ふうかのボードゲーム日記

今回の旅では、まずスペインに向かいました。
スペインといえば、直行便があるイベリア航空。
口コミがいまいちで、おおらかなスペイン人による航空会社でテンションが上がりますw

昨年の台風を考え、成田に前泊。
そして、朝8時集合の成田空港に向かい、翔さんと合流です。
実はそこまでいろいろあったのと、出国してからもいろいろあったんですが割愛。
空港
出国後、きむちさんと旅のもう1人のお供、たなやんと合流して、いざ機内へ乗り込むのでした。

続きを読む

イメージ
みなさま、こんにちは。
今年もドイツ・エッセン市で開催されるボードゲームの祭典に参加すべく、まもなく日本を出国する私です。
今回の旅のお供は、昨年に続き参加の翔さん、そして北海道こにょっと。のきむち。さんです。
どんな旅になるのか、今からわくわくしています。
パスポートの期限が迫る10回目の今回、まずは情熱の国スペインへ飛びます。
目的は何といっても、2003年ドイツ年間ゲーム大賞受賞でおなじみアルハンブラ!
そして、スペインへ行くならイベリア航空。
週3便だった定期便が、今月末から5便に増便したことで利用可能になりました。
順調に行けばマドリードで乗り継いで、現地時間23:00頃にグラナダ空港へ着陸している予定です。
滞在中は、出来るだけ現地情報を更新していきます。
ただしTwitterの方が早いと思うので、PC版では右側に出しておきます。
ポケモンGoやるのにwi-fi持ってるのでw
それでは行ってきます!

3

・スコットランドヤード ジュニア
 Scotland Yard Junior(Ravensburger:2015)


スコットランドヤードジュニア

ロンドン市街を逃げ回る、ミスターXを捕まえるボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

年ドイツ年間ゲーム大賞を受賞した『スコットランドヤード』。
そのジュニア版ということで、簡易版になっています。
ゲームはとても簡単で、ミスターXは9回逃亡すれば勝利、刑事たちは3回捕まえれば勝利。
それぞれのコマをボードに配置したら、ゲームスタート。
まずミスターXが移動先を決めてチップを握り、テーブルの上に手を出します。
次に刑事側が移動先を決めて、移動する場合はチケットを出してコマを動かします。
刑事が動いたら、ミスターXが持っていたチップを公開します。
お互い同じ駅にいたら逮捕成功で、刑事側は成功チップをボードに置きます。
刑事がいなかったらミスターXの逃亡成功で、ミスターXは成功チップをボードに置きます。
全員が今いる場所から次のラウンドをはじめます。
これを繰り返し、いずれかのボードが成功チップで埋まったらゲーム終了。
目的を達成出来たほうが勝者になります。

続きを読む

3

・ポケットマッドネス
 Pocket Madness(Funforge:2016)


ポケットマッドネス

出来るだけ早く持っているカードを手放して、狂気トークンを受け取らないようにするカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

プレイヤーは古き神々の崇拝者で、噂話を元に不気味な場所を調査していく。
そして調査によって得た知識で、他のプレイヤーを狂気に突き落とすというテーマです。
場所カードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに2枚ずつ配って最初の手札にします。
残ったカードから17枚を抜き出して表向きにし、再びよく混ぜて山にしておきます。
テーブル中央に7枚のゲートカードを数字順に並べます。
その下に、場所カードの山を取り、順番を変えず数字が見えるようにカードを広げます。
手番がきたら、調査・ゲート遭遇・結果発表の3つから1つを実行し、そのあと任意でゲート封印アクションが行えます。
これを繰り返し、山札がなくなるか、誰かの手札が0枚になるとラウンド終了。
残っている手札で狂気トークンを受け取ります。
再びカードをよく混ぜて準備をし、次のラウンドへ。
これを繰り返し、ラウンド終了時に、誰かが狂気トークンを10個所有していたら、もっとも狂気トークンが少ない人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

3

・ルートアイランド
 Loot Island(What's Your Game?:2017)


ルートアイランド

略奪品の島を舞台に、海賊が隠した財宝を集めて得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央に、ルートアイランドが描かれたボードを置きます。
各プレイヤーは自分の色を決め、人物カード・ディスク・呪いキューブを受け取ります。
それぞれのカードを裏向きでよく混ぜて準備します。
地図カードは裏向きでよく混ぜたら、各プレイヤーに7枚ずつ配って残りは山にします。
イベントカードを1枚表向きにし、船をスタートマスに置いたらゲームスタート。
ゲームは5ラウンドで、各ラウンドは3つのフェイズからなります。
船の移動や新しいイベント、手札の補充等の準備フェイズ。
小島の使用・地図カードのプレイ・パスのうち1つを実行し、全員がパスするまで続けるアクションフェイズ。
船が向いている岸で略奪品を分配する略奪品の発見フェイズ。
これを5ラウンドやったら最後に探検を1回やりゲーム終了で、得点計算をしてもっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ローランド
 Das tiefe Land(Feuerland Spiele:2018)


ローランド

羊を増やしつつ、堤防を建設して高潮から農場を守って得点を獲得するボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にゲームボードを広げ、その横に羊市場を置きます。
農場タイルを種類で分け、よく混ぜてディスプレイをつくります。
各プレイヤーは選んだ自分色のコマセットと個人ボードを受け取ります。
資源カードを裏向きでよく混ぜて、ゲームボード上で所定の位置に置き、各プレイヤーに最初の手札として4枚ずつ配ります。
ゲームは、3ラウンド6フェイズを3回繰り返します。
最初に潮の変わり目で、各プレイヤーの手札上限確認・洪水カードの配置・洪水コマの配置をやります。
続く労働フェイズでは、自分の農夫コマを使ってアクションをしていきます。
維持フェイズでは、羊の繁殖や収入、農夫コマの回収などを行います。
労働フェイズと維持フェイズをもう1回ずつやったら、満ち潮フェイズへ。
堤防の持ちこたえチェックをし、再び潮の変わり目からはじめます。
この流れを3回やり、最後に高潮チェックをしてゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

エッセン前ぎりぎりの今日、閉店後のメビウスにはいりこんで新作を遊ばせてもらおうの日でした。
先日届いた頒布会、まったく手を着けられていなかったのでうれしい!
遊んだゲーム
遊んだのは3ゲーム。
遊んだゲームの簡単な感想を書いていきます。

続きを読む

このページのトップヘ