ふうかのボードゲーム日記

3

・ドンキホーテ
 Don Quixote(Pegasus Spiele:2010)


ドンキホーテ

決められた場所にタイルを配置して、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用の公国ボードとタイルセット、得点早見表を受け取ります。
タイルをよく混ぜて、裏向きの山にしておきます。
座標カードは全員共通。
よく混ぜて裏向きの山にし、2枚めくって公国ボードに城を置きます。
ゲームは3ラウンド。
各ラウンド毎に、違う枚数のタイルを公国ボードに配置していきます。
まず自分のタイル山から、ラウンドにあった枚数のタイルを表向きに並べます。
座標カード山の一番上のカードをめくり、その場所に表向きタイルから好きなものを配置します。
この時、出来るだけ道路がつながるように配置していきます。
表向きのタイルがなくなるまで続け、全員配置したら得点計算。
これを3ラウンドやり、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

東北の地、宮城県仙台市にあるボードゲームカフェ。
それが『タンブリングダイス(Tumbling Dice)』です。
前日の関東は大雪で新幹線も止まっていて、明日は大丈夫なの?と思っていたら、当日は快晴。
新幹線で仙台へ向かってみたら、仙台のほうが積もっていませんでしたw
この日は仙台在住のぽちょさんに出迎えてもらい、2人で世間話をしながら歩いて向かいました。
JR仙台駅から徒歩15分ほど。
途中、アーケード街がかなり充実していて驚きました。
ビル外観
ビル到着。
平日は15時開店なので、少しだけ外で待ちます。

続きを読む

3

・ゲオス
 Gheos(Z-man:2006)


ゲオス

陸地を繋げて大地を創り、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、得点トークン3個を受け取ります。
三角形のタイルはよく混ぜ、裏向きの山にしておきます。
場には文明マーカー6色とそれぞれの色の信者キューブを置きます。
手番では、手持ちのタイルを1枚プレイするだけ。
配置した場所によって、文明を興すか既存の文明に肩入れします。
そして、任意で手持ちの得点トークンを使って得点を獲得し、最後に山からタイルを補充します。
これを繰り返し、すべてのプレイヤーが得点トークンすべてを使うか、エポックタイルが指定の数引かれたらゲーム終了。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

今日は、午後からいたるさんと遊びました。
最近、新作が出過ぎてる感じで追いつかない。
一度タイミング逃すと旬も過ぎ去っている昨今、やっぱり積んだゲームを遊びたいわけで。
ということで、新しいのから古いものまで遊びました。
遊んだゲーム
遊んだのは3ゲーム。

続きを読む

3

・ロール・フォ−・ザ・ギャラクシー
 Roll for the Galaxy(Rio Grande Games:2014)


ロール・フォー・ザ・ギャラクシー

ダイスを使い、自分の銀河帝国をつくって得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のマットと初期タイル、ダイスとダイスカップを受け取ります。
さらに衝立を自分の前に立て、内側にフェイズシートを置きます。
テーブル中央には、フェイズタイルを並べておきます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは5つのステップで構成されています。
全員同時にダイスを振るロール、ダイスを自分のフェイズシートに配置する配置、衝立をどかし、どのフェイズが実行されるか決まる公開、順番に処理していくフェイズ、使ったダイスなどを処理する帝国管理です。
これを繰り返し、ラウンド終了時に終了条件を満たしていればゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

先月のこと。
ゲーム会から帰ってきた我々に、いたるさんが風邪でダウンという知らせがくる。
ならばトド吉と2人でゲムマ秋の新作を遊ぼうじゃないの!ということで、再び同人ゲーム対戦となりました。
記事は書いてあったんですが、公開するのがかなり遅くなってしまいました。
遊んだゲーム
遊んだのは、2人用メインで2人から遊べるものも含めて7ゲーム。
簡単な感想などを。

続きを読む

このページのトップヘ