ふうかのボードゲーム日記

今日は日曜ゲーム会。
全員忙しかったので、なんと今月はこれが1回目!
午後からのんびり集まって遊びました。
日曜ゲーム会
遊んだのは4ゲーム。
各ゲームの簡単な感想を書いていきます。

続きを読む

3

・ブルゴーニュダイスゲーム
 Die Burgen von Burgund: Das Wurfelspiel(alea:2017)


ブルゴーニュダイスゲーム

2つのダイスを組み合わせてシートに書きこみ、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーが受け取るシートは、自分の公国。
カラーダイスと数字ダイスの組み合わせで書き込んでいき、得点を獲得していきます。
ゲームは3フェイズ。
各フェイズは、シート上にある砂時計のチェックがすべてはいるまで続きます。
まずダイス担当がすべてのダイスを振り、最初に砂時計の数を自分のシートに書きこみます。
残った4つのダイスから、1つの色と1つの数字で組み合わせを考え、各自分のシートに書きこみます。
全員が書き込んだら、再びダイスを振って続けます。
これを繰り返し、砂時計の列が1列埋まるとフェイズ終了。
得点計算をして次のフェイズへ進み、3フェイズ終了後にゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・マメであれ
 Erbsenzahlen(HABA:2018)


マメであれ

広がって散らばった豆を拾い集め、順序よく集めることでもらえる大きな豆を集めるボードゲーム『マメであれ』です。
トド吉と2人でプレイ。

すべてのマメカードを裏向きでよく混ぜ、テーブル上に広げます。
手番では、まずテーブル上に広がるマメカードの中から、4枚選んでめくり、自分の前に置きます。
次に粒が描かれているマメカードを昇順になるよう、自分前に並べます。
マメカードには、つぶれマメやボーナスマメ、災難マメ、マメどろぼうがあり、それぞれの効果を適用します。
そして次の人の手番へ。
1から6までのマメカードが連番で揃ったら、取り除いて箱に戻し、大きいマメチップを1枚受け取ります。
テーブル上のマメカードがすべてめくられたら、その人の手番でゲーム終了。
大きいマメチップをもっとも多く集めた人が勝者になります。

続きを読む

3

・ルーザー
 Loser(Lifestyle Boardgames:2018)


ルーザー

自分が持っているカードが大きいか小さいか予想して、カエルにならないようにするカードゲーム『ルーザー』です。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーはキャラクターカードを受け取り、人間の面を表にして自分の前に置きます。
アクションカードをテーブル上に並べ、特殊能力カードをよく混ぜて山に。
プレイカードをよく混ぜて各プレイヤーに配り、残りは山にしておきます。
ゲームはラウンドを繰り返していき、各ラウンドでは3つのフェイズを行います。
スタートプレイヤーから順に、手札からカードを1枚プレイし、効果があれば適用するプレイフェイズ。
自分のカードが最大か最小を予想する採決フェイズ。
最後に負け犬を決める決定フェイズ。
そして次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かのキャラクターカードが2枚ともカエルになったら、その人の敗北でゲーム終了です。

続きを読む

3

・抹茶
 Matcha(Grail Games:2015)


抹茶

抹茶を淹れるための道具や材料を集めていく2人用の『抹茶』です。
トド吉とプレイ。

使うカードはたった18枚。
この18枚をプレイヤーの手札、場の得点条件カードとして使います。
茶道カードを裏向きでよく混ぜ、場のカードを出していく場所6ヶ所に1枚ずつ公開して置きます。
各プレイヤーには5枚ずつ手札を配ります。
ゲームは数セット行い、1セットは3ラウンドで、各ラウンドでは2枚の得点条件カードに対して1枚ずつカードを出していきます。
お互いパスしたら決算で、得点条件を満たしているのかチェックし道具を獲得。
これを3ラウンドやった1セット終了。
どちらかが、任意の種類の茶道具を4個以上、もしくは5種類すべてを1個以上獲得していたら、そのプレイヤーの勝利でゲーム終了。
終了条件を達成していなければ、次のセットをはじめます。

続きを読む

熊本に初めてのボードゲームカフェがオープンしたのは2017年4月。
なかなか熊本へ行く機会がなく、先週ようやく行けましたので寄ってきました。
ちなみに、私は熊本へ降り立ったのが初めてでした。
当日の熊本空港は霧がすごかったんですが、街中へ移動しているうちに晴れてきました。
熊本城観光の帰り道、熊本唯一のボードゲームカフェ『Hello Hello』へ向かいます。
Hello Hello外観
通り沿いに建つビルの5階にあるので、早速エレベーターに乗り込みます。

続きを読む

3

・セカンドチャンス
 Second Chance(Edition Spielwiese:2018)


セカンドチャンス

パズルタイルを自分のシートに書き込んで、出来るだけ空きマスがないように埋めていく紙ペンゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

受け取るのは自分用の書き込みシート。
中央には丸が描かれていて、スタートタイルの1マスが丸にかかるように書き込みます。
ゲームは、毎ラウンドめくられる2枚のタイルカードから、1枚を選んで自分のシートに書き込んでいきます。
全員が書き込んだら、新しいタイルカードを山札から2枚引いて公開。
これを繰り返し、どちらも書き込めなくなったらセカンドチャンス。
山札からタイルカード1枚をめくり、書き込めるならゲームを続けられます。
もし書き込めなかったら、ゲームから脱落です。
全員が脱落・タイルカードの山札がなくなる・誰かがシートをすべて埋めるのいずれかでゲーム終了。
空きマスがもっとも少ない人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ