダイスの合計値が、自分の動物カードの上限を超えていなければレースカーを進めます。
もし上限を超えていたら失敗で、1マスだけ進めます。
全員が進んだらラウンド終了で、再びスタートプレイヤーの宣言からはじめます。
コース上のヤシの木を誰かが越えたら、そのラウンドでステージが終了します。
ステージ終了時、最後尾の人から順に、次のステージで使う動物を選びます。
これを繰り返し、5ステージ終了時に、ボーナスポイントの分レースカーを進めたらゲーム終了。
もっとも進んでいる人が勝者になります。

続きを読む

4

・電力会社カードゲーム
 Funkenschlag: Das Kartenspiel (2F:2016)


電力会社カードゲーム

発電所を入手して発電し、お金を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場に並ぶのは、購入することが出来る発電所と発電するために必要な資源。
発電所は2列になっていて、購入出来るのは上段のみ。
資源は各列で価格が決まっています。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは3つのフェイズからなります。
まずは発電所をを入手するためのオークションフェイズ。
次に資源を購入するための資源購入フェイズ。
最後に、発電所を稼働させて収入を得るための管理フェイズ。
それぞれ収入を計算した後、次ラウンドのプレイ順が決まります。
市場に残った資源を、より安い列へ移動させ、発電所市場を更新したらラウンド終了。
これを繰り返し、発電所の山札から「あと1ラウンド」カードが引かれたら、最終ラウンド。
最終ラウンドでは、発電所のオークションと資源購入のみをやります。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・スラフ・オフ
 Sluff Off!(Eagle-Gryphon Games:2017)


スラフオフ

何トリック取れるのか予想し、マイナスポイントにならないようにするカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームの目的は、自分が予想した数のトリックを取ること。
まずは、各プレイヤーに15枚ずつカードを配ります。
配られたカードをよく見たら、順番に自分が取れると思われる各色のトークンを取ります。
この時、1個しかないニワトリのコマを取ることで、ラウンド終了時にマイナス点だけど、他のプレイヤーにトリックを取らせない脱却者になることが出来ます。
脱却者は、他のプレイヤーが受け取った黒いトークンの数でマイナス点が減少します。
全員がトークンを取る、もしくはニワトリコマを取ったらゲーム開始。
最初のプレイヤーがカードを1枚出したら、以降のプレイヤーは可能な限り、同じ色のカードを1枚出し、もっとも大きい数字を出していた人が、今回のカードと同じ色のトークンを場に戻します。
もし同じ色のトークンを持っていなかったら、場から黒いトークンを受け取ります。
青のカードは常に切り札として使います。
15枚すべてのカードがプレイされたら、ラウンド終了。
残っているトークンをマイナス点、ゲーム中受け取った黒いトークンを計算し、再びカードを配るところから続けます。
プレイ人数と同じラウンド数プレイしたらゲーム終了で、もっともマイナス点が少ないプレイヤーの勝利です。

続きを読む

実は先週末、土日続けての同人ゲーム大戦となりました。
ドイツ年間ゲーム大賞のノミネート発表があったのと、ゲーム会の連戦により、日曜日に遊んだ記事が今日になってしまいました。
日曜日、再びいつものメンバーが集結。
遊んだゲーム
ゲムマの新作から12ゲーム遊びました。
まずは前半6ゲームの簡単な紹介と感想を。

続きを読む

3

・腹ぺこヒナの成長物語
 Kleiner Vogel, grosser Hunger(HABA:2016)


腹ぺこヒナの成長物語

自分のヒナに餌を与え、小鳥に育てるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のヒナを決めてタイル4枚受け取ります。
タイルは裏返しに順番で重ね、最初の1枚をめくり、タイル山の側に置きます。
順番にダイスを振る係をやります。
係の人がダイスを振ったら、全員ダイスの出目に注目。
ごちそうと自分のヒナが欲しがっているごちそうが合っていれば、そのチップを取ってタイルの絵を隠すように置きます。
ダイスの出目がごちそう2つ分でも、1つしか取ることが出来ません。
タイルのごちそうチップがすべて揃ったら、チップを場に戻して次のタイルをめくります。
これを繰り返し、一番先に大きなタイルをめくって、ヒナを小鳥に出来た人が勝利します。
今年のドイツ年間キッズゲーム大賞の推薦リスト入りしたゲームです。

続きを読む

毎月頒布会の頃に、閉店後のメビウスにはいりこんで遊ばせていただくというゲーム会。
今回はゲムマがあったので、私の都合で今日にしていただきました。
遊んだゲーム
頒布会のゲームから3ゲームほど。
うちのは届いて開封すら出来ていないので、本当に助かります。
そして、ゲムマ後はずっとゲムマ新作を遊んでいるので、輸入ゲームを遊ぶのは久しぶりな気がします。

続きを読む

このページのトップヘ