ふうかのボードゲーム日記

3

・パイオニア
 Pioneers(Queen Games:2017)


パイオニア

アメリカの東海岸をスタートとし、道をつなぎ西へ向かって開拓していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードにはアメリカ地図が描かれ、線でつながった街にはカバータイルが置かれています。
各プレイヤーは、自分色の開拓者と道、ボードと店タイルを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、プレイヤーは各ラウンドで1回手番を行います。
手番は3つのフェイズに分かれ、収入、購入、移動と植民を順番に実行したら、次のプレイヤーの手番になります。
収入は、自分ボードに書かれている収入をストックから取ります。
購入は、新しい道路をつくったり馬車を購入したりします。
移動と植民は馬車を移動させ、自分の馬車に乗っている開拓者を街に置いてカバータイルを獲得します、
カバータイルはそれぞれの特殊アクションになっていて、すぐに実行します。
これを繰り返し、誰かがすべての道路をつくるか、山札の最後の馬車が並べられたら、そのラウンドを最後までやってゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

2

・京杭大運河
 Da Yunhe: Der Grosse Kaiserkanal(Muller-Matzig Spiele Verlag:2016)


京杭大運河

運河を建設し、名誉点を集めるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

北京から杭州に向かって流れる大運河に、ネットワークをつくっていきます。
大きなボードは中央に大運河が流れ、スタート地は北京です。
各プレイヤーは、自分色のボードとタイルを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは5フェイズからなります。
まずはアクションカードを選択、次に持っているアクションカードを使ってアクションを実行します。
全員がアクションを終えたら、内閣大学士が移動し、名声点を上下させます。
暴動の発生条件を満たしていたら、ここで暴動が発生し、最後にクリーンナップをして次のラウンドへ。
これを繰り返し、内閣大博士が4回移動したらゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ガス・アウト
 Gas Out(Mattel:2016)


ガス・アウト

ガスターを鳴らさないようにカードを出していくゲームです。
7人(だったと思う)でプレイ。

テーブル中央にダスターを置き、電源を入れます。
カードをよく混ぜ、各プレイヤーに3枚ずつ配ります。
ゲームはいたって簡単。
手番ではカードを1枚出し、山札から手札を1枚補充するだけ。
カードに数字が書かれていれば、その数字の数だけダスターを押します。
もし、おならが出てしまったら脱落。
残りのプレイヤーでゲームを続け、最後に残った1人が勝者になります。

続きを読む

岡山県岡山市にあるボードゲームカフェ。
それが『すごろく処 猫の地球儀』です。
今回、岡山城へ行ったので、そのまま徒歩で目指しました。
商店街らしきアーケードを抜け、グーグルマップの助けを借りて到着しました。
外観
2階への入口はどこだろう?ってなりますよね。
今回はビルの横側にあると聞いていたので、ビルの間を入っていきます。

続きを読む

3

・アークティア
 Arktia(Murmel Spielwerkstatt:2008)


アークティア

モグルーを配置して、氷の支配権を取って得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイ人数によって違う氷タイルを並べます。
各プレイヤーは、自分色のモグルーを受け取り、順番に1個置いていきます。
準備が出来たらゲーム開始。
手番では、モグルーを配置するか移動するかを実行します。
配置は自分のモグルーに隣接していて空いている氷に。
移動は、元の位置から直線上なら、他のコマを飛び越して好きな数だけ移動出来ます。
移動後、同色のモグルーがグループになっているかチェックし、隣接していないモグルーを除去して手元に置きます。
手元のモグルーがすべてなくなっていたら、手番終了後に氷を1つ除去します。
これを繰り返し、終了条件のいずれかを満たしたらゲーム終了。
最後に得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

今日は午後からのんびり、いたるさんと遊びました。
ちょっと前に発売されたゲームや頒布会できていたのに遊べていなかったもの。
遊んだゲーム
遊んだのは3ゲーム。
アンロックは、帰宅後にトド吉と残りのシナリオを遊びました。

続きを読む

このページのトップヘ