ふうかのボードゲーム日記

3

・子ガモのキャンディあつめ
 Quack Quack(Noris:2016)


子ガモのキャンディあつめ

出来るだけ多くのキャンディを集めるゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ヘッドバンドの先端に子ガモをつけたら、自分の頭にはめます。
各プレイヤーは、自分用の池を受け取って自分の前に置いておきます。
テーブル中央に池を置き、池の穴にキャンディを置きます。
スタートと同時に、ヘッドバンドの先端につけた子ガモを使って、キャンディを集めていきます。
子ガモには磁石がついていて、キャンディに近づけると磁石でくっつきます。
素早く自分の池に子ガモを移動させ、くっついたキャンディを素早く巣に置き、再び池にあるキャンディを取りに戻ります。
池のキャンディがすべてなくなったら、子ガモにくっついているキャンディを巣に置いてゲーム終了。
もっとも多くキャンディを集めた人が勝者になります。
ヴァリエーションルールでは、自分色のキャンディを池からなくすのが目的になります。

続きを読む

3

・そっとおやすみ
 Schlafmutze(HABA:2005)


そっとおやすみ

誰にも気付かれないよう、カードを揃えてそっと伏せるゲームです。
5人でプレイ。

ゲームはいたって簡単。
持っている手札は5枚で、手番がきたらカードを1枚選び、右隣りの人に渡します。
右隣りの人はカードを受け取り、1枚選んで右隣りの人へ渡すというのを繰り返していきます。
手札のうち4枚が同じ顔になったら、カードをそっと伏せます。
誰かが伏せたら、自分が揃っていなくてもカードを伏せます。
最後までカードを伏せなかった人が、おねむちゃんカードを受け取ります。
再びカードをシャッフルして、各プレイヤーに配って続けます。
すべてのおねむちゃんカードが配られたらゲーム終了。
もっとも多くのおねむちゃんカードを受け取った人が、敗者になります。

続きを読む

4

・ごきぶりデュエル
 Kakerlaken-Duell(Drei Magier:2017)


ごきぶりデュエル

自分側にごきぶりを移動させる2人用ゲームです。
トド吉とプレイ。

縦長のボードには、中央にごきぶりのスタートライン、お互いにコマ置き場があります。
手番ではだまし屋になり、タイル置き場にタイルを裏向きで置きます。
相手は予想屋になり、置かれているタイルを1枚ずつ3枚めくっていきます。
めくったコマが緑だったら、予想屋のほうにごきぶりを1歩移動させます。
赤い×をめくったら、直ちに手番終了で、残りのタイルはめくりません。
その列以外で、まだめくられていない列のごきぶりをだまし屋のほうに1歩ずつ移動させます。
そして役割を交代し、ゲームを続けます。
これを交互に繰り返し、ごきぶりがどちらかのタイル置き場にはいったら、その人の勝利でゲーム終了。

続きを読む

今日は夕方からゲムマ神戸の新作を遊びました。
早いところでは、ゲムマ春のカタログ販売がはじまっていたので、人が集まるまでカタログを眺める。
前回より厚みが増している・・・
じっくり眺めていたら集まったので、早速ゲーム開始。
遊んだゲーム
遊んだのは3ゲーム。

続きを読む

3

・ワッツアップ
 What's Up(Strawberry Studio:2016)


ワッツアップ

小鳥カードを集めて並べ、自分のコレクションをつくるカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には小鳥カードをよく混ぜて、重ならないように広げます。
推奨は横に6列、縦に5列。
手番がきたら、場に並ぶカードを1枚選んで裏返します。
この時、自分のコレクションに加えられるなら、カードを取ってコレクションに加えます。
加えられないなら、カードはそのまま場に残します。
コレクションは各色ごとに段をつくり、描かれている小鳥の数が1羽から順番に並べます。
誰かが規定数の段をつくったら、そのプレイヤーが勝者になります。
誰も規定数のコレクションをつくることが出来なかった場合、場の残りカードが3枚もしくは連続8手番の間に誰もカードをコレクションに加えられないならゲーム終了。
この場合、コレクション内にいる小鳥が最も多い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ハラルド
 Harald(RUNES Editions:2015)


ハラルド

使者を評議会に送り込み、自分の村にカードをプレイして効果を発動させ、威信を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームの目的は、規定ラウンド終了時までに自分の村にカードを並べて、威信を獲得すること。
テーブル中央は国王評議会で、ここで出されているカードが、自分の村の威信点に影響を及ぼします。
ゲーム開始時に、それぞれ自分の村に1枚カードを出し、最初の村人とします。
ルールはいたってシンプル。
手番になったら、国王評議会にカードを1枚プレイし、次に自分の村にカードを1枚プレイします。
自分の村にカードをプレイした時は、出したカードの効果を使用することが出来ます。
最後に、手札が4枚になるようにカードを補充したら、手番終了です。
これを繰り返し、規定ラウンド終了したらゲーム終了。
最後のラウンドだけは、評議会にカードはプレイせず、自分の村にだけプレイします。
そして、プレイした後すぐに威信計算をしてから、次のプレイヤーの手番になります。
全員の計算終了後、もっとも威信点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ