ふうかのボードゲーム日記

ドイツ年間ゲーム大賞2018が決定しました!
http://fu-ka.livedoor.biz/archives/1852200.html

3

・頭脳パズル:メイク・ミー・スマイル
 Brains: Make Me Smile(Pegasus Spiele:2016)


頭脳パズル:メイク・ミー・スマイル
※写真は不正解です
コマを配置して、不機嫌顔を笑顔にかえるゲームです。
1人用。

パズルシートで指定された数のコマを使い、笑顔アイコンで上書きします。
黄色は笑顔、青は普通顔、赤は悲しい顔です。
ルールは簡単。
コマをシートの空いているマスに置きます。
その後、配置済みの別のコマもしくは笑顔があるスペースまで辿ります。
その間の直線上に、青または赤の顔だけで空いているスペースがなかった場合、それぞれ1段階上書きします。
青は笑顔に、赤は普通に。
これを8方向すべてやり、同様の処理をします。
すべてのコマを配置した時、すべての顔が黄色の笑顔になっていれば成功です。

続きを読む

3

・パックンギョ!
 Little Big Fish(The Flying Games:2017)


パックンギョ

自分の魚を成長させたり、相手の魚を食べていくゲームです。
トド吉とプレイ。

4枚のボードをつなげて場をつくります。
お互いに色を決めてすべての魚を持ち、最初に一番小さい魚3匹をボードに配置します。
手番では、自分の魚1匹を2マス動かすか、2匹の魚を1マスずつ動かします。
魚は大きさが同じか、より小さい魚を食べることが出来て、プランクトンを食べることで成長します。
これを繰り返し、相手の魚を先に5匹食べた方が勝者になります。

続きを読む

3

・くるくるマジョリン
 Saus und Brau's(Zoch:2018)


くるくるマジョリン

魔女が飛んだ道の材料が描かれている本を探し、材料を集めていくボードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードには道が描かれ、外周には材料の1つが描かれている本があります。
各プレイヤーは、5つの材料を置く魔女の釜を持ちます。
ゲームは、誰かが終了条件を満たすまで、順番に手番を実行していきます。
手番がきたら、魔法の杖でマジョリンのほうきをつつき、少なくても1回転させます。
止まった方向にマジョリンを飛ばし、次の穴まで移動させます。
マジョリンが移動した間に材料があったら、その材料が描かれている本を開きます。
正しかった場合、その材料を獲得し、自分の魔法の釜に置きます。
間違えた場合、その材料を他の材料のマスに移動させます。
そして手番は終了で、次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが自分の魔法の釜に材料を5つ置いたら、その人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

台風が去った今日、本屋に駆け込んで購入してきたのがこちら。
表紙
放課後さいころ倶楽部、最新刊です。
ついに12巻。
今回の表紙はエミリーと、誰!? また新キャラ!?
えぇぇぇー!!と驚きつつ読みました。
ますます甘酸っぱい恋愛街道を走りつつ、ボードゲームも紹介、そしてもちろんしっかり遊んでいます。
簡単に12巻の紹介というか、気になったところをピックアップします。

続きを読む

3

・イマジナリウム
 Imaginarium(Bombyx:2018)


イマジナリウム

機械を修理・分解しながら、プロジェクトを完成させて得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央には、がらくた場のボード。
各プレイヤーはランダムで作業場を受け取り、衝立と初期所有物、トークンを受け取ります。
プレイヤーボードに書かれている数字で、最初のプレイ順が決まり、自分のフィギュアをプレイ順トラックに置きます。
ゲームは、3つのフェイズからなるターンを繰り返していきます。
まずは計画で、機械か黒炭素抽出機に自分のフィギュアを置きます。
次に実装で、順番に手番を行っていきます。
手番では、作業場の機械を使用・確保した機械の入手や黒炭素抽出・アクションを実行・プロジェクトが完成チェックを順に行います。
最後に自分のフィギュアをターン順トラックに置けば、手番終了。
全員が手番をやったらターン終了で、チェックとリセットを行います。
誰かが終了条件を満たしていればゲーム終了で、誰も満たしていなければ次のターンへ。
最終的にもっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・コボルト
 Kobold(Queen Games:2018)


コボルト

自分のコボルトを使って、宝石やおもちゃを集めて得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

下箱をそのまま使い、プレイエリアの子ども部屋をつくります。
子ども部屋は7つのセクションに分かれていて、2セクションは懐中電灯の光で照らされています。
各セクションには、表もしくは裏を向いているトークンが置かれています。
このトークンを集めるのが目的。
手番がきたら、自分のコボルトを1個いずれかのセクションに置くか、すでに置いてあるコボルトを回収するか選びます。
回収は、置かれている自分のコボルトをすべて回収しますが、コボルトが部屋から出る時にトークンを1つ取っていきます。
そしてダイスを振り、出目の指示通りに懐中電灯の光を移動させます。
懐中電灯の光があたったコボルトは、それぞれの持ち主の元へ手ぶらで戻ります。
空いたマスには、新しいトークンを追加します。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、補充するトークンが足りない、もしくは宝石トロフィーが5つ取られたら終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ダンジョンヒーローマネージャー
 Dungeon Heroes Manager(Giochi Uniti:2016)


ダンジョンヒーローマネージャー

酒場で冒険者を雇い、ダンジョンを攻略してゴールドを獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードには、上から順に酒場、建物、ダンジョンが描かれています。
ゲームの目的は、ダンジョンの魔物を倒したりしつつ、より多くのゴールドを入手していくことです。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズに分かれています。
入札で英雄を雇用する雇用フェイズから始まり、街の建物を選んで実行する街フェイズ。
続いて、実際にダンジョンを探索する探索フェイズをやり、最後に英雄の賃金を払ったりダンジョンにモンスターを補充する支払い&補充フェイズをやったらラウンド終了。
これをプレイ人数に応じたラウンドをやったらゲーム終了。
手持ちのゴールドが一番多いプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ