ふうかのボードゲーム日記

ゲムマ2017秋に参加された方のレポートをまとめました→『ゲームマーケット2017秋』参加記まとめ
今年のエッセン日記まとめリンクです→ SPIEL 2017 エッセン日記まとめ

3

・ダイスエイジ
 Dice Age: The Hunt(Hobby Japan:2017)


ダイスエイジ

ダイスを配置して狩りを行い、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードには、ダイス目が1から6まで描かれている狩場と世代カード置き場。
各プレイヤーは、自分色のダイスを指定の数だけ受け取ります。
ゲームは4ラウンド。
各ラウンドでは、全員がダイスを置くまで手番を繰り返します。
手番がきたら、手元のダイスすべてを振り、最低1個を選んで狩場へ置きます。
この時、手元のダイスがなくなったら、世代カードを取ってラウンドから抜けます。
残ったプレイヤーでラウンドを続け、全員がダイスを置ききって世代カードを取ったらラウンド終了。
狩場の獲物カードを獲得し、世代カードの繁栄処理をしたら、スタートプレイヤーを移動して次のラウンドへ。
これを繰り返し、4ラウンド終了時にゲームも終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

2

・ナイト オブ ザ レインボウ
 Knights of the Rainbow(F.X. Schmid:1999)


ナイト オブ ザ レインボウ

王様に取り入って、得点を獲得するカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

カードをすべて混ぜ、山札を2つ作り、片方に終了カードを混ぜた後、もう片方を上に乗せて1つの山にします。
各プレイヤーに7枚の緑チップと2枚のゴールドを配ります。
ゲームはいたって簡単。
手番がきたら、まず自分の前に並べているカードをチェックします。
各種類について自分が最多同数なら、その能力を使うことが出来ます。
次に、1〜3枚の間で何枚のカードをカード山から引くのか宣言します。
宣言した枚数のカードを引き、1枚を自分の前に並べ、残りは捨て札にします。
ゴールドを支払って、アクションをすることが出来ます。
そして、次の人の手番へ。
ゲーム中、緑のチップがなくなったプレイヤーは脱落です。
これを繰り返し、最後に残ったプレイヤが勝利します。
もしくは、誰も脱落せず終了カードが出たら得点計算をし、もっとも得点の高いプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

3

・汽車は進むよ
 Jedzie pociąg z daleka(Nasza Księgarnia:2017)


汽車は進むよ

タイルを並べて線路をつなぎ、汽車を駅へ誘導して得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のフレームとタイル、汽車コマ等を受け取ります。
ゲームは全員同時に進行していきます。
ルールはとても簡単で、自分のタイル山から1枚取り、フレームの中に配置していくだけ。
この時、すでに配置されているタイルかフレームに隣接するように配置し、最後に線路が増えた汽車を移動させます。
汽車同士がぶつかったら両方取り除き、駅に到着した汽車は得点ボードに自分のトークンを置きます。
これを繰り返し、移動出来る汽車を持つプレイヤーがいない、もしくはすべてのタイルを配置して汽車の移動まで終わったらゲーム終了。
駅の得点を合計し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・アーグラ
 Agra(Quined Games:2017)


アーグラ

インドの都市アーグラを舞台に、各ギルドや名士への影響力を強めたり、大帝へ献上品を送りつつお金を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなゲームボードが1枚。
ここにはアーグラの街・主要人物・ヤムナー川沿いが描かれています。
組み立て式の帝国ボードは、3つのギルドと大帝、献上品が描かれています。
各プレイヤーは自分の色を決め、自分用ボードとコマ類を受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドではプレイヤーは手番を1回行います。
手番は3つのフェイズからなり、さらに補助アクションを実行することが出来ます。
任意の瞑想フェイズ、労働者コマを置いて実行するアクションフェイズ、大帝への献上やギルドの注文を履行する注文フェイズの順です。
これを繰り返し、誰かが終了条件を満たしたラウンドを最後までやった後、全員が1手番ずつやってゲーム終了。
最終得点計算をやり、もっともお金を持っている人が勝者になります。

続きを読む

3

・ギルド・オブ・ロンドン
 Guilds of London(Frosted Games:2016)


ギルド・オブ・ロンドン

ギルドへの影響力を高め、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ギルドタイルを並べて場をつくります。
各プレイヤーは、自分色の組合員コマ4つと褒章カード、アクションカードを受け取ります。
ゲームはラウンド制。
各ラウンドは、プレイヤーが1回ずつ手番をやり、次にタイル解決と成長フェイズ。
さらにプラテーションタイルを解決したら、タイルを追加して次ラウンドへ。
手番では、アクションカードを使い、3種類の組合員コマアクションを1つ実行するか、アクションカードを引くか。
手番終了時に上限以上のアクションカードを持っていたら、捨て札にします。
プレイ人数によって違う規定ラウンド終了後、ゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

いよいよ来週末に迫った『ゲームマーケット2017秋』。
ロゴ
今回から2日間開催。
それに伴い情報もいっぱいです。
いつもみたいにチェックせず、当日のフィーリングで遊んだりしようかな?と思っていました。
ところが、いつも会場で行き会う群馬の雄が「テンションあがらん」と言い出す。
確かにかなり多めの作品群で、ある程度お目当てをつくっておいたほうがいいのでは?という思いから、ぎりぎりになってしまった今日、公式サイト・カタログからチェック。
まだ予約が間に合う中から、気になるゲームをピックアップしました。
いつも通り、パッケージやテーマのみチェックで、説明書は読んでいません。

続きを読む

4

・クランス・オブ・カレドニア
 Clans of Caledonia(Karma Games:2017)


クランス・オブ・カレドニア

スコットランドを舞台に開拓して商品を生産し、契約を達成したりして得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードを組み合わせてマップをつくり、ゲームの準備をします。
各プレイヤーは、自分用ボードとコマ類を受け取ります。
初期配置をしたら、ゲームスタート。
ゲームは5ラウンドで、各ラウンドは4つのフェイズからなります。
まず、前ラウンドの片付けと次ラウンドの準備をする準備フェイズ。
続いての8種類の中から1つ選んで実行するアクションフェイズは、全員がパスするまで続きます。
その後、商品や収入を得る生産フェイズがあり、最後に得点を計算する得点フェイズ。
これを5ラウンドやったのち、最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ