ふうかのボードゲーム日記

3

・ガリンペイロ
 Garimpeiro(cosaic:2017)


ガリンペイロ

労働者を使い、砂金採りや用心棒を使ってお金を獲得したりしつつ、勝利点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームボードは、外周が得点トラック、中央にプレイヤーたちの地位を表示するトラックが描かれています。
ボードの隣りには、各アクションが描かれたカードを並べます。
プレイヤーはそれぞれ、自分用のカードセットを受け取ります。
ゲームは3イヤーで、各イヤーは4ターン行います。
各ターンは、まず供給カードを表にする供給フェイズ。
次に、プレイヤーが実行したいカードを選んで裏向きで出す計画フェイズ。
続いて選んだカードを表向きにし、順番に処理していく収入フェイズ。
最後はアクションを選んで実行していくアクションフェイズです。
アクションを実行するには、該当するカードに労働者を置くことで実行出来ます。
全員が1回ずつアクションを実行したら、次のターンへ。
4ターン終了に1イヤーが終わり、終了処理をしたら次のイヤーへ。
3イヤー終了時にゲームも終了し、最終得点計算をします。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・アガメムノン
 Agamemnon(Osprey Games:2016)


アガメムノン

トロイとギリシャに分かれ、運命の糸を取り合っていくゲームです。
トド吉とプレイ。

ボードには、タイルを置く円と運命の糸を置く道が描かれています。
ゲーム開始時、ボードに描かれている通りに糸を置きます。
プレイヤーは、それぞれ自軍のタイルを受け取り、裏向きでシャッフルしておきます。
手番がきたら、タイルを2枚めくって表にし、好きな順番でボードに配置します。
これを繰り返し、すべてのタイルがボードに置かれたら、直ちにゲーム終了。
どちらが糸をコントロールしているのか見比べ、コントロールしている側が糸を受け取ります。
糸は3種類あり、それぞれ比べる要素が違います。
強さの糸なら槍の数を、武力の糸はつながっているタイル枚数、リーダーシップはタイルのランクです。
同点の場合は、どちらも糸を受け取れません。
すべての糸を処理し、より多くの糸を持っている側が勝者になります。

続きを読む

先週に引き続き、今日も午後からのんびり遊びました。
朝から雨がぱらついていましたが、ゲーム会始まる頃には止んでいました。
夏だけど涼しいし、まさにボードゲーム日和!
メンバーは、いたるさん・トド吉・私。
遊んだゲーム
今日は遊び損ねていたゲームと新作を5ゲーム遊びました。

続きを読む

3

・クリッパーズ
 Clippers(EURO Games:2002)


クリッパーズ

航路をつくりながら、出来るだけ自分の港を経由させて得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードは真っ青な海で、照明によっては見にくいw
舞台は南太平洋。
各港と航路になるラインが描かれています。
各プレイヤーは、自分が担当する国を選び、港マーカーセットを受け取ります。
使う航路線は6社分の6色で、それぞれ本数が違います。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4フェイズ。
各プレイヤーがアクションを1回ずつ実行するフェイズ、順番に航路線をボードに置いていくフェイズを2回、最後にオプションカードを場に戻し、スタートプレイヤーを移動するフェイズ。
これを繰り返し、6社すべての航路線が置かれるか、すべての航路船が行き止まりになってプレイ出来なくなったらゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・キャンディーマッチ
 Candy Match(Pegasus:2017)


キャンディーマッチ

並ぶカードの中から、ペアを探して得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

すべてのカードをよく混ぜ、裏向きの山にしてテーブル中央に置きます。
手番がきたら、山札の一番上のカードを1枚、テーブルの空いてる場所に表向きで置くだけ。
並んだカードの中からペアを見つけたら、素早く「キャンディーマッチ!」と叫びます。
正解なら、カードを受け取って得点として自分の前に裏向きで重ねておきます。
間違っていた場合は、表向きでカードを戻します。
さらに、他のプレイヤーは、表向きのカードから1枚ずつ、得点として獲得します。
これを繰り返し、最後の1枚がめくられたら、最後のペア確認をしてゲーム終了。
得点として獲得したカードを数え、もっとも多い人が勝者になります。

続きを読む

2

・HONG:双頭の龍
 Hong(White Goblin Games:2016)


HONG:双頭の龍

ドラゴンマスターと皇帝に分かれ、異なるゴールを目指すゲームです。
トド吉とプレイ。

ボードは城と庭の両面仕様で、マスが描かれていています。
どちらかが皇帝もしくはドラゴンマスターを担当するのか決めます。
手番がきたら龍タイルを1枚ストックから取り、龍の面を上にして空いているマスに置きます。
すべてのマスが埋まったらゲーム終了。
ドラゴンマスターは、城の面なら龍を15匹、庭の面なら龍を13匹完成させれば勝利。
それ以外は、すでて皇帝の勝利です。

続きを読む

3

・コケコッコー!?
 Kikerikimah!?(Adlung:2011)


コケコッコー!?

ヒントを出している動物を当てるカードゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

動物カードをプレイヤーに配り切ります。
まず手札の中に、同じ動物が2枚あったら捨てます。
残ったカードを裏向きでシャッフルし、山札にして自分の前に置きます。
手番がきたら、チャレンジカードを1枚めくり、全員に公開します。
次に、自分の山札の一番上をめくって自分だけ確認し、チャレンジカードに従って、その動物が何なのかヒントを出します。
他のプレイヤーは自分の山札を調べ、対象の動物を探して選び、裏向きで自分の前に置きます。
そして、一斉にオープン。
合っていたらその2枚を捨て札にしますが、手番プレイヤーと合っていなければいけないということはありません。
これを繰り返し、誰かの動物カードがなくなったら、その人の勝利でゲームも終了します。

続きを読む

このページのトップヘ