ふうかのボードゲーム日記

3

・歴史悠久
 The Flow of History(Moaideas Game Design:2016)


歴史悠久

各文明のカードを手に入れ、自国を発展させて得点を獲得するカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームに出てくるのは6種類の文明カード。
政体をはじめ、知識や部族など色でわかるようになっています。
ゲームは時代気らはじまり、最後の時代垢鬚海┐凸ね茲謀達すると終了します。
その中で、いかに自国を発展させて得点を獲得しているかが勝敗の鍵を握っています。
場には常に5枚のカードが並ぶようにし、市場とします。
手番がきたら、5種類のアクションから1つを選んで実行するだけ。
誰も着手していないカードを選択し、自分のマーカーと任意の資源トークンを置く「着手」。
着手したカードを手元に持ってくる「完遂」。
「引取」は、他の人が着手しているカードを指定し、のせられている資源と同じ数を相手に渡して手元に持ってきます。
「発動」では、手番時に発動するカード効果を発動し、「収穫」では自国の収穫アイコンと同数の資源を場に出し、半分を獲得。
いずれの場合も、カードを取得した時に発動する効果は、即座に発動します。
手番の最後に、市場を補充し、時代遅れのカードを除去し、終了条件を確認したら次の人の手番に。
これを繰り返し、未来カードが市場もしくは誰かの国に配置されたら、その手番終了時にゲームも終了します。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・炭鉱讃歌カードゲーム
 Gluck Auf: Das grosse Kartenspiel(eggertspiele:2016)


炭鉱讃歌カードゲーム

トロッコを使って石炭を運び出し、注文を受けて得点を獲得していくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。


各プレイヤーは、同じ内容の数字が書かれた労働者カードと個人ボードを持ちます。
この労働者を使ってアクションを選択し、実行していくのがこのゲーム。
労働者を置ける場所は10種類あり、そこに置かれている労働者より1つ大きい労働者しか置けません。
トロッコを獲得したら、石炭をのせる貨車を手に入れ、さらに先頭には機関車を接続。
出荷するにも注文書がなければいけないし、機関車を配送するのもアクション。
株式を手に入れたり、目的カードでさらなる加点を狙っていきます。
全員がパスするまでで1つのシフト。
このシフトを繰り返し、終了条件を満たしたらゲームは終了して得点計算。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・グリュックス
 Glux(Queen Games:2016)


グリュックス

ボード上に自分のチップを配置していき、部屋での得点を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

広いボードにはマス目が描かれていて、各プレイヤーは4隅のどこかに自分のスタートマーカーを置きます。
ゲームの目的は、明るいマスで描かれた部屋で、自分がもっとも大きい数字になること。
ゲーム終了時に部屋ごとの得点計算があり、置かれたチップの数字をプレイヤーごとに計算し、もっとも大きい人と2位の人に得点がはいるからです。
各プレイヤーは、自分の袋に明かりチップをすべて入れ、中を見ずに1枚引いたら他のプレイヤーに見えないように持ちます。
手番がきたら、まず明かりチップを置きます。
チップを置ける場所は、すでに置いてある自分のチップに書かれている数字分、直線に進んだ場所です。
複数チップが置かれている場合は、いずれかのチップを選んでスタート場所を決めます。
直線上に他のチップが置かれている場合、そこでラインが切られているのでチップを置くことが出来ません。
目標マスにチップが1つだけ置かれている場合は、上に乗せることで上書き出来ます。
置くチップはどちらの面を上にするのか、自由に決めることが出来ます。
チップを置いたら、袋から新しいチップを1枚引いて手番終了です。
これを繰り返し、誰も袋からチップを引けなくなるか、ルールに従って置けなくなったらゲーム終了。
部屋ごとに得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

2

・玄武門の変
 The Xuanwu Gate Incident(Swan Panasia:2016)


玄武門の変

自分が勝者になるため、カード交換をしてクーデターを成功させるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

投票カード2枚と配られたキャラクターカード1枚を持ちます。
ゲームは位置取りとクーデターの2段階。
まずは位置取り。
中央に置かれたカードのうち1枚を秘密裏に確認し、自分のカードと交換するか、他のカードと交換するか、パスするかを選びます。
ただし、1ラウンドで出来るカード交換は1回のみ。
もし自分のカードが他のプレイヤーによって交換されていたら、自分の手番で自分のカードを交換することは出来ません。
そして全員が手番を終えたら、クーデターか否かの決定です。
各プレイヤーは、クーデターか待ち伏せのどちらかを選んで、裏向きで投票します。
この時、投票前に他のプレイヤーに働きかけることは可能ですが、キャラクターカードの情報を流してしまうと即脱落。
そして投票の結果を開示し、クーデターが成功すればゲーム終了。
場に置かれたキャラクターをオープンにし、そこに描かれているマークを確認し、対応する人が勝者になります。
クーデターにならなかった場合、次のラウンドへ進みますが、脱落している人は参加出来ません。

続きを読む

3

・総員配置につけ!
 All Hands On Deck(King Racoon Games:2016)


総員配置につけ!

カードを選んでセットをつくり、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

最初に配られるスコアシートで、セットで発動する能力や得点をよくチェック。
プレイヤー人数分のカード山をつくったら、早速ゲームスタートです。
まずは「候補を探す」で、スタートプレイヤーから順に、任意のカード山から1枚引き、見ないで自分の前に置きます。
これを各プレイヤーが3枚持つまで続けます。
次に「新規雇用」で、3から0までカウントダウンをし、全員直ちに3枚のカードを見て1枚を指定の場所に置き、残り2枚を自分の前にある山札に裏向きで戻します。
この時、一番早く戻した人はスタートプレイヤーカードを取りますが、取り忘れたら他のプレイヤーが誰でも取れます。
最後に「総員配置につけ!」で、確保したカードのセットを確定させます。
この時「総員配置につけ!」と宣言しますが、最初に宣言した人から公開し、ゲーム終了時に得点として加算されます。
そして次のラウンドへ。
これを繰り返し、山札のカード枚数がプレイヤーの人数以下になったら、ゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・コロッセオ
 Die Baumeister des Colosseum(Schmidt Spiele:2016)


コロッセオ

共同でコロッセオを建築し、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームボードの横には、コロッセオ建築予定場所として外箱を置きます。
各プレイヤーはスタートボードを持ち、自分の前に置きます。
ゲームはスタートプレイヤーから時計回りで、終了条件を満たすまで続きます。
手番がきたら、執政官を1マス進め、さらに任意で進めることが出来ます。
止まった場所で、1アクション実行するだけ。
アクションには、必要な資材を支払ってコロッセオを建築する、倉庫を拡張する、地形を拡張して資材を生産するの3種類があります。
これを繰り返し、コロッセオが完成したらゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ズーポリス
 Zoo Police(dV Giochi:2016)


ズーポリス

カードを配置して他のカードを当てたりしながら、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、同じ内容の容疑者カード5枚を持ちます。
ゲームは5ラウンドで、1つのラウンドは4フェイズに分かれています。
まずは事件発生で、場に今回使う事件カードを縦に4列並べます。
次に、プレイヤーが全員同時で容疑者カードを出していきます。
容疑者カードは裏向きで各事件に対して1枚置いていくので、余った1枚はどの数字なのか他のプレイヤーにわからないようにします。
そして取り調べで、スタートプレイヤーから順番に、他のプレイヤーが置いた裏向きのカードの数字を当てていきます。
宣言が正しかった場合、1点の得点カードを受け取り、その容疑者カードは場から取り除かれます。
宣言が間違っていた場合、その容疑者カードは表向きのまま場に残ります。
最後に、各事件が解決されたかチェックします。
基本的には、列に残っている一番大きな数字の容疑者カードを置いたプレイヤーが、事件カードを得点として獲得します。
誰も獲得しなかった場合、そのままにして次のラウンドに持ち越します。
これを繰り返し、5ラウンド終了時にゲームも終了。
獲得した事件カードを最大3色までと得点カードを合計し、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ