ふうかのボードゲーム日記

3

・ディープ・ブルー
 Deep Blue(Days of Wonder:2019)


ディープ・ブルー

海底都市を目標に、潜水して沈没船から宝物を回収し、得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

メインボードは海底で、沈没船タイルを指定の場所に並べます。
自分の色を決めたら船と船員カードを受け取り、スタート位置の港に船を置きます。
ゲームは、スタートプレイヤーから順に手番を繰り返していきます。
手番では、船員の雇用・航海・休息・潜水のいずれか1つを実行します。
船員の雇用は新しくカードを入手、航海はスクリューアイコンの数だけ船を移動、休息は使った自分の船員カードをすべて混ぜて手札に加え、潜水はタイルを指定して宝物を回収します。
雇用と航海は、自分の手札から船員カードを使うことにより実行出来ます。
4枚目の海底都市タイルが、指定エリアに置かれたらゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・グリズリー
 Grizzly(Amigo:2019)


グリズリー

プレイヤーはクマになって流れる川を渡り、サケを集めるボードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

このゲームでは、箱を使って立体的な川をつくります。
川の流れに水タイルを置いて、クマのねぐらにはプレイヤーたちのコマを置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドではまずダイスを振ります。
ダイスは各流れに対応していて、まずは出目の通りに水タイルを処理。
この時、水タイルと共に滝へ落ちてしまったクマは、持っているサケを落としてスタート位置に戻ります。
次に流れにサケを置いていき、最後にスタートプレイヤーから順に、自分のクマを移動させます。
サケを持ってねぐらに戻れば、サケを確保したことに。
そして次のラウンドへ。
これを繰り返し、水タイルがなくなったらラウンドを最後までやり、サケがなくなったら即ゲーム終了。
サケの数が一番多い人が勝者になります。

続きを読む

今月2回目の日曜ゲーム会は、もちろんエッセン新作。
今週末にはゲムマだけれど、まだエッセンが終わっていない。
ということで、午後からのんびり遊びました。
日曜ゲーム会
遊んだのは4ゲーム。
各ゲームの簡単な感想を書いていきます。

続きを読む

3

・ラマ:バリエーション【ド・ラマ】
 L.A.M.A.(Amigo:2019)


ド・ラマ

マイナスポイントを受け取らないようにカードをプレイしていくカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ラマは以前遊んだ記事を参照。
今回はバリエーションルールの『ド・ラマ』でプレイ。
ラウンドからおりた時、他プレイヤーが1人以上いたらド・ラマを受け取ります。
最初におりた人はテーブル中央から取り、以降おりた人は持っている人から受け取ります。
ラウンドが終了した時、ド・ラマを持っている人は、残った手札から1枚捨てることが出来ます。

続きを読む

3

・ハイロー
 HiLo(Schmidt:2019)


ハイロー

自分のカードを列で色を揃えて、カードを減らしていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

すべてのカードを裏向きでよく混ぜて、各プレイヤーに9枚ずつ配り、残ったカードは裏向きのまま山札にしておきます。
配られたカードは裏返しのまま、自分の前に3x3に並べて好きな2枚をめくります。
手番で出来ることは2つのうち1つ。
捨て札から1枚取って自分の場のカードと交換する、もしくは山札からカードを取って、カードを見てから交換するか、引いたカードをそのまま捨て札にするか選びます。
これを繰り返していき、縦横斜めいずれかの列に同じ色が3枚揃ったら直ちに捨て札へ。
残ったカードを縦もしくは横にずらして、カードが隙間なく並ぶようにします。
誰かの手番で、場のカードがすべて表向きになっているか、場のカードがすべてなくなっていたら、他の人たちが1回ずつ手番をやってラウンド終了。
場の残ったカードの数字を合計してメモします。
そして次のラウンドへ。
誰かの合計が100ポイント以上になったらゲーム終了。
もっともポイントの少ない人が勝者になります。

続きを読む

今日は、閉店後のメビウスに入り込んで新作を遊ばせてもらうゲーム会でした。
先週遊んだゲームが1ゲームだったので、仕切り直しての開催。
平日メビウスゲーム会
遊んだのは4ゲーム。
各ゲームの簡単な感想を書いていきます。

続きを読む

このページのトップヘ