ふうかのボードゲーム日記

3

・サントリーニ:黄金の羊
 Santorini: Golden Fleece(Roxley:2016)


サントリーニ黄金の羊

サントリーニの街並みをつくりながら、自分の従者を建物の最上段に置くゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームは最適が2人になっていて、3人・4人なら神力を必ず使用し、さらに4人の場合はチーム戦になります。
基本的なルールは、本体と同じ。
この拡張では、新しい神々と黄金の羊、そして英雄が加わります。
黄金の羊を適用する場合、マークが描かれた神を1枚選んで配置します。
プレイヤーは、各自の神を持ちません。
自分の従者が黄金に羊に隣接している場合、手番中に神力を使うことが出来ます。
英雄パワーを適用する場合、各プレイヤーは1枚ずつ英雄カードを持ちます。
ゲーム中1回だけ使える能力です。
ただし、黄金の羊導入時は英雄を導入することは出来ません。
尚、神によっては対戦禁止の組み合わせがあり、カードに書かれています。

続きを読む

3

・エルドラド
 Wettlauf nach El Dorado(Ravensburger:2017)


エルドラド

探検隊の一員となり、黄金の都市エルドラドを目指すゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

タイルを並べてコースをつくります。
各プレイヤーは自分の色を決め、コマと探検ボード、スタートカードセットを受け取ります。
このゲームは所謂デッキ構築型なので、まずはカードをシャッフルして裏向きの山をつくり、ボードの左端にセットします。
そこから4枚引き、最初の手札とします。
ゲームの目的は、ゴールであるエルドラドへ到着すること。
手番がきたら、まずはカードをプレイします。
自分の探検隊コマを進ませるには、対応した土地のカードが必要です。
新しいカードを1枚購入することも出来ます。
次は使ったカードをすべて、自分の探検ボードの右端に捨て札として置きます。
最後に、手札が4枚になるよう自分の山札から補充したら、手番終了で次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かがエルドラドへ到着したら、そのラウンドが最終ラウンド。
まだ手番が残っている人が順に手番をやり、ラウンドが終わればゲーム終了。
エルドラドに到着したプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

3

・ファボリーテン
 Favoriten(Walter Muller's Spielewerkstatt:1989)


ファボリーテン

トップでゴールするのはどの馬か、予想して得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

出走する馬は5頭。
これをプレイヤーが共同で動かしていきつつ、1位から3位でゴールする馬を予想します。
手番がきたらダイスを振り、馬を1頭動かすのを5頭分やるだけ。
全員が手番を終えたらラウンド終了で、次のラウンドへ。
ラウンド開始前のみ、任意の馬1頭に賭けることが出来ます。
最初にゴールした馬を1位の場所に動かし、2位・3位も同じように移動させます。
レース終了後、賭けに使ったコマを得点チャートへ移動させ、得点を獲得します。
獲得した得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・アミーゴバンデット
 Koboldbande(Amigo:2014)


アミーゴバンデット

宝箱を開けるための鍵を手に入れ、ドラゴンより先に財宝へたどりつく協力ゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

横長のボードには、プレイヤーたちのスタート地点の森と反対側にはドラゴン。
宝箱まで道をつくり、ドラゴンより先に宝箱に到着するのを目指します。
プレイヤーたちは道中、宝箱の鍵を3つ集めなければなりません。
カラーダイスを振り、出目の場所におやつと鍵を配置します。
ボードの外側には、タイルを裏返しシャッフルして置きます。
手番がきたら、タイル1枚を選んでめくります。
タイルには道が描かれており、道は常につながっていて、すでに置かれたタイルに隣接する場所にしか置けません。
二手に分かれている道は、どちらへつなぐかプレイヤー同士で相談します。
タイルをめくってドラゴンが出た場合、ドラゴンのところにタイルを置きます。
これを繰り返し、鍵を3つ持って宝箱へ到着出来ればプレイヤーの勝利。
ドラゴンが先に宝箱へ到着したら、プレイヤーの敗北です。

続きを読む

先日、こんなツイートを見かけました。
東急ハンズ新宿店7Fのバラエティコーナーで、7月8日から8月8日まで開催されている『アナログゲームマーケット』。
しかもすごろくや監修というのだから気になるわけで。
今日、新宿へ行く用事があったので覗いてきました。
続きを読む

3

・おしりにノミ
 Floh am Po(Zoch:2017)


おしりにノミ

休暇を楽しもうとするノミたちが、犬の体にくっついてリゾート地を目指すゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場に並ぶのはコースタイルで、スタートとゴールにもタイルが並びます。
犬コマをスタートに並べ、カラーダイスを2個準備します。
各プレイヤーは自分の犬を決め、ノミを1つ選んで犬の体にくっつけます。
手番がきたらカラーダイスを2個振ります。
出た目の色のノミを他の犬もしくはテーブルから取り、自分の犬にくっつけます。
自分がすでにくっつけているノミの色だった場合、ノミをはずして任意の犬にくっつけます。
自分の犬にくっついているノミの数だけ、タイルを進みます。
これを繰り返し、最初にゴールしたプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

川越で30年以上続く木のおもちゃ屋さん、それが「ちいろば」です。
ちょうど用事があって川越まで行ったので、せっかくだから覗いてみました。
JR川越駅から歩いて行ったんですが、とても良い天気でした。
外観
徒歩10分程度で到着。
どきどきしながら店へ入ろうとしたら・・・入口にあった梅の実が良い香りでしたw

続きを読む

このページのトップヘ