ふうかのボードゲーム日記

3

・クアドロポリス
 Quadropolis(Days of Wonder:2016)


クアドロポリス

自分の都市をつくって、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にゲームボードを置き、プレイヤーは自分用のボード・助手(チャート)・自分色の建築家を受け取ります。
建物タイルは、裏面の数字で分けておきます。
ゲームは4ターンで、1ターンは4ラウンド。
最初は1と書かれているタイルを袋に入れます。
手番がきたら、まずはゲームボードの列か行を選んで自分の建築家を置きます。
建築家には数字が書かれているので、対象の場所のタイルを取ります。
自分が選んだ場所に、専門家を移動させた後、取ったタイルを自分の都市に配置します。
最後に、条件を満たしていれば資源を回収したら、手番終了です。
全員が手番を行ったら1ラウンド終了で、これを4回やったら1ターン終了。
ゲームボードに残っているタイルを除去し、袋に次の数字が書かれているタイルを入れ、取り出してゲームボードに並べたら次のターンへ。
これを繰り返し、4ターンが終了したらゲーム終了。
資源の再配置をしたら得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ビッグ・キニ
 Big Kini(Playme:2005)


ビッグ・キニ

太平洋に浮かぶ島群を舞台に、権力を手に入れて得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

諸島タイルを組み合わせて、ゲームの舞台となる島群をつくります。
各プレイヤーは、自分用のコマと情報カードを受け取ります。
島を選んで初期配置をしたら、ゲームスタート。
手番がきたら、6つのアクションから1つを選んで実行するだけ。
出来るアクションは、開拓地に影響力があればコマを増やせる開拓、島間もしくは発見された新しい島へ移動する移動、タバコ工場に影響力を持っていれば出来る収入、産物マスに影響があれば出来る収穫、自分のコマと他の人のコマがあれば出来る選挙、新しい諸島タイルをめくって移動する探検の6つ。
選んだアクションに対応するボードのマスに、自分のマーカーを置きます。
全員が2回手番を行ったらラウンド終了して、次のラウンドへ。
諸島タイルがすべて発見される、もしくは12ラウンド終了時にゲームが終了します。
得点計算をし、もっとも得点を獲得した人が勝者になります。

続きを読む

3

・野菜畑
 Veggie Garden(Quick Simple Fun Games:2017)


野菜畑

野菜を育てて、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードは共用の畑で、外周には支柱タイルを置きます。
野菜カードをよく混ぜて、裏向きの山にしてボードの隣りに置き、4枚を収穫エリアとして並べます。
畑に野菜カードを並べ、各プレイヤーに2枚ずつ配ったら、ゲーム開始。
手番がきたら、収穫エリアからカードを1枚取って自分の前に置き、選んだ野菜の効果を実行します。
実行後、カードを手札に加え、収穫エリアにカードを補充したら手番終了。
これを繰り返し、6ラウンド終了後、収穫エリアから1枚ずつ補充してゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

一昨日の記事「SPIEL 2017:おっさんチェック」。
リストを見ていたけれど、どうにもおっさんが不足。
こうなったら、足りない分をおねえちゃんに補填してもらおう!ということで、おねえちゃんもチェックしてみました。

毎日のように新作の箱絵が公開されている中、今日時点で気になったおねえちゃん箱絵のゲームをチェック。
BGGの新作リストからピックアップしました。

 BGG:SPIEL 2017 Preview

果たして、コンコルディアのようなインパクトのある箱絵はあるでしょうか?

続きを読む

2

・バナナ強盗団
 Banana Bandits(Capstone HK:2016)


バナナ強盗団

他のゴリラを攻撃しながら、黄金のバナナコインを獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

箱をつかってタワーを組み立てます。
プレイヤーは自分のゴリラを決めて、フィギュア・トークン・ゴリラコイン1枚・カードを持ちます。
各自、窓を選んでタワーに自分のゴリラを掛けます。
手番がきたら、3アクションポイントを使ってアクションを実行するだけ。
出来るアクションは、戦闘、移動、収集、最下段にいる時だけカードを引くの4種類。
戦闘はダイスを振り合って解決し、移動は3マスまで、収集は自分が止まっている窓にあるゴリラコインを獲得、カードは手札が5枚になるまで引けます。
ゴリラコインは、自分以外のものを2種類集めると、屋上で黄金のバナナコインに換えることが出来ます。
誰かが黄金のバナナコインを3枚集めたら。その人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

いつの頃からか、ボードゲーム界隈では都市伝説があります。
「濃いおっさんの顔が箱絵のゲームは面白い」と。

ということで、今年もあっという間にこの季節がやってきました。
エッセンに出展されるであろう新作群の中で、今日現在BGGで箱絵が公開されているものからピックアップ。
そう・・・おっさんの箱絵だけをチェックするのです。

 BGG:SPIEL 2017 Preview

今後インパクトあるおっさんを見かけたら、随時追加していくかも。
くれぐれも注意していただきたいのは、「おっさんの顔と面白さは比例するのか?」というのは検証されていません。

続きを読む

3

・ライン川リバートレード
 Rhein: River Trade(Giochi Uniti:2016)


ライン川リバートレード

乗り物を利用して商品を輸送し、お金を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードには、スタート地のバーゼル、中央にライン川が流れ、近隣に主要都市が描かれています。
各プレイヤーは自分の色を決め、トラックボード、コンテナ、資金マーカー等を受け取ります。
ゲームはラウンド制で、プレイ人数によってラウンド数が変わります。
1ラウンドは6フェイズからなり、プレイヤーが注文を受注出来るフェイズ、コンテナを乗り物に積み込むフェイズ、予約していた都市で荷下ろしをするフェイズ、必要に応じて乗り物を動かすフェイズ、注文の達成を確認するフェイズ、ラウンド終了フェイズです。
各フェイズ毎に、プレイヤーは資金の少ない順に手番を実行していきます。
乗り物の移動は乗り物に書かれている数字順ですが、都市で荷下ろしをする際は、資金の少ない順です。
これを繰り返し、規定ラウンドが終わったら最終得点計算。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ