ふうかのボードゲーム日記

3

・神奈川沖浪裏
 Kanagawa(IELLO:2016)


神奈川沖浪裏

プレイヤーは北斎の弟子となり、自分の工房を改良し、版画をつくって得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には学校ボードを置き、各種免状タイルをボードの隣りに置きます。
各プレイヤーは初期タイルと絵筆コマを2個持ちます。
ゲームは数ラウンドからなり、各ラウンドは3フェイズ。
まずは、スタートプレイヤーが学校ボード上にカードを並べる「師範の教えを倣う」。
次にさらにカードが追加されるのを待つ「知識を深める」か、並んだカードを取得する「学んだことを実践する」。
最後は、まだ残っているプレイヤーがいる場合、さらにカードを追加する「新たな授業」。
各プレイヤーは、取った授業カードを版画もしくは工房の改良に追加します。
全プレイヤーが授業を受けたらラウンド終了。
これを繰り返し、授業カードの山が尽きるか、誰かが自分の版画に11枚以上のカードを置いたら、ラウンド終了時にゲームも終了します。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・キルトキャッスル
 Kilt Castle(Zoch:2016)


キルトキャッスル

ボード上に塔を増築していき、お金を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

小ぶりなボードにはマス目が描かれていて、その外周に最初のカードを並べます。
手番がきたら、まずカード1枚を選んで移動させます。
カードは時計回りに移動させ、反対方向に移動させることは出来ません。
すでに4枚置かれている列に移動させることは出来ず、6列目をつくることも出来ません。
選んだカードによって1人もしくは2人が、移動先の列から任意のマスに自分の塔を置きます。
空き地ならそのままコマを置き、すでに誰かのコマが置かれていたら、すぐ下のコマの持ち主に、段数分のお金を支払って塔を増築します。
2人のプレイヤーが同じ手番内で同じマスにコマを置いた場合、2人目のプレイヤーはすぐに屋根を置きます。
屋根が置かれた塔は増築することが出来なくなり、全プレイヤーのものになります。
また、カードの移動によって、収入決算が発生する場合があります。
収入は、自分のコマが一番上になっている塔の隣接しているエリアを見て、もっとも価値の高いエリアから発生します。
これを繰り返し、誰かが最後のコマを置いたら、最終報酬の分配を行います。
もっとも多くお金を持っている人が勝者になります。

続きを読む

3

・フンタ:カードゲーム
 Junta: Las Cartas(Pegasus Spiele:2016)


フンタ

時にはクーデターを起こしながら、自分のスイス銀行口座にお金をためていくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、仲介人カードと政治カード、マネーカードを持ちます。
ゲームの流れはとても簡単で、毎ラウンド大統領がお金を分配して予算案を出し、それに対して了承するかクーデターを起こすか。
予算案が通れば、自分の仲介人の上に置いてあるお金を下へ移動し、新しく割り振られたお金を仲介人の上に置きます。
クーデターが発生したら、大統領と反逆者側に分かれて戦います。
その結果、大統領が勝てば反逆側は仲介人の上に置いてあるお金をすべて失い、新しい収入ももらえません。
大統領側は仲介人の上に置いたお金を下へ移動、新しく分配された分を仲介人の上に置きます。
クーデターが成功したら、逆に大統領とその支持者たちが、仲介人の上に置いたお金を捨て、クーデター側は仲介人の上に置いたお金を仲介人の下に移動します。
さらに現在の予算をすべて回収し、自分から始めてクーデター側全員に配りなおします。
予算案に対して最も多くの反対票を投じた第1反逆者が、次の大統領になって次のラウンドを始めます。
これを繰り返し、マネーカードが不足して足りなくなったら、即ゲーム終了。
獲得したお金を計算し、もっとも多くのお金を持っている人が勝者になります。

続きを読む

3

・ハイタイド
 High Tide(Queen Games:2016)


ハイタイド

出来るだけ波打ち際に自分のデッキチェアーを置いて、得点を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードには砂浜が描かれています。
ビーチの波は6色あり、ダイスの色と連動しています。
各ラウンドの終わりには、2つのビーチに波が押し寄せきます。
手番がきたら、まずダイストラックを見ます。
ダイスが1つも置かれていない場合、袋からダイスを2個取って振ります。
結果を受け入れたら、対応するビーチの自分のデッキチェアーをダイスの目の数、波に向かって移動させます。
結果を拒否したら、今振ったダイスをそのままの目でダイストラックに置き、新たなダイスを引いて振ります。
ダイストラックにダイスが置かれている場合、ダイストラックに空きがあれば、新たに袋からダイスを2個引いて振ることが出来ます。
ただし、ダイストラックに空きがない場合は、置かれているダイスのいずれかを選んで振りなおします。
いずれの場合も、使ったダイスはダイス置き場に置きます。
すべてのプレイヤーが手番を終えたらラウンド終了。
ダイストラックにダイスがあれば、その色のビーチに波がきて、ダイスがない場合は最後に手番を行った人が袋から2個引いて振ります。
これを繰り返し、6ラウンド終了するか、誰かのデッキチェアーが波にのまれたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

今月は年末年始に遊べなかった反動か、毎週ゲーム会をやっていました。
といっても、半分以上はゲムマ新作を遊んでいたわけですが。
月末最後の週末となる今日は、いたるさんと3人で。
どんどん遊ばなきゃ、未プレイのボードゲームは雪のように積もるのです・・・
遊んだゲーム
今日は5ゲーム遊びました。

続きを読む

今年最初の頒布会が届きました!
今回は追加注文がなかったので、基本セット(?)のみです。
頒布会
<頒布会>
・グリュックス(Glux:Queen Games)
ダイス目が入ったトークンを並べて、指定場所のマジョリティで得点を獲得するゲーム。
BGG:Glux
メビウスおやじ:グリュックス

・キルトキャッスル(Kilt Castle:Zoch)
カードでコマを置く場所を列を決めて、最終的にお金を稼ぐゲーム。
BGG:Kilt Castle
メビウスおやじ:キルトキャッスル

・ハイタイド(High Tide:Queen Games)
波打ち際ぎりぎりを狙って、自分のビーチを配置するゲーム。
BGG:High Tide
メビウスおやじ:ハイタイド

・ニムト追加カードセット
こちらはささかやなプレゼントということです。
ニムト20周年記念版に含まれていた、ジョーカーのカードセット。
メビウスおやじ:ニムト追加カードセット

今回の頒布会はすべて遊べているので、順次個別記事にしていきます。

3

・エデニア
 Edenia(BLAM !:2016)


エデニア

自分のヒツジを移動させ、惑星エデニアを目指しつつ、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

宇宙の外枠をつくり、スタート惑星のアリディスとゴール惑星のエデニアをセット。
各プレイヤーは、自分色の宇宙を駆けるヒツジを決めてスタートに配置。
ゲームの目的は、銀河で最も早く!銀河で最もスマート!銀河で最も戦略的!の3つのどれかを目指します。
手番がきたら、自分のヒツジを1匹選び動かすか、パスしてクローバートークンを受け取るかのどちらかを実行するだけ。
ヒツジが道の上にいる場合、そのまま進行方向へ進むか、後ろに進むかのどちらか。
進んだ先がタイルの端なら、タイルを引き進みますが、1手番でタイルを引けるのは1枚のみ。
ドワーフの惑星に到着したら、クローバートークンを払うことでアイテムを入手することが出来ます。
入植可能な惑星に到着したら、自分の旗を立てることが出来て、ゲーム終了時に7点になります。
ブラックホールに入ったらダイスを振り、出目の数だけヒツジを移動させます。
瞬間移動装置に入れば同じ色の装置へ移動しますが、一度使うと故障し、修理するまで使えません。
ゲームは、誰かがヒツジ3匹をエデニアに置いて勝利・誰かが42点到達して勝利・エデニアのクローバートークンがなくなったので得点計算をするのどれかが達成されたら、すぐに終了します。

続きを読む

このページのトップヘ