ふうかのボードゲーム日記

GWで実家帰省の途中、宇都宮に寄りました。
宇都宮といえば、ボードゲームだとイエサブやヨドバシには行ったことがありましたが、今回は新しく出来たボードゲームも遊べるというスペースへの訪問です。
JR宇都宮駅から徒歩で向かいます。
イエサブ宇都宮店があるオリオン通りの1本手前(?)。
角にドイツ料理屋さんがある交差点で左折、筑波銀行前のT字路を右に入れば程なく到着。
外観
このビルの3階が、目的の「こみゅにてぃスペース with U」です。

続きを読む

2

・ソラリス
 Solaris(Queen Games:2017)


ソラリス

地球にエネルギーを送るため、宇宙ステーションモジュールからシャトルを使い、レーザーにエネルギーを送るゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルの上に広がるのは、6つの宇宙ステーションモジュールとそれぞれをつなぐエネルギーブリッジ。
目的は、カードを使って各モジュールのエネルギーを高めていき、シャトルを使って中央のレーザーにエネルギーを充填していきます。
最終的に誰かが7つのエネルギーを送ったら、ゲームが終了します。
ゲームはラウンド制で、各モジュールごとにプレイヤーがアクションを実行していきます。
出来るアクションは、エネルギーの補給、エネルギーの移動、カードを1枚交換、パス、モジュール固有のアクションの5つ。
パス以外は、実行するのにカードを必要とします。
すべてのモジュールでアクションを実行したら、1ラウンド終了。
次のラウンドの準備をしたら、次のラウンドへ。
これを繰り返し、ラウンド終了時に誰かが自分のエネルギーを7個以上レーザーに置いていたら、ゲーム終了。
レーザーのエネルギーがもっとも多い人が勝者になります。

続きを読む

3

・コードネーム:ピクチャーズ
 Codenames: Pictures(CGE:2016)


コードネーム

20枚の中からヒントを頼りに、自チームのエージェントを見つけるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

コードネームが、言葉ではなくイラストになりました。
場に並ぶカードも20枚になり、描かれたイラストを元にスパイマスターが自チームの諜報員にヒントを出し、エージェントを探してもらいます。
基本的なルールは、通常のコードネームと同じなので詳細は割愛。
2人プレイなので、お互い同じチーム。
自分たちのターンが終わると、仮想の敵チームのターンになり、自動的に敵チームのエージェントカードが置かれていきます。
敵チームのエージェントカードがすべて置かれる前に、自チームのエージェントを見つけられた枚数でレベルが決まります。

続きを読む

3

・深海の秘宝
 Geheimnis am Riff(Ravensburger:1991)


深海の秘宝

ダイバーとなり海に潜って宝箱を回収し、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボード上部には、プレイヤーたちが乗ってきたであろう船、海中には2頭のイルカがいます。
プレイヤーは船から海中に潜っていきますが、船はボード左端に向かって移動していきます。
手番がきたら、ボードについている舵を回し、出た数字と持っている酸素ボンベの合計数、自分のダイバーを進めることが出来ます。
酸素ボンベを使うかわりに、イルカカードを使ってイルカを動かすことも出来ます。
使った酸素ボンベは裏向きにし、持っているボンベを使い果たす前に、船へ戻らなければなりません。
海中で酸素が切れた場合、宝箱を持っていれば海中に落とし、ダイバーは船に戻されます。
宝箱を船に持ち帰える、もしくは酸素切れで船に戻ると、使った酸素ボンベを表向きにし、再び使用することが出来ます。
手番で舵を回す前に、自分から潜水を中止して船に戻ることも出来ますが、持っていた宝箱はその場に落とします。
これを繰り返し、船が左端までくるとゲーム終了。
この時点でダイバーが宝箱を運んでいたら、一緒に引き上げることが出来ます。
獲得した宝箱に描かれた数字をポイントとして合計し、もっともポイントの高い人が勝者になります。

続きを読む

いよいよ来週末にせまってきた「ゲームマーケット2017春」。
ゲームマーケット
私が注目するのは新作。
国産・同人は、気になったものをまとめました→ゲムマ2017春新作の予約チェック
その他、各ショップが販売する輸入ゲームや日本語版の先行販売など、新作が多々あります。
ボードゲームのお祭りとしては、色々と目が離せないイベントなのです。
そこで秋に引き続き、気になったものをチェックしたいと思います。
続きを読む

このページのトップヘ