ふうかのボードゲーム日記

3

・オケアノス
 Oceanos(IELLO:2016)


オケアノス

潜水艇で深海に潜り、動物の捕獲や財宝の獲得で得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

キャラクターを選び、自分の前に潜水艇を置きます。
ゲームが進むと、潜水艇の横に深海が出来てくるので、その分スペースを開けておきます。
探検カードをラウンドごとに分け、シャッフルして裏向きの山にしておきます。
ゲームは3ラウンドで、各ラウンドは5ターンです。
調査隊隊長が各プレイヤーにカードを配ります。
配られた中から1枚を選び、自分の前に裏向きで置きます。
残ったカードは調査隊隊長へ戻します。
残したカードを一斉にオープン、自分の前に配置します。
調査隊隊長は、他のプレイヤーに渡されたカードから1枚選び、自分の前に配置し、残りは捨て札にします。
次の人が調査隊隊長になって同じことを繰り返し、5ターンが終わったらラウンド終了。
各自ラウンドの終了処理をし、得点をメモします。
これを3ラウンド繰り返し、最後に最終得点計算をしたらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

今年2回目の同人ゲーム大戦。
満を持していたるさん登場。
でも侍は引っ越しのためお休みという、何とも気が合わない人たちw
ニュースでは各地で大雪の映像が流れる中、都内は気温こそ低いけれど快晴でした。
ということで、今回は神田。
遊んだゲーム
ゲムマ新作5つと輸入カードゲーム1つ。
遊んだゲームの簡単な感想など。

続きを読む

3

・ロータス
 Lotus(Renegade Game Studios:2016)


ロータス

カードを並べて花をつくり、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームで咲かせるのは5種類の花。
それぞれの花は、必要とするカード枚数が違います。
各プレイヤーは、自分の色を決めて守護虫とカードを受け取ります。
ゲームはいたって簡単。
手番がきたら、3つのアクションから2つを実行しましす。
出来るアクションは、手札からカードをプレイする・カードを交換する・守護虫を移動するです。
カードのアクションは、1枚もしくは2枚のカードをプレイします。
花を完成させた人はカードを得点として受け取り、花を支配している人は勝利点もしくはパワートークンを受け取ります。
最後に手札が4枚になるように、自分のカード山もしくはワイルドフラワーから引きます。
これを繰り返し、いずれかのプレイヤーの山札から最後のカードが引かれたら終了フラグ。
全員最後に1手番ずつやり、ゲーム終了。
最後の得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

ゲームマーケット2016秋が終わって1ヶ月。
新作アンケートもはじまっていることだし、もっともっと遊びたい。
そんな時、いたるさんから「12日遊べるよー」と言われたら、そりゃ遊ぶに決まってる。
もちろん遊ぶのはゲムマの新作。
遊んだゲーム
19ゲームほど遊んだので、前後半に分けます。

続きを読む

3

・ワインと毒とゴブレット
 Raise Your Goblets(Horrible Games:2016)


ワインと毒とゴブレット

貴族の一員となり、標的の貴族に毒を飲ませて得点を獲得するゲームです。
12人でプレイ。

多人数の正体隠匿ゲームなのでプレイ機会がないと思っていましたが、ぶうねん会で12人プレイのチャンスがありました。
12人プレイでは、貴族と毒見役の2人1組で遊びます。
ゲームは前菜からはじまり、メインを通して最後に乾杯です。
その時に貴族が生き残れていれば得点を得られ、さらに貴族が毒を飲めば得点を得られる場合もあります。
ゲーム開始時、貴族と毒見役で組をつくります。
貴族には貴族カードが配られ、自分がどの家なのかカードをオープンにします。
毒見役は配られたカードをクローズにします。
なぜなら、毒見役の中には1人だけ、貴族が毒を飲めばいいと思っている裏切り者がいるのです。
自分のコースターリングをセットしたゴブレットを置いたら、前菜からゲーム開始です。
各家には標的となる家が描かれたカードが配られます。
そしてコースのメインは、貴族と毒見役は2人で1人としてアクションを実行していきます。
誰かが乾杯の音頭をとるまで、手番を繰り返していきます。
出来ることは、任意のゴブレットにトークンを加える・ゴブレットを覗く・ゴブレットを回す・ゴブレットを入れ替える・パス・乾杯のどれか。
この中から2回まで実行出来ますが、12人プレイでは1回のみ。
ただし、乾杯は貴族しか出来ず、ゴブレットを覗けるのは毒見役のみ。
誰かが乾杯を選択したら、最後に1回ずつアクションを実行したらコース終了。
得点を計算したら役職を替えて、再び前菜からはじめます。
そして、3回目のコースが終わったらゲーム終了。
各自得点を計算し、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・ガムッシュ
 Gamsh Alpin(Zoch:2016)


ガムッシュ

ペア戦で手札を同じ動物で揃えていくカードゲームです。
タロ吉さん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

このゲームは、4人または6人で遊ぶゲームです。
2人1組のペアになって、得点を獲得していきます。
ゲーム開始時、各自4枚の手札が配られます。
プレイは全員同時に。
手札から1枚出し、そのあと場のカードを取って手札に加える交換を繰り返します。
同じ動物で揃ったら、パートナーに秘密の合図を送ります。
パートナーが合図に気付いたら、それに沿った宣言をし、得点を獲得します。
また、相手チームの秘密の合図を見破っても、得点を獲得出来ます。
誰も場のカードを交換しなくなったら、捨て札にして新しいカードを並べます。
新しいラウンドは、いずれかのペアが得点を獲得したら。
それまで手札はそのまま使い続けます。
これを繰り返し、いずれかのチームが9点に到達したらゲーム終了。
より多く得点を獲得したチームが勝利します。

続きを読む

このページのトップヘ