ふうかのボードゲーム日記

3

・ラマ
 L.A.M.A.(Amigo:2019)


ラマ

マイナスポイントを受け取らないようにカードをプレイしていく、クニツィア博士作のカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・怪獣くん・トド吉・私の5人でプレイ。

使うカードには1から6、そしてラマのイラストが描かれています。
すべてのカードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに6枚ずつ配って残りは山にしておきます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは手番がきたらカードを1枚プレイする・山札からカードを1枚引く・おりるのいずれかを実行します。
カードはすでに出されているカードと同じ数字、もしくは1つ上の数字のみ出せます。
出せるカードがない場合、山札からカードを1枚引きます。
出せない・出したくない場合、手札を裏向きで手元に置いておりることが出来ます。
これを繰り返し、誰かが手札すべてを出し切るか、全員がおりたらラウンド終了。
手札に残ったカードからマイナスポイントを計算してチップを受け取ります。
出し切った人は、チップを1枚返却することが出来ます。
再びカードを配って次ラウンドをはじめ、誰かのマイナスポイントが40点以上になったらゲーム終了。
もっともマイナスポイントの少ない人が勝者になります。

続きを読む

今日は、令和になって初の頒布会が届きました!
今回は追加注文もあってすごい量です。ゲムマ前なのに・・・w
頒布会
<頒布会>
・コペンハーゲン(Copenhagen:Queen Games)
カードを集めて壁と交換して、自分の家に壁を配置していくゲーム。
BGG:Copenhagen
メビウスおやじ:コペンハーゲン

・宝石泥棒(Ruck's raus!:Zoch)
宝石を集めるゲームだけど、1番は捕まってしまうので2番を狙うゲームらしい。
BGG:Ruck's raus!
メビウスおやじ:宝石泥棒

・ラマ(L.A.M.A.:Amigo)
昇順にカードを出して手札を早くなくす。今年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート。
BGG:L.A.M.A.
メビウスおやじ:ラマ

・スピード掛け算(Hochspannung:Amigo)
問題を解いて、カードを素早く出していくゲームらしい。
BGG:Hochspannung
メビウスおやじ:スピード掛け算

・パール(Pearls:Abacus)
同じ色の真珠を得点化していき、数がちょうどならネックレスを獲得。
BGG:Pearls
メビウスおやじ:パール

続きを読む

3

・コペンハーゲン
 Copenhagen(Queen Games:2019)


コペンハーゲン

自分の家に壁や窓をつけ、得点を獲得していくボードゲーム『コペンハーゲン』です。
メビウスおやじさん・ママさん・怪獣くん・トド吉・私の5人でプレイ。

場には港と得点ボード、周囲にはパターンカードを並べます。
各プレイヤーは、自分の家ボードと能力タイル、裏向きでよく混ぜたパターンカードを持ちます。
スタートプレイヤーから順に手番を繰り返していき、誰かが12点に到達するか、終了カードがめくられたらゲーム終了です。
手番では、場のパターンカードから連続する2枚を取るか、手札からパターンカードを出して対応するタイルを自分の家に配置するかのどちらかを実行します。
タイルを配置し、縦もしくは横ラインが完成したら、即座に得点獲得。
紋章や特定の横ラインを埋めると、能力タイルや特殊タイルを獲得出来ます。
これを終了条件まで繰り返していき、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ゴーゲッコゴー
 Go Gecko Go!(Zoch:2019)


ゴーゲッコゴー

動物たちの水泳レースで、自分の動物たちすべてを誰よりも早くゴールさせるボードゲームです。
メビウスママさん・怪獣くん・トド吉・私の4人でプレイ。

ボードを広げて水タイルを並べ、橋を2ヵ所に設置します。
各プレイヤーは自分の列を決め、動物コマをスタートに置きます。
手番がきたら、ダイスを振るか押し出すか決めます。
押し出せるのは、自分の動物が橋の直前にいる場合のみ。
ダイスを振る場合はダイス3個を振り、まずは天気ダイスを見ます。
晴れの場合、全員が日陰にいる動物を1マス前進させます。
稲妻や虹は手番プレイヤーにしか効果がありません。
カラーダイスから1色を選び、その色の動物を前進させます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが自分の動物全部をゴールさせたら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

今日はドイツ年間ゲーム大賞のノミネートが発表されました。
各賞のノミネートは以下の通りです。


sdj年間ゲーム大賞ノミネート
(Spiel des Jahres)

年間ゲーム大賞ノミネート
ジャストワン(Repos)
ラマ(Amigo)
Werworter(Ravensburger)

推薦リスト:ベルラッティ, Dizzle, Imhotep : Das Duell, うんちしたのだあれ?, リーフ, Sherlock


sdj_Kenner年間エキスパートゲーム大賞ノミネート
(Kennerspiel des Jahres)

エキスパート大賞ノミネート
カルペディエム(alea)
Detective: Ein Krimi-Brettspiel(Pegasus)
ウイングスパン(Feuerland)

推薦リスト:ペーパーテイルズ, Architekten des Westfrankenreiches, ローランド, ニュートン,


sdj_Kinder年間キッズゲーム大賞ノミネート
(Kinderspiel des Jahres)

キッズ大賞ノミネート
Tal der Wikinger(HABA)
ファブランティカ(Pegasus)
ゴーゲッコゴー(Zoch)

推薦リスト:モンスターバンデ, Voll verwackelt, Octopus, Monster Match, Magic Maze Kids, Concept Kids - Tiere, Bauernhof-Bande



年間大賞及びエキスパート大賞の発表は7月22日にベルリン、キッズ大賞は6月24日ハンブルクにて。
果たして受賞するのはどのゲームでしょうか。
発表まで2ヶ月、予想して楽しみましょう!
Spiel des Jahres

3

・さまことば
 Quick Eye(Simple Rules:2011)


さまことば

カードで示された特徴に当てはまる言葉を言っていくカードゲーム『さまことば』です。
鬚親父・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

カードを裏向きでよく混ぜ、テーブル中央に山札として置きます。
このゲームでは、スタートプレイヤーから順に、手番を繰り返していきます。
手番がきたら、山札から新しいカードをめくる、もしくは手元のカードを確定するのどちらかを選びます。
カードをめくったら自分の手元に置き、それまでに置いたカードがあれば合わせて該当する生物や物、現象などを言います。
思いつかなかった場合、カードをすべて捨て札にします。
手元のカードを確定する場合、得点としてひとまとめにして避けておきます。
これを繰り返し、山札が尽きたらゲーム終了。
それまでに得点化したカードを数え、もっとも多い人が勝者になります。

続きを読む

3

・パッチワーク・エクスプレス
 Patchwork Express(Lookout Games:2018)


パッチワーク・エクスプレス

キルトボードに出来るだけ空きがないように、パッチで埋めていくボードゲームです。
トド吉とプレイ。

2人用のパッチワークシリーズ。
基本的なルールは『パッチワーク』と同じです。変更点は、青いパッチタイルは場の残りが5枚になったら登場。
革パッチタイルは、時間ボードのマスに置いてあり、通過もしくは止まれば獲得。
特別タイルと比較ボーナスがなく、スタート時の一番小さいタイルは3マス。続きを読む

このページのトップヘ