ふうかのボードゲーム日記

「土曜日空きましたぜ」
「んじゃ遊ぼうぜ」
そんな感じで決まったゲーム会。
今月2回目の三連休、そして初日の今日はいたるさんと3人で遊びました。
遊んだゲーム
遊んだのは2ゲーム。
簡単な感想です。

続きを読む

3

・超激闘宇宙レスリング
 Galaxy Wrestling Federation(Homosapiens Lab:2018)


超激闘宇宙レスリング

プロレスラーになり、誰か1人を指名して対戦していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーはプロレスラーを1人選び、カードセットを持ちます。
ゲームは、時計回りで手番になります。
手番が回ってきたら、ライバルを1人指名します。
次に、力かスピードのどちらかを宣言し、お互いに手札からカードを1枚裏向きで出します。
3つ数えますが、この時、他のプレイヤーがカードを出すことで乱入が可能です。
そして一斉にカードをオープン。
まずは左上の数字を比べ、どちらが剋したか、相剋かどうか判定します。
次に相剋にならなかった場合、スピード勝負なら数字が小さいほう、力勝負なら数字が大きいほうが勝ちます。
勝った方はカードを手札に戻してチャンピオンベルトを受け取り、負けた方と引き分けの場合は自分の前に並べます。
乱入の場合は、剋しているかどうかの判定のみで、数値比べはしません。
これを繰り返し、誰かの前に同じ数値カードが3組あるとゲーム終了。
チャンピオンベルトを一番多く持っている人が勝者になります。

続きを読む

今年もこの時期がやってまいりました。
エッセンに並ぶであろう新作の中から、箱絵のおっさんだけをチェックする。
その名もおっさんチェック。
昨年も少ないながら、インパクトあるおっさんがいました。
イメージ
今年はどうでしょう?
おっさん探しには、BGGのリストを参考にしました。
 BGG:SPIEL '18 Preview
くれぐれも注意したいのは、箱絵しか見ていませんので、面白さの保証はしかねます。
自己責任でw
※画像はBGG等から拝借しています。不都合があれば削除します。

続きを読む

3

・プロウィンキア・ロマーナ
 Provincia Romana(Stratelibri:2014)


プロウィンキア・ロマーナ

自分の都市をガリア人の襲撃から守りながら、繁栄させて得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは自分の都市を選び、都市ボードとディスクを受け取ります。
場にはゲームボードを広げ、各カードを種類別によく混ぜて山にして置きます。
戦闘カードも指定通りに準備し、カード置き場に置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは5つのフェイズからなります。
まずはカード選択。
スタートプレイヤーから順に、山札を1つ選んでカードを引き、自分が1枚取ってから他のプレイヤーも1枚ずつ順番に取ります。
各カードはそれぞれ、2人まで選ぶことが出来ます。
これを全員がやったら、カードのプレイへ。
カードは可能な限り何回でもプレイすることが出来ます。
そして、対象ラウンドならガリア人との戦闘へ。
その後、市民の士気が下がり防衛設備が劣化したら、発動出来る建物を発動させてラウンド終了。
これを6ラウンドやるとゲーム終了で、最後にカードプレイフェイズのみプレイして得点計算へ。
もっとも多くの得点を獲得した人が勝者になります。

続きを読む

3

・グロワーズ
 Growerz(Post Scriptum:2016)


グロワーズ

とある植物を栽培し、得点を獲得していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーはキャラクターを選び、人物カードとスペースカード2枚を受け取ります。
さらに最初の冬カードを5枚ずつ配ります。
ゲームは冬春夏秋の4ラウンド。
それぞれ使うカードが違うのみで、ゲームの流れは同じです。
まずは全員手札から1枚選び、全員が選んだら一斉にオープンにして処理していきます。
次に種まき。
スタートプレイヤーから順に、どちらの品種の種を蒔くか決め、公開されているカードか山札の一番上を引いて、スペースに配置します。
残ったカードを時計もしくは反時計回りで次の人に回し、カードの選択から繰り返します。
そして収穫では、チャートを参照して栽培した植物の得点を計算してメモします。
4つの季節が終わったらゲーム終了で、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・アタック・オブ・ジェリーモンスター
 Attack of the Jelly Monster(Libellud:2018)


アタック・オブ・ジェリーモンスター

ダイスを置いて、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

プレイヤー人数に応じた都市中央ボードを中心に、区画ボードを並べて場をつくります。
各プレイヤーは、自分の色を決めてダイスとスクリーンを受け取ります。
ゲームは4ラウンドで、各ラウンドでは全員同時にダイスを振り、区画に配置していきます。
ダイスは、すべて振って1個を選んで置くか置かないを選び、効果があるなら適用。
残っているすべてのダイスを振り、1個を選んで置くか置かない、を繰り返していきます。
自分の最後のダイスを置いたら、自分のスクリーンを任意の1ヶ所に置いて封鎖することが出来ます。
最初にすべてのダイスを置いた人が、砂時計をひっくりかえすことで、他のプレイヤーの残り時間が10秒になります。
そして得点計算をし、ダイスをすべて回収して都市中央ボードを90度回転させて次のラウンドへ。
これを繰り返し、4ラウンド終了でゲームも終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ