ふうかのボードゲーム日記

ドイツ年間ゲーム大賞2018のノミネートが発表になりました。
http://fu-ka.livedoor.biz/archives/1851303.html
ゲームマーケット2018春へ参加された方々の記事をまとめました。
http://fu-ka.livedoor.biz/archives/1850726.html

思い立ったら即実行。
ということで、貯まったマイルを使い弾丸で北海道へ。
ずっと気になっていて、いつかは行きたいなぁと思っていた薬局へ行きました。
そう、薬局。
薬局なのにボードゲーム屋さんなのです。
空港から快速エアポートに乗り、恵庭で各駅停車に乗り換え、恵み野駅で下車。
広い道をのんびり歩き、到着したところは・・・
外観
薬局でしたw

続きを読む

3

・ニューファンドランド
 Race to the New Foundland(Hans im Gluck:2018)


ニューファンドランド

新たな大地を発見し、交易で利益を手に入れるゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードには、新たな大陸と購入出来る船、商品の販売場所などが描かれています。
各プレイヤーは自分の色を決め、コマとランダムで選んだプレイヤーボードを受け取ります。
プレイヤーボードは担当する国で、自分の国が最初に持つ船とカードを受け取ります。
ゲームは4ラウンド。
各ラウンドでは、4つのフェイズを順に実行していきます。
まずは収入と建設フェイズで、各プレイヤーは収入を受け取り、船着き場や特典の建設を行います。
次に計画フェイズで、4種類のアクションから実行するアクションを計画します。
全員が計画したら、計画したアクションを実行するアクションフェイズ。
最後に終了フェイズで、新たな島をつくったり、目的の達成を行います。
スタートプレイヤーを移動して、次のラウンドへ。
これを4ラウンドやったら最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・ブードゥープリンス
 Voodoo Prince(Schmidt:2017)


ブードゥープリンス

タイミング良く決められた数のトリックを取り、得点を獲得していくカードゲームです。
5人でプレイ。

カードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーにプレイ人数に応じた手札を配ります。
切り札用のカードをよく混ぜ、めくった1枚が今回の切り札になります。
ゲームは所謂トリックテイクで、スタートプレイヤーから順に手札から1枚出します。
マストフォローなので、最初に出された色と同じ色を出さなければなりませんが、出せない場合は任意の色を出すことが出来ます。
全員出したら、もっとも高い数字もしくは切り札を出した人が出されたカードをすべて獲得し、裏向きの山にして、自分の手元に置きます。
トリックを獲得した人が次のリードプレイヤーとなります。
これを繰り返し、規定のトリックを獲得したらラウンドから抜けますが、自分以外の人が獲得しているトリックの数が自分の得点になります。
残った人でゲームを続け、残っているのが1人になったらラウンド終了。
最後の人は、自分のトリック獲得数が得点になります。
再び手札を配り直し、次のラウンドへ。
5ラウンド終了時にゲームも終了し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・アベニュー
 Avenue(Aporta Games:2016)


アベニュー

自分のシートに道路を書き、ブドウと農場、城をつないで得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のシートとえんぴつを持ちます。
ゲームは5ラウンドで、各ラウンドでは指定の農場とブドウを道路でつないで得点にします。
ただし、6つある農場のうち5つしか出てこないこと、書き込む道路は指定の形で書き込むこと。
ラウンドのはじめに農場カードを公開し、道路を書いてつなぐ農場を決めます。
以降、道路カードの山札から1枚めくっては、シートに書き込むか農場カードをこっそり見るかの選択を繰り返します。
農場カードを覗けるのは、1ラウンドにつき1回のみ。
黄色い道路カードが4枚出たら、ラウンド終了で得点を計算します。
次のラウンドへ進み、農場カードを1枚公開して農場を指定します。
あとは、道路カードをめくっては書き込んでいくのは同じ。
ただし、前のラウンドよりブドウの数が多くなるように道路を書くので、達成出来なかった場合はマイナス点です。
これを5ラウンドやり、最終得点計算をして、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・ペーパーテイルズ
 Paper Tales(Catch Up Games:2017)


ペーパーテイルズ

自分の王国を隆盛に導き、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

前衛と後衛にカードを出してユニットをつくり、自分の王国を強化していきます。
各プレイヤーは、ゲーム中に建築出来る建物カードを5枚持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドには6つのフェイズがあります。
まずは雇用で、各プレイヤーに5枚ずつユニットカードを配り、手元に1枚置いて残りを隣りの人に回すのを繰り返します。
次に、手札から王国に配置するユニットカードを選んで裏向きに出し、一斉に公開したらコストを払います。
そして、戦争は両隣りの人と前衛の兵力を比べて解決し、収入を受け取ります。
建築では、コストを支払うことで建物を建築するか、アップグレードするかを実行し、最後に経年を経てラウンドが終わります。
これを4ラウンドやったらゲーム終了。
最後の得点計算をし、もっとも勝利点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ