ふうかのボードゲーム日記

3

・ジンジャーブレッドハウス
 Hexenhaus(Lookout Games:2018)


ジンジャーブレッドハウス

カラフルなジャンジャーブレッドで、おとぎ話のキャラクターたちを捕まえて得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央に並ぶのは、ジンジャーブレッドを食べるおとぎ話のキャラクターたち。
各プレイヤーは自分用のボードと、裏向きでよく混ぜたダブルタイルを受け取ります。
ダブルタイルは裏向きのまま山にしてボードの横に置き、3枚を表にして自分の前に並べます。
キャラクターカードを1枚ずつ取り、ボードの上側に置いたら準備完了。
スタートプレイヤーから時計回りで、ゲーム終了まで順に手番を行います。
手番では、タイルをボードに配置する建設をしてキャラクターを1枚捕まえるか、階段を2つ取るのどちらかを実行。
最後に、ダブルタイルの山から1枚取り、自分の前に表向きで並べたら手番終了。
これを全員の表向きダブルタイルがなくなるまで続けていきます。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ショータイム
 Showtime(Pegasus Spiele:2018)


ショータイム

映画館を舞台に、よりよい席に座らせて得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル上にゲームボードを組み立て、映画館と入口を準備します。
各プレイヤーは自分用のカードセットを受け取り、裏向きでよく混ぜて自分の山札にします。
自分の山札から4枚引いて手札にしたら準備完了。
ゲームは3ラウンドで、各ラウンドでは順番に手番を1回ずつ4回やります。
手番では、人物を空席に1人置き、好みのジャンルをチェック、最後に自分の山札からカードを1枚引きます。
全員が4回手番を行ったら、座席・人物の効果で得点計算を行い、次のラウンドへ。
これを3ラウンドやったらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

今日は珍しい土曜日のゲーム会でした。
寒い日は、室内にこもってボードゲームを遊ぶのがベストですw
午後からのんびり遊びました。
遊んだゲーム
遊んだのは4ゲーム。
各ゲームの簡単な感想を書いていきます。

続きを読む

今日は頒布会が届く日でした。今回はQueen Games祭りです!
頒布会
<頒布会>・バスティーユ(Bastille:Queen Games)
バスティーユといえば牢獄。フランス革命がテーマ。
BGG:Bastille

・残念なカラス(Pechvogel:Zoch)
不幸なカラスをためないようにするダイスゲームらしい。
BGG:Pechvogel

・エクスペディションルクソール(Expedition Luxor:Queen Games)
盗賊騎士のリメイク。
BGG:Expedition Luxor

<追加注文>
・フランチャイズ(Franchise:Queen Games)
豪商(胡椒袋)のリメイク
BGG:Franchise

・マーリン拡張セット アーサー王(Merlin: Arthur Expansion:Queen Games)
マーリンの拡張。
BGG:Merlin: Arthur Expansion

リメイク多め。
でも元版がかなーり古いので、どれも新鮮な気持ちで楽しめそうw

3

・【8BIT BOX】アウトスピード
 8Bit Box : Outspeed(IELLO:2018)


アウトスピード

自分のマシンを動かして、レースの勝者を目指すボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルに進行ボードを並べ、各プレイヤーのマシンをスタート位置に並べます。
コースタイルを表向きでよく混ぜて山にし、一番下にゴールラインタイルを1枚差し込みます。
各プレイヤーは、自分のコントローラーと燃料を受け取ります。
ゲームは13ターンで、各ターンでは4つのフェイズを行っていきます。
持っているボーナスタイルを使うボーナスフェイズ、自分のコントローラーの右ホイールでルートを選ぶプログラムフェイズ、全員コントローラを公開して解決していく解決フェイズ、新たなコースタイルを公開する公開フェイズです。
これを繰り返し、終了条件3つのうち1つが発生するとゲーム終了。
ゴールラインタイル使用で解決フェイズ後、先頭の人が勝者。
退場していない人が1人になった場合、その人の勝利で、全員が退場したら勝者なし。

続きを読む

3

・【8BIT BOX】ピクソイド
 8Bit Box : Pixoid(IELLO:2018)


ピクソイド

逃げるピクソイドを捕まえるのを目的としたボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルに回路ボードを並べ、外周にはスクリーン枠をセットします。
各プレイヤーは自分の色を決め、コントローラーとキューブを持ちます。
このゲームでは、全員が1回ずつピクソイドになります。
ゲームはプレイヤー数のラウンドを行い、各ラウンドは最長12ターン。
各ターンでは、自分のコントローラーで移動方向と歩数を決める秘密プログラム、実際に移動する移動、ラウンド終了判定をする得点の順で行います。
ピクソイドが12個のキューブをリザーブから取る、もしくはバグがピクソイドを捕まえたらラウンド終了。
得点を計算したら、再びセットアップをし、新しい人がピクソイドを担当してゲームを続けます。
全員が1回ずつピクソイドを担当したらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・マヨリカ
 Majolica(Blue Magpie Games:2018)


マヨリカ

タイル職人となり、設計図を完成させて得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームの目的は、花柄タイルを集めて設計図を完成させていくことです。
テーブル上に広げるのは2枚のボードで、大花柄タイル部品置き場になっています。
各プレイヤーは自分用の工房ボードと、最初の設計図を選んで工房ボードに置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドではプレイヤーの手番を繰り返していきます。
手番がきたら、メインボードの大花柄タイルを3つの取り方から1つを選んで取ります。
次に大花柄タイルと同じ柄の小花柄タイルを取り、自分の工房ボードに置きます。
最後に、工房ボードの作業場が満たされていたら、設計図に押し込み、残ったタイルを次の作業場へ移動させます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、メインボードの大花柄タイルが4枚未満になったらラウンド終了。
スタートプレイヤーを次の人に移動させ、メインボードのセットアップから始めて次のラウンドへ。
ラウンド終了時、誰かが5枚以上の設計図を完成させていたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ