ふうかのボードゲーム日記

3

・ゴミ捨ての日
 Garbage Day(Mayday Games:2016)


image506

ゴミ箱をあふれさせないようにゴミを捨てたり、自分の部屋のゴミを他の部屋に捨てたりするゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルの中央にはゴミ箱。
ゲーム開始時にはまだ空です。
各プレイヤーは自分の前にルームカードを置き、最初の手札2枚を持ちます。
ルールはとても簡単で、手番がきたら手札が3枚になるように山札からカードを引き、1枚選んでプレイするだけ。
カードをプレイしたら、自分の部屋にあるゴミをチェック。
カードに書かれた数字が10以上になったら、ゴミ箱にゴミを捨てます。
ゴミ箱のゴミがあふれてしまったら、落としたカードを引き取って、自分のルームカードの右側に置きます。
ここが規定枚数をこえると脱落で、残りのプレイヤーでゲームを続けます。
1人以外全員が脱落するか、ゴミ箱にカードすべてを置ききった状態になればゲーム終了。
前者なら残ったプレイヤーの勝利、後者は各自ルームカード右側に置かれたカードの合計値を計算し、最も少ない人が勝利します。

続きを読む

3

・プリンセス・ミーナのキラキラ首飾り
 Prinzessin Mina: Juwelen-Memo(HABA:2016)


プリンセス・ミーナのキラキラ首飾り

同じ宝石を2つ見つけて、すてきなネックレスをつくるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーそれぞれがネックレスの先端になるプリンセスが描かれたタイルを受け取り、紐を通して準備します。
場には4種類の形のタイルが、裏向きで置かれています。
手番がきたら、裏向きのタイルから同じ形のタイルを2枚めくるだけ。
同じ宝石だったらその宝石を取り、自分のネックレスにつなげます。
違う宝石だったら、みんなに見せて裏向きに戻します。
これを繰り返し、すべての宝石が取られて黒い石4個だけになったらゲーム終了。
もっとも多くの宝石を自分のネックレスにつけた人が勝者になります。

続きを読む

4

・キャプテン・ソナー
 Captain Sonar(Matagot:2016)


キャプテンソナー

自分たちの潜水艦を操作し、相手潜水艦を撃沈させるゲームです。
8人でプレイ。

テーブル中央には長い衝立。
両側には各チームが横並びで座ります。
チーム戦なのでそれぞれ役割があり、艦長を筆頭に、通信士・主任航海士・機関士です。
艦長は潜水艦の移動や魚雷の発射など、あらゆるアクションを指示して実行します。
通信士は、相手潜水艦の場所をチェックし、どこにいるのか推測していきます。
主任航海士は潜水艦の装備チェック係、機関士は故障チェック係です。
ゲームは同時に潜水艦を動かして、相手潜水艦の座標を見つけ出し沈めるのが目的。

最初に練習としてターン制で遊んでから、本番とも言えるリアルタイムで遊びました。

続きを読む

3

・ラビットラリー
 Ruben Rallye(HABA:2016)


ラビットラリー

目測で距離を見定めて橋をかけ、自分のウサギをゴール目指して進ませるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

スタート島にプレイヤーのウサギを置き、ゴールの島にニンジンを置きます。
今回は2人プレイなので、ニンジンは1本だけ。
手番がきたら、まずダイスを振ります。
ダイスの目が今回使う橋の色。
次に、橋の長さを予想して石を置き、最後に自分のウサギがいる場所と置いた石の間に橋を置きます。
橋を渡す時は、他のウサギがいる石には触れてはいけません。
さらに、一旦橋を手にとったら、置いた石を動かすことは出ません。
橋の長さが足りたなら、次の石へウサギを移動させ、足りなかったらウサギは今いる場所に留まります。
使った橋をスタート島付近に戻したら、次の人の手番。
これを繰り返し、ニンジン島へたどり着いたらニンジンを収穫し、すべてのニンジンが収穫されたらゲーム終了。
もっとも大きなニンジンを獲得した人が勝者となります。

続きを読む

3

・ブラーノ
 Burano(EmperorS4 Games:2015)


ブラーノ

ブラーノ島を舞台に、4つの季節を通して収入源を確保し、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードには家を建てる本島とレース工場の島が描かれていて、その周りには小屋や港、船が描かれています。
各プレイヤーは自分用のボードを持ち、最初の準備資材類を受け取ります。
ゲームは4つの季節からなり、各季節には3つのフェイズがあります。
まずはその季節で使用する家キューブのプロット。
この時、自分ボードに家キューブをピラミッド状に置きます。
次は季節によって数が違う、プレイヤーのアクションを順に実行していきます。
出来るアクションは、キューブタワーから家キューブを取ってスタンバイさせる、ボード上に家キューブを建てる、ボード上に置かれている家キューブの上に屋根をのせるの3種類で、最大4回実行することが出来ます。
家キューブを建てれば、キューブの色によって違うアクションが発生し、屋根を置けばボーナスを取得して屋根の得点が発生します。
各季節の最後に、決算が発生します。
これを繰り返し、冬の決算終了後に最終得点計算をしてゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

トド吉は100名城、私はご当地のショップ事情と利害が一致したので、三連休を使い四国へ行ってきました。
その中で、愛媛県にあるショップに立ち寄る時間があったので、松山市駅から程近いところにあるショップを覗いてきました。
外観
模型や教材の専門店らしいですが、ボードゲームも扱っているようです。
入口にある紅白の「物」は私でも知っていますw

続きを読む

このページのトップヘ