ふうかのボードゲーム日記

4

・ひっつきカメレオン
 Sticky Chameleons(IELLO:2017)


ひっつきカメレオン

カメレオンの舌で、虫をとるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルの上には、トンボやクモなどの虫たち。
各プレイヤーは、ひっつき舌を1つずつ持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは観察と食事の2フェイズ。
観察では、2つのダイスを振り、目標となる虫をチェック。
食事では、自分のひっつき舌を使って目標となる虫を捕り、ごちそうさまトークンを得ます。
誰かが目標の虫を捕まえて、テーブルに戻したらラウンド終了。
これを誰かが5枚のごちそうさまトークンを獲得したら、その人の勝利でゲームも終了します。

続きを読む

ゲムマ乗り物編

前回、動物編のチェック記事を公開した、ゲームマーケット2018春。
今回は<乗り物編>です!
鉄道・船・バス・自転車・・・etc
ボードゲーマーには鉄道が人気ですが、個人的には飛行機も増えればいいのになぁ・・・なんて思っていますw

続きを読む

まもなくゲムマ春がやってくる・・・
ということで、ゲムマ新作に埋もれる前に輸入ゲームを遊ばなきゃ!と、先週に引き続き午後からのんびりゲーム会でした。
遊んだゲーム
ポケモンGOのイベントと重なったので、時間までは外で元気に歩いていましたw
遊んだのは7ゲーム。

続きを読む

ゲムマ動物編
気が付けば、3週間後にせまってきたゲームマーケット2018春。
いつもは1ヶ月前からチェックをはじめていたんですが、今回は諸々の事情により出遅れました。
ある程度チェックしておかないと、当日の会場でどうしたらいいのかわからない。
ということで、今からでも間に合いそうな新作をチェックしてみました。
何回かに分けて書こうと思いますが、まずは<動物編>です。

続きを読む

3

・アメンラー・カードゲーム
 Amun-Re: The Card Game(Super Meeple:2017)


アメンラー・カードゲーム

古代エジプトを舞台に、豊かな州を支配し、ピラミッドを建設していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にボードを置き、カードを時代別に分けます。
プレイ人数に応じて枚数を調整し、各時代毎によく混ぜカード山を3つつくります。
各プレイヤーは自分の色を選び、お金カードとマーカー、プレイヤーエイドを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズに分かれています。
まずは州カードの競りを行い、次に捧げ物と恩恵で収入額を決めます。
そして、応じた収入を受け取ってピラミッド建設、最後に勝利点を計算します。
これを3ラウンドやり、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・四季の森
 Harvest Island(Big Fun:2017)


四季の森

4つの季節を通し果物を育てて収穫し、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央に置く季節ボードは、中央には各季節に存在する果物の種類と枚数、外周は各種カード置き場になっています。
四季カードは季節ごとに分けて、山にしておきます。
各プレイヤーは、農地カード3枚と四季カードを受け取ります。
ゲームはスタートプレイヤーからはじめ、手番がきたら栽培か収穫を行います。
栽培は、手札からカードを1枚ずつ出し、手札を補充して倉庫を確認します。
カードの出し方は4種類あり、種まき・植付け・施肥・放出です。
収穫はすでに農地に作付けしてある果物を収穫し、得点化します。
これを繰り返し、冬のカード山が尽きたら、スタートプレイヤーの右隣りの人まで手番を行いゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・呪われたクリーチャー
 Verflucht!(Amigo:2018)


呪われたクリーチャー

全員で協力し、クリーチャーを倒すカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルに裏向きで置かれているのは、アイテムとクリーチャー。
紋章カードは、1列に並べておきます。
手番がきたら、テーブルからカードを1枚取り、自分だけ確認します。
クリーチャーだったら、紋章の横に並べ、アイテムだったら手札に加えます。
アイテムでクリーチャーを攻撃することも可能。
場にクリーチャーが6枚並ぶ、もしくはグループになると攻撃してきます。
その際、アイテムを使ってクリーチャーを撃退。
紋章を使うことでもクリーチャーを撃退できます。
クリーチャーが攻撃してきて、紋章もなく誰も倒すことが出来ない場合、プレイヤー側の敗北でゲーム終了。
山札が尽き、攻撃をすべて解決出来たらプレイヤー側の勝利になり、場に残るクリーチャーが得点になります。

続きを読む

このページのトップヘ